「バトルフロント」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

バトルフロントの紹介:2013年公開。元麻薬潜入捜査官が、壊滅させた麻薬組織から報復を受けて、娘を守るためにたった一人で立ち向かう姿を描いた作品。監督は「サウンド・オブ・サイレンス」のゲイリー・フレダー。脚本は「ロッキー」のシルヴェスター・スタローン。出演は「トランスポーター」シリーズのジェイソン・ステイサム、「127時間」のジェームズ・フランコ、「若草物語」のウィノナ・ライダー、「ブルークラッシュ」のケイト・ボスワース。

この映画を無料で観る

予告動画

バトルフロントの主な出演者

フィル・ブローカー(ジェイソン・ステイサム)、モーガン・“ゲイター”・ボーダイン(ジェームズ・フランコ)、シェリル・マリー・モット(ウィノナ・ライダー)、キャシー・ボーダイン・クルム(ケイト・ボスワース)、スーザン・ハッチ(ラシェル・ルフェーブル)、サイラス・ハンクス(フランク・グリロ)、キース保安官(クランシー・ブラウン)、ティード(オマー・ベンソン・ミラー)、マディ・ブローカー(イザベラ・ヴィドヴィッチ)

バトルフロントのネタバレあらすじ

【起】- バトルフロントのあらすじ1

麻薬潜入捜査官のブローカーは、ダニー・Tの組織に潜入していました。ダニー達のアジトに警官隊が突入します。
ダニーと息子は逃亡します。ブローカーが追いかけて、逮捕しようとします。しかし、ダニーの息子はポケットから取り出す素振りをして、警官に撃たれて死亡します。
ダニーは、裏切ったブローカーに絶対に息子を殺してやると断言します。
それからブローカーが引退して2年が経ちます。娘のマディと共に病気で亡くなった妻の故郷の街に引っ越してきます。
マディには護身術を教えていて、苛めてきた男の子をぶっ飛ばしてしまいます。男の子は鼻血を出してしまって、母のキャシーが激怒してきます。
キャシーは麻薬中毒者でした。校長を脅すこともあって、その息子は問題児として有名でした。
ブローカーは学校に呼ばれて、キャシーの夫が突っかかってきます。投げ飛ばしてやりますが、保安官のキースに目をつけられます。
我慢のできないキャシーは、兄のゲイターに脅すように頼みます。ゲイターは部下の二人を差し向けます。
ブローカーは教師からのアドバイスもあり、キャシーの夫に謝罪をして仲直りをします。
ゲイターの部下二人が、ガソリンスタンドでブローカーに絡んできます。しかし、ブローカーの強さの前に叩きのめされます。

【承】- バトルフロントのあらすじ2

ゲイターは、街でも有名な悪で麻薬を作っていました。キースとはグルで、雑魚の情報を売って見逃してもらっているのです。
部下がやられたと聞いて、ゲイターはブローカーの家に侵入します。そこで麻薬潜入捜査官だった資料を見つけます。
マディのぬいぐるみと、猫のルーサーと一緒に持ち帰ります。その晩、ブローカーはルーサーがいないこと、タイヤがパンクさせられていること、ぬいぐるみを切り裂かれている事を確認します。
キャシーの夫に脅しをかけて聞きます。しかし、本人は何のことか分かりません。
ゲイターは、恋人のシェリルを呼んで面白い話しを持ち掛けます。ブローカーの資料にダニーの組織に潜入していたことが書かれていたのです。
ダニーの弁護士に会って、資料を渡すシェリルでした。弁護士が刑務所にいるダニーに報告します。
ブローカーとキャシーは学校で会って仲直りします。マディは、キャシーの息子を誕生日会に誘います。
ブローカーは友人のティードから、キャシーの兄のゲイターが危ないから気を付けるように言われます。キャシーの夫は腰抜けなので、何かするとしたらゲイターだと知らせてくれます。
また、ゲイターが朝食にいつもの店に来ることも教えてくれます。

【転】- バトルフロントのあらすじ3

シェリルはゲイターの指示通りに、ダニーの部下のサイラスと会うことにします。そこで麻薬の流通経路の確保を条件に、ブローカーの居場所を教えると交渉します。
ブローカーは、昔の同僚にゲイターのことを聞きます。ダニーと繋がりがあることや、シェリルの事も資料で知ります。
朝食に来ているゲイターに会いに行きます。知らないフリをしているゲイターでしたが、ブローカーは侵入した人物がゲイターである事に気づいていました。
これ以上、自分と娘に近づくなと警告して帰るブローカーでした。
ブローカーはゲイターのアジトに行って、麻薬の精製所を見つけます。細工を施して、火事で大爆発するように仕組みます。
ルーサーを見つけて、連れて帰ろうとします。すると、ゲイターの部下に見つかってしまって捕まえられます。
隙をついて、ゲイターの部下達をボコボコにしてやります。ブローカーはマディを連れて、家を出ることにします。
サイラスは部下を連れて、ゲイターのところにきます。道案内にゲイターを頼みますが、彼は嫌がります。代わりにシェリルが行くことになります。
ティードはブローカーの馬を移動しようとしていました。そこにサイラスの部下がやってきて、格闘戦になります。 この映画を無料で観る

【結】- バトルフロントのあらすじ4

ティードは何とか勝利して、クラクションでブローカーに知らせます。その後、銃で撃たれてしまいます。
クラクションで気づいたブローカーは、マディを地下に隠れさせて警察に電話するように言います。
隠し持っていた銃を使って、サイラス達を倒していきます。マディが見つかってしまって、追いかけられます。
追手を倒すことに成功しますが、ボートで待機していたシェリルがマディを連れていってしまいます。
キースや警察官が到着します。ティードのことを彼等に任せて、ブローカーはマディが持っている携帯に電話をかけます。
マディが納屋みたいだと言うので、ゲイターのアジトだと気づきます。パトカーに乗って追いかけます。
ゲイターは疑われたくないことから、シェリルがマディを連れてきたことに激怒します。
街では大騒ぎになっていて、キャシーがゲイターのアジトにやってきます。キャシーはやり過ぎだと言って、マディを連れて帰ろうとします。
後戻りできないゲイターは、キャシーを撃ってマディを連れて行きます。アジトはブローカーの細工が発動して、大爆発が起こります。
ブローカーが逃げるゲイターを橋の上まで追い詰めますが、パトカーが横転してしまいます。やられそうになったブローカーでしたが、ゲイターをボコボコにします。
マディの無事を確認して抱き合います。最後にブローカーがダニーに、外で会おうと言ってエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は、迫力のある戦闘シーンです。戦闘中のカメラワークの切り返しが早く、スピード感が他にはない味を出しています。
ブローカー演じるジェイソン・ステイサムが、やられそうになる場面があります。ゲイターのアジトで捕まった時や、最後のゲイターに撃たれそうになる場面です。
そのピンチな状況からの逆転劇は、驚きと面白さが堪能できると思います。
この作品は、出演者が豪華なのも見所になっています。「127時間」や「スモーキング・ハイ」のジェームズ・フランコ、「ドラキュラ」や「若草物語」のウィノナ・ライダー、「ブルークラッシュ」のケイト・ボスワース、「パージ:アナーキー」のフランク・グリロらが出演しています。
最後まで見終わって、爆発する派手なシーンや、痛快なアクションシーンが描かれていて楽しめました。ラストの場面も続編が期待できそうな展開で楽しみです。

映画の感想を投稿する

映画「バトルフロント」の商品はこちら