「パニックトレイン」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

パニック・トレインの紹介:2013年製作のイギリス映画。ノンストップで暴走する列車を舞台に、乗客たちの奮闘を描いた作品。ダグレイ・スコット、カーラ・トイントン出演で贈るノンストップ・アクション。

予告動画

パニックトレインの主な出演者

ルイス(ダグレイ・スコット)、サラ(カーラ・トイントン)、ピーター(デヴィッド・スコフィールド)、ヤン(イド・ゴールドバーグ)、エレイン(リンゼイ・ダンカン)

パニックトレインのネタバレあらすじ

【起】- パニックトレインのあらすじ1

ルイスは7歳の息子のマックスを芝居に連れて行きます。その帰りに電車に乗ります。医者のルイスは病院から呼び出しがかかり、騒いでいる若者たちに静かにと頼みます。
お礼を言った後、ルイスは離れた場所で電話をします。マックスには玩具のハリーで遊んでおくように言っておきます。
そこへサラが通りかかって、マックスと話しをします。ハリーが当たって、サラの服を汚してしまいます。ルイスがお詫びをすると、気にしないでと冗談を言いながら、彼女は許してくれます。
マックスは煙草を持っている男(ヤン)をこっそりと見ます。ヤンは気づいて、手から煙草を消すマジックを見せます。
そして彼は電車内で煙草を吸い出し、車掌や年配の男性(ピーター)に注意をされます。ヤンは取り上げてみろとおちょくり、煙草を窓の外から捨てます。そして通路へと出ていきます。
マックスが窓側でハリーと遊んでいました。すると突然ドアが開いて落ちかけます。注意をしていたのに、マックスが言うことを聞かなかったので、ルイスは叱ります。
そして抱きしめてあげて、しばらく寝るようにと服を毛布代わりにしてあげます。車掌が切符を拝見しに来た時、サラを母だと言われます。マックスは母は亡くなったのだと話します。
しばらくして、乗客が降りていきます。ついルイスも眠ってしまい、予定時間を過ぎていました。
しかし、目的地には到着してない様子で、隣には降りたと思ったサラがいました。どうやらコートを洗っていたのです。
いつの間にか自分たちしか周りにはいなくなっていました。車内の通路では、車掌が口を抑えられて連れ込まれています。

【承】- パニックトレインのあらすじ2

ルイスはサラと良い雰囲気で話します。サラは着いたら起こしてあげるからと、ルイスに眠ることを勧めます。
ルイスがふと目を覚ますと、電車が停まります。窓の外を見てると、線路に人が倒れていました。しばらくして電車は発進していきます。
つい眠ってしまったサラを起こして、ルイスは車掌を探しに行きます。ドアをノックしていると、ピーターが話しかけてきます。
事情を説明すると、彼は救急車を手配すれば良いと言ってきます。ルイスは携帯電話で手配を頼んで席に戻ります。
ルイスとマックスが降りる駅に到着しますが、電車は停まりませんでした。ルイスはサラとキスをしていましたが、それどころではありません。
運転士に知らせに行くと、残りの乗客の人数をインターホン越しに聞かれるだけです。もう一度車掌室に入ろうとすると、ピーターがまた絡んできます。
ルイスは非情ブレーキをかけますが、停まりませんでした。ピーターの降りる駅にも停まらず、彼も焦り始めます。
ヤンがやってきて、ルイスは蛍光ジャケットを着た男が、先程倒れている男性の元に歩いていたと話します。ヤンは服の下に蛍光ジャケットを着ていました。アリバイがあるとヤンは説明します。
ルイスは車掌室と運転室の作りは同じだと考えます。落ちてた鍵を拾って開けようとしますが、中々開きませんでした。
その間、ピーターは警察に連絡をします。この電話が切れる前に、ピーターは線路にいたのが、死亡した本物の運転士だと警察から聞きます。
ヤンが押すと車掌室は開いていました。ピーターは警察が電車を止めてくれると言います。しかし、ルイスはディーゼルで電車が動いていることから、警察に止めることはできないと判断します。
サラがハンドブレーキを発見し、ルイスとヤンでハンドルを回します。順調に速度が落ちていきますが、運転士ている犯人が気づいて対抗してきます。
火花と煙が出ていて、ピーターは危険だからと止めに入ります。ヤンにぶん殴られて鼻を怪我します。このままでは危険なことから、ルイスはヤンと共にブレーキをかけるのを止めます。

【転】- パニックトレインのあらすじ3

電車は終点も過ぎて走っていきます。乗客のエレインは、もう少ししたら遮断器があることに気づきます。
遮断器を下ろしてくれなければ、車と接触する可能性がでてきます。警察に頼みますが、間に合うかは分かりません。
ルイスはマックスに下に向かせるため、ゲームを提案していきます。サラも協力してくれます。
ちょうど踏切では、若者たちが車に乗って騒いでいました。踏切を渡ろうとして、猛スピードで電車が走ってきて、車は弾き飛ばされていきます。
電車内でも衝撃がはしりますが、全員無事でした。しかし、エレインは薬が切れたのか心停止してしまいます。
ルイスが救命処置を試みますが、10分頑張っても彼女は戻りませんでした。除細動器があれば生きれたのにと、ルイスは悔しくて仕方ありません。
最後の駅まで30分となり、ルイスは消化器を、ヤンはポールを持って運転室に乗り込みます。傍には車掌の死体が横たわっていました。
窓を破壊していると、犯人が汽笛を鳴らしてきて、すごい音が響き渡ります。しかし、最後の扉だけは開けれませんでした。
ルイスはヘルメットを被っている犯人を電車内で見ていました。ヘルメットを持った怪しい男がいたのです。
ピーターは30年前のムーアゲートを思い出します。駅に入り、緩衝器に電車が衝突した事故です。運転士を含め40人が死亡した大惨事でした。故意の事故であり、運転士の自殺ではないかと考えられた事件です。
脱出方法を説明書から探していると、連結器(カプラー)を外せば、切り離せることが分かります。ヤンはピンを外せば、今の振動ならば成功すると判断します。実はヤンは工業大学出身で頭が良かったのです。
内部からは無理なため、列車の外からやるしかありません。時速160キロの中、命綱なしに行うのは不可能でした。
しかし、少し先の駅からは、線路が老朽化しています。なので速度を落とすと判断します。犯人は計画的で、派手に死にたいと考えているため、老朽化の線路で脱線は選ばないはずです。
速度が落ちるまで、皆は酒を一杯やります。マジシャンのヤンは、両親が公演に来る予定でした。その話しを聞いてから、ピーターはヤンのことを見直し始めます。

【結】- パニックトレインのあらすじ4

速度が落ちて、ヤンがドアから外に回り込みます。しかし砂袋ではなく、セメントだったため、ピンが外れません。
さらにヤンは耐えれなくなってしまいます。ルイスが手を伸ばして、彼を救おうとします。
トンネルが近づいてきて絶体絶命のピンチになります。ギリギリのところで、ルイスはヤンを電車内に入れることが出来ます。
骨が折れたものの、ヤンは無事でした。煙草を吸おうとするヤンでしたが、手が震えて火をつけれません。ピーターがつけてあげます。
トンネル内で、電車が停まります。何かに突っかかったのか、ゆっくり進んでいきます。
ルイスがドアを開けると、幅が狭すぎて出られませんでした。しかし、マックスなら通れると判断します。ルイスはここから降りるように命令します。
幼いマックスは怯えて嫌がります。それでもルイスは、息子を助けるために行くように命じます。マックスの辛い様子を見て、ルイスは降ろすのを止めます。
残り10分で駅に到着します。ヤンはカプラーを爆破して止めようと言い出します。
ルイスは閃きます。消化器に服などを被せて、カプラーの上に起きます。酒を垂らして、ライターで火をつけます。
爆発が起こりますが、カプラーを壊すほどのものではありませんでした。しかし爆発によって、内部のピンが見えます。
ルイスが外そうとしていると、ピーターがポールを持って現れます。ヤンには父のように、一度くらい言うことを聞けと言って下がらせます。
ピーターの活躍で、カプラーのはまっている部分が取れます。そしてルイスがピンを外すと、衝撃で揺れてしまいます。
ピーターは下へと落下してしまいます。カプラーが外れたことで、ルイスは犯人のいる側の車両に取り残されます。ヤンに車掌室のハンドブレーキを使うように指示します。
ヤンはサラと協力して、ハンドブレーキを引いて速度を落としていきます。ルイスは電車の重油が燃え移り、火がどんどん押し寄せてきてました。
ついに爆発と共に火が押し寄せてきます。ルイスは思いっきり走ってジャンプしに向かいます。火は運転室にまで燃え移り、電車は火だるまのように燃え続けます。
気がついたルイスの前には、サラ、マックス、ヤンがいました。救急車がやってくる音がしてきます。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、電車ハイジャックの恐ろしさを描いています。危機迫るハラハラ感が見所になっています。
特にルイスがヤンを救う場面や、ルイスが火の中を走っていく時の緊迫感は高いと言えます。電車と車の衝突の激しさや、電車が火だるまになる映像には迫力があり、緊迫感を引き立てています。
それらだけでなく、今作は人間模様も良く描けています。仲の悪かったピーターとヤンが父と息子のようになる姿は感動します。
また、マックスを救うために、必死にルイスが彼を降ろそうとする場面があります。マックスが辛い様子で訴える姿は悲しさを伝えてきます。降ろすことは止めて、ルイスとマックスが抱きしめ合うシーンには感動します。
この作品は、追い込まれた時の人間の生きる力を見ることができます。その姿に勇気や元気を与えてもらえます。

映画の感想を投稿する

映画「パニックトレイン」の商品はこちら