「パニッシャー」のネタバレあらすじ結末

パニッシャー(2004年)の紹介:2004年公開。人気アメリカン・コミックを映画化。ギャングに家族を皆殺しにされたFBI捜査官が、制裁者(パニッシャー)として生まれ変わる姿を描いた作品。監督・共同脚本にはアルマゲドンで脚本を知られるジョナサン・ヘンズリー。監督としての初作品。ギャングのボス、セイントは息子のボビーが殺された事を知って怒り狂う。罠にはめたFBI捜査官のキャッスルの家族を皆殺しに。一人生還したキャッスルは制裁者としてセイントを罰しに立ち上がる。

この映画を無料で観る

パニッシャーの主な出演者

フランク・キャッスル&パニッシャー(トム・ジェーン)、ハワード・セイント(ジョン・トラヴォルタ)、クエンティン・グラス(ウィル・パットン)、キャッスルの父(ロイ・シャイダー)、リヴィア・セイント(ローラ・ハリング)、デイブ(ベン・フォスター)、マリア・キャッスル(サマンサ・マシス)

パニッシャーのネタバレあらすじ

【起】- パニッシャーのあらすじ1

ギャングのボス、セイントの息子ボビーはミッキーと一緒に武器の密輸を行います。セイントに認めてもらうために頑張りたかったのです。
仲介人と船で出会って商談に入ります。しかし、FBIが船を取り囲みます。仲介人は銃を持って応戦しようとしたため、FBI捜査官に撃たれます。銃撃戦が始まってボビーは亡くなります。
遺体がFBIに運ばれます。仲介人は実はFBIの潜入捜査官で死んでいませんでした。演技だったのです。彼の名前はフランク・キャッスル。テロ対策班など数々の経歴を持つ凄腕の捜査官でした。
潜入捜査の仕事が終わってキャッスルは休暇を取ります。愛する妻と息子の待つ家に帰ります。安全のため、また引っ越しをすることになって息子は不貞腐れています。
キャッスルと妻の両親など家族全員でプエルトリコに旅行に行きます。休暇を満喫するキャッスル達でした。キャッスルは父が改造した銃を見て驚きます。 この映画を無料で観る

【承】- パニッシャーのあらすじ2

不貞腐れていた息子でしたが、キャッスルにTシャツをプレゼントします。Tシャツには髑髏の絵がついていて、呪いを祓う意味が込められていました。
一方ボビーを殺されて怒り狂ったセイントはキャッスルを探します。プエルトリコにいることが分かって、セイントの妻のリヴィアは家族全員を殺すように指示します。
和気あいあいと楽しんでいたキャッスルの家族達でした。しかし、セイントの息子のジョンと部下達が銃を持ってやってきて殺されていきます。
キャッスルの妻と息子も車でひかれて殺されます。それを見たキャッスルは銃で応戦しますが、弾切れとなります。最後は胸を銃で撃たれて、ガソリンをまかれた後に火をつけられます。そして海に吹き飛びます。
かろうじて息をしていたキャッスルを、周りから呪術師として恐れられている男性が助けます。回復したキャッスルは家族が襲われた場所に戻って、父の銃と息子のくれたTシャツを手に取ります。

【転】- パニッシャーのあらすじ3

復讐を誓ったキャッスルは、ミッキーを拉致して情報を聞き出します。そしてミッキーを仲間にしてセイントを陥れる計画を実行します。
キャッスルは自分の墓をセイントの目の前に差し出します。そしてセイントの金を集めているビルに乗り込みます。5000万ドルの金をビルの窓から下にばらまかせます。
セイントは仲間のメキシコ人から金の事について保証を求められます。セイントはキャッスルを殺すために殺し屋を雇います。
殺し屋のロシア人がキャッスルの家に乗り込んできます。激闘の末、キャッスルは勝ちます。しかし、セイントの部下達が様子を見に来ます。怪我を負ってしまったキャッスルは部屋の隠しエレベーターに隠れます。
騒ぎをかけつけて助けにきてくれた隣人達でした。隣人のデイブを、セイントの部下のグラスが拷問します。最後まで拷問を耐え抜いて、デイブは病院に行きます。
キャッスルはセイントに罠をはります。グラスはゲイで、ある男性とキスをしていた所を写真に撮ります。それをネタにグラスをホテルに呼び出します。
そしてリヴィアの車を一時的に盗んでホテルの前に停めます。違反切符を切られたので、切符をミッキーに渡します。ミッキーはセイントにグラスをホテルで見た事を伝えます。

【結】- パニッシャーのあらすじ4

そして来週になって、キャッスルはミッキーに切符をセイントに見せるように指示します。グラスを別の場所にキャッスルは呼び出します。
グラスとリヴィアが今日も同じ時刻にいないため、セイントは二人を怪しみます。セイントはグラスの家の鍵をミッキーから借りて忍び込みます。
ベッドの上にリヴィアにプレゼントしたイヤリングを見つけて、怒ったセイントはグラスを殺します。自宅に帰ってきたリヴィアも線路に突き落として殺します。
セイントはキャッスルを殺すために新たな殺し屋を雇います。そしてパーティーを開きます。キャッスルが爆弾を仕掛けながら進んできている事に気づいていませんでした。
キャッスルはセイント達のいる大部屋を爆弾で爆発させます。次々と射殺していきます。
外に逃げ出したセイントをキャッスルは撃ちます。最後は爆弾をセットした車にロープで縛って引きずります。
セットしていた爆弾を次々と爆発させてセイントを殺します。爆発した炎が髑髏の形になります。
そしてキャッスルは世話になった隣人達にお金を渡します。食器棚に入れている事を伝えて後で見るように言ったのです。
最後に橋の上でキャッスルは悪を制裁する制裁者(パニッシャー)として生まれ変わった事を宣言してエンディングとなります。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「パニッシャー」の商品はこちら