「パブリックエネミーズ」のネタバレあらすじ結末

パブリック・エネミーズの紹介:2009年公開。社会の敵ナンバーワンと言われたジョン・デリンジャーと恋人の逃亡劇を描いた作品。監督は「コラテラル」のマイケル・マン。音楽は「S.W.A.T.」のエリオット・ゴールデンサール。撮影は「ラスト・オブ・モヒカン」のダンテ・スピノッティ。主演は「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのジョニー・デップ。他にも豪華なキャストが出演した作品。

この映画を無料で観る

予告動画

パブリックエネミーズの主な出演者

ジョン・デリンジャー(ジョニー・デップ)、ビリー・フレシェット(マリオン・コティヤール)、ジョン・"レッド"・ハミルトン(ジェイソン・クラーク)、ハリー・"ピート"・ピアポント(デビッド・ウェナム)、ホーマー・ヴァン・ミーター(スティーヴン・ドーフ)、"ベビーフェイス"・ネルソン(スティーヴン・グレアム)、ウォルター・ディートリッヒ(ジェームズ・ルッソ)、アルヴィン・カーピス(ジョヴァンニ・リビシ)、フィル・ダンドレア(ジョン・オーティス)、"プリティ・ボーイ"・フロイド(チャニング・テイタム)、メルヴィン・パーヴィス捜査官(クリスチャン・ベール)、カーター・バウム捜査官(ロリー・コクレーン)、ジョン・エドガー・フーヴァー長官(ビリー・クラダップ)、チャールズ・ウィンステッド捜査官(スティーヴン・ラング)、ジョン・マダラ捜査官(ショーン・ハトシー)、クラレンス・ハート捜査官(ドン・フライ)、ポリー・ハミルトン(リーリー・ソビエスキー)、バーバラ・パツク(エミリー・デ・レイヴィン)、リリアン・ホリ(リリ・テイラー)、キャロル(キャリー・マリガン)

パブリックエネミーズのネタバレあらすじ

【起】- パブリックエネミーズのあらすじ1

大恐慌の時代、銀行強盗のジョン・デリンジャーと仲間達にとっては黄金時代でした。刑務所に連れてこられたジョンは、仲間達を連れて脱獄することに成功します。
しかし、仲間の一人がしくじって死者を出してしまいます。その仲間を途中放り出します。
隠れ家に行って、車を変えることにします。地元警察は金で買収していて、その金を渡すことにします。
それから銀行強盗をして、鮮やかな手口で成功させます。ジョンは弱い者からは金を奪わず、狙うのは金持ちばかりです。大衆からの指示も得ていました。
フーヴァー長官は、捜査局を設置します。シカゴに「プリティ・ボーイ・フロイド」を射殺したパーヴィス捜査官を呼び寄せます。彼をシカゴ支局長に任命して、ジョンの逮捕を任せます。
ある日、ジョンは美女のビリーと出会います。クローク係の彼女を自分の女にします。 この映画を無料で観る

【承】- パブリックエネミーズのあらすじ2

捜査局は、ジョンの仲間の「ベビー・フェイス・ネルソン」の居場所を突き止めます。パーヴィスは、部下を失ってネルソンに逃げられます。
その頃、ジョンは強盗を成功させていました。パーヴィスは、経験豊富な捜査官を呼び寄せるため、彼等の異動を長官に願い出ます。
ジョンは、ビリーと一緒に競馬場に来ていました。ホテルに戻って愛し合おうとすると、捜査官がやってきてジョンは逮捕されます。
知り合いの紹介で良い弁護士を雇っていたジョンは、刑務所の移動を免れます。
仲間と共に、刑務所から脱獄を図ります。刑務所の職員を人質に取りながら、武器を調達して車で逃げ出します。
ビリーに電話をすると、監視されているから来ないようにと言われます。
その後、ある仲間に会いに行くと、邪魔者扱いされてしまいます。隠れ家も使えなくなってしまいました。

【転】- パブリックエネミーズのあらすじ3

ジョンは仲間を集めて、銀行強盗に行きます。情報とは違い、少額の金額しか奪えなくて残念に思います。
仲間の一人がその時に撃たれていて、捜査官に尋問されます。治療の代わりにジョン達の居場所を言うように脅してきます。
居場所の分かった捜査官達が、ジョンの所に向かいます。逃げ道が多い場所ですが、強行突入することにします。
そこからは捜査官達とジョン達との銃撃戦です。ジョンの仲間達は射殺されてしまいます。ジョンだけは何とか逃げ切ります。
ビリーは監視の目を誤魔化すために、身代わりを頼みます。その隙にジョンに会って出て行くことに成功します。
次の強盗が終わったら、一緒に遠くへ行こうと約束します。一時的にビリーを匿おうと店に1人で行かせます。
すると捜査官達が見張っていて、ビリーは逮捕されてしまいます。ジョンは彼女を救いたくても、どうすることもできませんでした。

【結】- パブリックエネミーズのあらすじ4

一人の捜査官がビリーを厳しく尋問します。会う約束だったアパートの場所を言いますが、様子を見ていたジョンが来るはずありません。パーヴィス捜査官がやってきて尋問を辞めさせます。
次にパーヴィス捜査官は、ジョンの恋人のアンナと取引します。ルーマニアに送還されたくなければ、ジョンと会う場所を言うようにと迫ります。
ジョンは高飛びするための資金を集めるため、次の強盗の計画をします。そして、恋人のポリーが証明書をもらいに行くため、警察署まで送って行きます。
ジョンは警察署に入って、自分の捜査状況をじっくりと見ます。アンナはというと、今夜ジョン達と映画に行くことを捜査局に知らせていました。
アンナとポリーを連れて、ジョンは「男の世界」の映画を見に行きます。映画が終わって、捜査官達がやってきてジョンを射殺します。
ジョンを射殺した一人の捜査官が、最後に言った言葉をビリーに伝えに行きます。その言葉を聞いたビリーが涙を流します。
アンナは2年後、ルーマニアに送還されます。パーヴィスは翌年、捜査局を去って1960年に自殺します。ビリーはその後、出所して生涯ウィンスコンシン州で暮らします。終わりです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は、ジョンが警察署に入っていく場面と、ジョンが撃たれる場面の緊迫感です。警察署に入っていく場面では、見つからないのかと内心ドキドキが止まらなくなります。
撃たれる場面では、捜査官達が追い詰めていく場面がスローになっていくので緊迫感を特に感じました。
面白かった場面は、強盗の計画を映画館でしている時です。ジョンの指名手配の絵がスクリーンに映し出されて、観客に右を見たらいるかもしれないとナレーションが入ります。
その時にジョンだけが首を振らずに、観客達が振っている姿は面白かったです。
この作品は豪華なキャストが多数出演しています。劇中で長い時間出てこないキャストでは、プリティ・ボーイ・フロイドを「ステップ・アップ」や「マジック・マイク」のチャニング・テイタムが務めています。
他にはポリー役に「グラスハウス」や「アドルフの画集」のリーリー・ソビエスキーが出演しています。また、捜査官の一人に格闘家のドン・フライが出ていたりします。
まだまだ出演している有名な人達がいます。見た事ある人ばかりでびっくりな気持ちになります。それが今作の魅力でもあると思います。
ストーリーは、詰め込み過ぎていないので、見やすく作られていると思います。激しいアクション映画というよりかは、アクションのある伝記映画のようなイメージです。

映画の感想を投稿する

映画「パブリックエネミーズ」の商品はこちら