「ピンポン」のネタバレあらすじ結末

ピンポンの紹介:2002年公開の日本映画。松本大洋の同名人気コミックの映画化。卓球に打ち込む男子高校生たちの友情や戦いを描く。マトリックスばりのCGや、臨場感あふれる演出に注目。

予告動画

ピンポンの主な出演者

星野裕〔ペコ〕(窪塚洋介)、月本誠〔スマイル〕(井浦新)、孔文革〔チャイナ〕(サム・リー)、風間竜一〔ドラゴン〕(中村獅童)、佐久間学〔アクマ〕(大倉孝二)、小泉丈〔バタフライジョー〕(竹中直人)、田村〔オババ〕(夏木マリ)、大田(荒川良々)、多胡(近藤公園)、五味(平野貴大)

ピンポンのネタバレあらすじ

【起】- ピンポンのあらすじ1

ペコこと星野裕とスマイルこと月本誠は、幼馴染みです。幼少期、苛められていたスマイルはペコに助けられ、以来ひそかにスマイルはペコを尊敬しています。スマイルは笑わない男ですが、かつて一度だけ笑ったのを見たペコは、スマイルというあだなをつけました。
ペコとスマイルは片瀬高校の卓球部に所属しますが、ペコは部活の練習をさぼってはオババの経営する田村卓球場に入り浸って、賭けピンポンをしていました。
スマイルもペコから卓球を教わり、今ではペコをしのぐ才能を持っているのですが、スマイルはそれをひた隠しにして「卓球は暇つぶし」と公言します。

【承】- ピンポンのあらすじ2

部の顧問・小泉はスマイルの才能に気づいて指導しますが、それでもスマイルは本当の力を出しませんでした。
夏になり、インターハイ地区予選が始まります。
出場したペコは、名門校・海王学園に進学した幼馴染み・アクマに負けました。スマイルも辻堂学院の中国人留学生・チャイナと接戦しますが、他人を蹴落としてまで勝ちたくないスマイルは、結局チャイナに破れます。
アクマがスマイルに勝負を挑みました。ペコとアクマとスマイルの幼馴染み3人でピンポンをしていたアクマは、スマイルに対抗意識を燃やしています。

【転】- ピンポンのあらすじ3

インターハイチャンピオンの海王学園のドラゴンが一目置くスマイルに勝つことによって、アクマはプライドを保とうとしますが、あっけなくスマイルに負けました。
アクマはその夜、チンピラとケンカして退学になります。
スマイルは顧問・小泉に「頂点に立たなければ見えない風景もある」と言われ、またドラゴンに「真剣な相手に手心を加えるプレーは醜い」と痛罵され、本気で戦う覚悟をしました。
ペコは試合に負けた後、やる気をなくして卓球から遠ざかりますが、アクマに「続けろよ」と言われて立ち直ります。

【結】- ピンポンのあらすじ4

そして田村卓球場のオババに特訓してもらいながら、自らを鍛え直しました。
1年後。
インターハイ地区予選で、ペコはチャイナに勝ちました。さらにインターハイチャンピオンのドラゴンをも、ペコはくだします。
決勝戦でペコが当たった相手は、スマイルでした。ペコは「行くぜ、相棒」と声をかけ、スマイルは「お帰り、ヒーロー」と応えます…。
…数年後。
予選でペコに負けたスマイルは、社会人として働いていました。
スマイルは卓球の日本代表として、世界を股にかけて活躍していました。

みんなの感想

ライターの感想

ピンポンの見どころは、何と言ってもペコとスマイルの決勝戦での対決シーンです。試合前に、ペコがスマイルに「行くぜ、相棒」と言い、それに「お帰り、ヒーロー」とスマイルが応えるシーンはまさに、2人の卓球に対する情熱や熱い友情が凝縮された必見のシーンとなっています。
これまでの2人の卓球に対する思いや挫折、苦悩を見ているからこそ、その一言がぐっときます。たったの一言で、全てがわかりあえる男の友情が描かれた、恰好すぎる名シーンです。

映画の感想を投稿する

映画「ピンポン」の商品はこちら