「フェイス/オフ」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

フェイス/オフの紹介:1997年制作のアメリカ映画。それまで香港映画界では名の知れたジョン・ウー監督のハリウッド進出&出世作となった作品。凶悪犯とFBI捜査官がお互いの顔を入れ替えて戦うという、異色の設定のアクション大作。

映画「フェイス/オフ」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「フェイス/オフ」のネタバレあらすじに注意ください。

予告動画

フェイス/オフの主な出演者

ショーン・アーチャー(ジョン・トラヴォルタ)、キャスター・トロイ(ニコラス・ケイジ)、イヴ・アーチャー(ジョアン・アレン)、ポラックス・トロイ(アレッサンドロ・ニヴォラ)、サーシャ・ハスラー(ジーナ・ガーション)、ジェイミー(ドミニク・スウェイン)、ウォルシュ(コルム・フィオール)

フェイス/オフのネタバレあらすじ

【起】- フェイス/オフのあらすじ1

ショーンはFBIの捜査官で、6年前に息子・マイケルを殺されて以来、凶悪なテロリスト・キャスターを執拗に追いました。
キャスターが空港に現れる情報を得たショーンは、苦労した末にとうとうキャスターとキャスターの弟・ポラックスを逮捕しました。
しかし空港に現れる前に、キャスターはLAを壊滅させる威力を持つ時限式細菌兵器爆弾を仕掛けたことが分かります。
爆弾を仕掛けた場所を聞こうにも、キャスターは逮捕時の銃撃戦で植物人間となり、キャスターの弟・ポラックスは口を割りません。
ショーンに極秘指令が下りました。

【承】- フェイス/オフのあらすじ2

キャスターの顔の皮膚を移植して彼になりすまし、ポラックスに爆弾のことを聞けというものです。
家族にも極秘の作戦を決意したショーンは、ウォルシュ博士の手術を受け、キャスターの顔になります。キャスターの顔のショーンは刑務所でポラックスに近づき、爆弾のありかを聞きだしました。
ところが…同じ頃、奇跡的にキャスターが意識を回復していました。顔の皮膚が取られたことを知ったキャスターは、ウォルシュ博士を脅してショーンの顔を自分に移植させ、その後、この作戦を知る博士やショーンの上司たちをすべて殺します。
ショーンの顔のキャスターは爆弾を解除し、英雄となりました。

【転】- フェイス/オフのあらすじ3

困ったのはキャスターの顔のショーンです。事情を知る者が皆殺しになったため釈放もされず、自分の顔を持つキャスターが英雄扱いされています。
ショーンの妻・イヴや娘・ジェイミーは、ショーンの急な性格の変化に戸惑いますが、まさか人物が入れ替わっているとは思いもしません。違和感を抱きつつ暮らします。
キャスターの顔のショーンは脱獄し、キャスターの恋人・サーシャに会いに行きました。サーシャはキャスターの息子・アダムを生んでいました。
キャスターの顔のショーンが脱獄したことを知ったショーンの顔のキャスターは、部下に命じ、総力を挙げてショーンを逮捕しようとします。

【結】- フェイス/オフのあらすじ4

ショーンの顔のキャスターと、キャスターの顔のショーンが対峙します。キャスターの顔のショーンはキャスターの弟・ポラックスを殺し、自宅に逃げ込みますが、顔はキャスターですから妻・イヴは大騒ぎします。それを必死でショーンは説得しました。
2人だけが知る思い出を話したショーンは、イヴに信じてもらえます。
ショーンとキャスターは再び戦いました。その場に現れたキャスターの恋人・サーシャが銃弾に倒れます。
激しい戦いの末、キャスターの顔をしたショーンが勝利しました。
ショーンは手術を受けて自分の顔を取り戻すと、キャスターとサーシャの息子・アダムを連れて家に帰りました。

関連する映画

アクション映画

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、原作がSFということもあり、ニコラス・ケイジ演じる悪のボスと、それを追いかけるジョン・トラボルタ演じる正義の刑事の顔が手術によって入れ替わる所がストーリー的にユニークでおもしろく、難しい役柄を演じる二人の演技が見どころです。
また、監督が、ジョン・ウー監督ということもあり、冒頭の空港での場面から始まる華麗なアクションも見どころ満載です。彼特有の二丁拳銃を使ったり、スローモーションを多用したアクションの数々はダンスのようにリズミカルで芸術的でさえあり、普通のハリウッドのアクション映画とは趣が異なる魅力があります。

映画の感想を投稿する

映画「フェイス/オフ」の商品はこちら