「ブラック・レイン」のネタバレあらすじ結末

ブラック・レインの紹介:1989年公開のアメリカ映画。日米の刑事の活躍と友情の絆を描くリドリー・スコット監督のポリス・アクションで、松田優作の遺作にもあたる。高倉健など豪華な日本キャスト陣にも注目。

この映画を無料で観る

予告動画

ブラック・レインの主な出演者

ニック・コンクリン(マイケル・ダグラス)、松本正博(高倉健)、佐藤浩史(松田優作)、チャーリー・ビンセント(アンディ・ガルシア)、片山(ガッツ石松)、梨田(内田裕也)、菅井の用心棒(安岡力也)、大橋警視(神山繁)、吉本(國村隼)、菅井の子分(島木譲二)、菅井国雄(若山富三郎)

ブラック・レインのネタバレあらすじ

【起】- ブラック・レインのあらすじ1

NY市警の刑事・ニックは、半年前に容疑者を逮捕した際に発見された現金が少ないことで、着服の疑いをかけられています。
ある日ニックと同僚・チャーリーは昼食時のレストランで、日本人のヤクザがある日本人を刺殺する現場に直面しました。
激しい格闘と追跡の末、ニックとチャーリーは佐藤というヤクザを逮捕します。ヤクザ同士の抗争で、佐藤はその日本人ヤクザを殺したのでした。
上層部の命令で、ニックとチャーリーは佐藤を護送するため日本へ向かいます。移送中も佐藤は不敵な態度を崩しません。
飛行機は日本・大阪空港に着陸し、空港で犯人を日本警察に引き渡す際、ニックとチャーリーは偽装した警官に佐藤をだまし取られました。

【承】- ブラック・レインのあらすじ2

ニックとチャーリーは銃を所持しないことを条件に、大阪府警・松本警部補の監視下に置かれながら佐藤を探します。しかし当初ニックと松本の仲は最悪でした。
その頃、大阪の〝クラブ・ミヤコ〟で殺人事件が起きます。被害者はなんと例の偽装した警官で、その男性といっしょにいた女性・ミユキが事情聴取を受けていました。
ニックはアメリカ人ホステス・ジョイスから、犯人が佐藤だと聞きます。また佐藤は大阪の繁華街のヤクザのボス・菅井と抗争をしていることも知らされました。
夜、ニックとチャーリーがホテルに帰ろうとする際に、人気のない地下街で武装したバイクのライダーたちに取り囲まれ、チャーリーが刀で首を刎ねられ殺されます。

【転】- ブラック・レインのあらすじ3

ライダーたちは佐藤率いる集団でした。ニックはチャーリーの仇をとるため、松本と協力します。
松本とニックは佐藤の手下・梨田の尾行をし、製鉄所で佐藤が親分衆と取引する現場にたどりつきます。佐藤は偽ドル札の原版をめぐって争っていました。
ニックと松本は佐藤を捕らえようとしますが、結局取り逃がしてしまいます。しかも逮捕時にニックが発砲したことが問題となり、松本は停職処分、ニックは国外退去を言い渡されます。
佐藤を逮捕しないと気が済まないニックは、搭乗予定の飛行機から抜けだし松本を訪ねますが、松本は停職中なので協力できないと断りました。 この映画を無料で観る

【結】- ブラック・レインのあらすじ4

ニックは単身で、佐藤のかつての親分で今は対立関係にある菅井に接近し、佐藤の情報を得ます。ショットガンを譲り受け、佐藤が来る予定の農家に行き潜伏したところ、松本もその場に現れ、同行することになりました。
菅井のもとに佐藤が現れ、菅井は佐藤に「盃が欲しいならケジメをつけろ」と言います。佐藤は指詰めをしつつ、菅井の掌も刺しました。
佐藤の手下が銃撃を始め、菅井は殺されます。ニックは松本の援護を受けながら農家に乗り込み、佐藤を追いつめて、畑で激しい格闘の末、無事に佐藤を逮捕しました。
ニックは日本警察から感謝状をもらい、松本とも友人関係になってアメリカに帰国しました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ブラック・レイン」の商品はこちら