「ブレイド」のネタバレあらすじ結末

ブレイドの紹介:1998年制作のアメリカ映画。人間とヴァンパイアとの混血として生まれた黒人・ブレイドが、ヴァンパイアハンターとして活躍するシリーズ3部作の、1作目に当たる。スティーヴン・ノリントンが監督を務めた。

この映画を無料で観る

ブレイドの主な出演者

ブレイド(ウェズリー・スナイプス)、フロスト(スティーヴン・ドーフ)、ウィスラー(クリス・クリストファーソン)、カレン・ジェンソン(ウンブッシュ・ライト)、クイン(ドナル・ローグ)、ドラゴネッティ(ウド・キア)、シャーロット(エミリー・ハースト)

ブレイドのネタバレあらすじ

【起】- ブレイドのあらすじ1

この世界には、人間の他にヴァンパイアがいました。ヴァンパイアは人間と同じ世界に属しながらも、太陽の下に出ず地下で暮らしています。太陽の光を浴びると灰になるからです。
ヴァンパイアは暗闇に潜んで生活しながら、時折、人間を捕らえては吸血していました。
そのヴァンパイアには強敵がいます。それは人間とヴァンパイアの混血として生まれた、ブレイドという青年でした。
ブレイドは母が臨月の時にヴァンパイアに襲われたため、混血として生まれました。人間とヴァンパイア両方の性質を持つブレイドは「デイウォーカー(Day Walker 昼間活動できる人)」と呼ばれ、ヴァンパイアに恐れられています。 この映画を無料で観る

【承】- ブレイドのあらすじ2

ヴァンパイアの性質を持つおのれを憎むブレイドは、ヴァンパイアを狩る仕事・ヴァンパイアハンターとして活動していました。
ある日ブレイドはクインというヴァンパイアを殺します。しかし手違いでブレイドが止めを刺す前に、クインの遺体は警察に運ばれてしまいました。焼死体として処理されたクインは、女医・カレンの首を噛み、血を吸って力を取り戻し逃走します。止めを刺そうと乗り込んだブレイドは、カレンを連れだして自分のアジトに連れていきました。
そこにはブレイドの相棒・ウィスラーがいました。ウィスラーはヴァンパイア退治の武器開発の担当をしています。カレンに血清を打ち、ブレイドはカレンを助けました。

【転】- ブレイドのあらすじ3

さてヴァンパイア界では、ブレイドの母を殺したフロストというヴァンパイアが、世界を征服しようとたくらんでいます。フロストは純血のヴァンパイア・ドラゴネッティの忠告もきかず、古代の予言書「マグラの書」を解読して無敵の力を得ようとしました。
準備を進めたフロストは、必要なものはあと「ブレイドの血」のみ、というところまでこぎつけます。ブレイドを呼び寄せるため、フロストはブレイドのアジトを襲撃し、ウィスラーを殺しました。
フロストの読み通り、ウィスラーを殺されたブレイドは、怒りに任せてフロストたちのすみか・暗黒院へやってきます。そこでブレイドを待っていたのは、なんとブレイドの母でした。

【結】- ブレイドのあらすじ4

フロストはブレイドの母をひそかに蘇らせていたのです。
死んだはずの母が若いまま存在することに驚いたブレイドは、動揺して捕まりました。監禁されたブレイドは、儀式のために血を抜かれます。
儀式が始まり、フロストはマグラの書の予言どおり、無敵の力を得ました。
力を得たフロスト相手に、血を抜かれて体力が衰えているブレイドは苦戦します。
一度は倒れたブレイドですが、その時カレンが自分の血を分け与えます。血を得てパワーアップしたブレイドは、フロストを倒しました。
ブレイドは戦い続けることをカレンに約束します。そして世界に散らばるヴァンパイアを撲滅するために、今日もブレイドは戦うのでした。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ブレイド」の商品はこちら