「プラトーン」のネタバレあらすじ結末

プラトーンの紹介:1986年公開。ベトナム戦争の地獄のような最前線で戦う兵士達の姿を描いた作品。第59回アカデミー賞作品賞受賞、第44回ゴールデングローブ賞ドラマ部門作品賞受賞。監督・脚本は「7月4日に生まれて」のオリバー・ストーン。大学を辞めて兵士を志願したクリスは、過酷なベトナム戦争の最前線にきたことに後悔していた。エリアス班長らと死線を超えていき、一人前の兵士となっていくクリス。訪れた村で虐殺をするバーンズ小隊長にエリアスが怒りをあらわにするのだった。

予告動画

プラトーンの主な出演者

クリス・テイラー(チャーリー・シーン)、ボブ・バーンズ(トム・ベレンジャー)、エリアス・グロージョン(ウィレム・デフォー)、ビッグ・ハロルド(フォレスト・ウィテカー)、ラー(フランチェスコ・クイン)、レッド・オニール(ジョン・C・マッギンレイ)、ガーター・ラーナー(ジョニー・デップ)

プラトーンのネタバレあらすじ

【起】- プラトーンのあらすじ1

クリスは親への反抗もあり、大学を辞めてベトナム戦争に志願します。貧しい人達ばかりが戦争に行くことに疑問を持っていたのです。
最前線に送り込まれたクリスは、重い荷物を背負いながらジャングルを進んでいきます。殺される恐怖と暑さ、虫による被害で倒れてしまいます。
来て一週間で帰りたいと思うクリスでした。穴を掘っての繰り返しばかりです。
新兵のクリスとガードナーはベテランの兵士から指示を受けます。クリスは地雷のスイッチを任されて見張りをすることになります。ついうたた寝してしまいますが、自分の見張りの時間はしっかりと起きています。
どしゃ降りの中、クリスと交代した見張りの兵士が居眠りします。そしてベトナム兵が銃を持ってやってきます。
目を覚ましていたクリスは固まっています。そして銃撃戦が始まって、クリスはケガをしてガードナーが死亡してしまいます。バーンズ小隊長が居眠りしたやつは許さないと怒ります。

【承】- プラトーンのあらすじ2

クリス達はいじめのように肥溜の掃除をさせられます。そして一緒に掃除した仲間にエリアス班長達がたむろしている場所に連れて行ってもらいます。
彼らはヤクをやって、ヘロヘロになりながら楽しんでいました。クリスも混ざってヘロヘロになります。面倒見の良いエリアスをクリスは尊敬していました。
バーンズ達のグループは上司に対しても厳しい目を向けるほどピリピリとしていました。生き残るためにもストイックな彼らでした。
移動を始めた部隊はトーチカを見つけて、エリアスが単身で潜入していきます。周りを調べている兵士が何者かが近くにいたことに気づきます。
敵兵の重要書類を見つけた兵士が触った瞬間、仕掛けられた爆弾が爆発して彼は死亡します。また、一人の兵士が川辺近くで死体となってしまいます。

【転】- プラトーンのあらすじ3

部隊は近くの村に行って、村人達や村を調べます。そこには大量の米や武器が隠されていました。何も知らない村人をバーンズ達が虐殺します。
バーンズ達の行いにエリアスがブチ切れます。取っ組み合いになります。偽善者のエリアスをバーンズは嫌っていたのです。
エリアスは上司に報告します。しかし、戦場のため、仲間割れは後にしろと言われます。
部隊は敵兵と遭遇して銃撃戦になります。砲撃を依頼しますが、指定位置が間違っていて味方が死んでいきます。
バーンズはエリアスと部下に後ろから来る敵兵に対して、防衛線をはるように指示します。
部下とは別の場所にエリアスは単独で向かいます。それに気づいていたバーンズはエリアスの後をつけて銃で撃ちます。
クリスはバーンズからエリアスが死んだことを聞いて悔しがります。助けに行こうとしますが、撤退を指示されてヘリへと乗り込みます。
上空からエリアスが一人、敵兵に銃撃されているのが見えます。エリアスは射殺されます。

【結】- プラトーンのあらすじ4

クリスは仲間達にエリアスはバーンズに殺されたのだと言います。しかし、証拠がないため仲間達はバーンズに知られないようにしようと言います。
バーンズはこっそり聞いていました。殺せよとクリスにバーンズは脅してきます。
再度部隊は撤退した谷に戻されます。ここは激戦地区で今日も地獄のような戦闘が行われようとしていました。
穴に隠れながらクリス達は応戦していきます。しかし、部隊は次々と壊滅していき、ついには司令部のある陣地も攻撃されます。
司令部は逃げ場所がないため、その場で戦うように指示します。そして陣地ごと空爆するように空軍に指示します。
空爆によって気絶していたクリスは足を引きずるバーンズを見つけて射殺します。そして助けがやってきて生き残った何人かが救助されていきます。
2回ケガしたクリスは後方へと送られることになります。クリスが現地にとどまる兵士に挨拶してエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所はジャングルでの戦闘シーンです。監督を務めているオリバー・ストーンはベトナム帰還兵であることもあり、その生々しく恐ろしい戦場を見事に描いています。兵士主観によるカメラワークは緊張感をもたらし、空爆や銃撃の迫力のある音を聞いていると、さながら戦場にいるようです。
最後の戦いの場面ではアメリカ軍が壊滅的な状況に陥ります。死体が山のように転がっている映像が戦闘の凄まじさを物語ります。
印象的なのはエリアスが一人敵兵に追われて射殺される場面です。両手を上にあげて死に行くエリアスの姿は目に焼き付いてしまいます。
また、この作品では若かりし日のジョニー・デップがちょい役で出ています。まだ有名でなかった頃で、ファンの方にはたまらないかと思います。
全体を通して、戦争の凄まじさを体験できる内容で、最後まで見続けてしまう作品でお勧めです。

映画の感想を投稿する

映画「プラトーン」の商品はこちら