「ボビーZ」のネタバレあらすじ結末

ボビーZの紹介:2007年公開のアメリカ映画。元海兵隊員で囚人の男が、伝説の人物になりすまして困難に立ち向かう姿を描いた作品。ドン・ウィンズロウの小説が原作。監督は「15ミニッツ」のジョン・ハーツフェルド。主演は「ワイルド・スピード」シリーズのポール・ウォーカー。脇を固めるのは「マトリックス」シリーズのローレンス・フィッシュバーン、「トロン:レガシー」のオリヴィア・ワイルド。

予告動画

ボビーZの主な出演者

ティム・カーニー(ポール・ウォーカー)、タッド・クルーズ(ローレンス・フィッシュバーン)、エリザベス(オリビア・ワイルド)、ブライアン(ジェイソン・フレミング)、ジョンソン(キース・キャラダイン)、ドン・ワテロ(ジョアキム・デ・アルメイダ)、モンク(ジョシュ・スチュワート)

ボビーZのネタバレあらすじ

【起】- ボビーZのあらすじ1

麻薬取締局のクルーズ捜査官は、刑務所にいるティム・カーニーを囮捜査に抜擢します。見返りはシャバに戻れることです。
ティムは元海兵隊員で除隊していて、暴行や窃盗で服役していました。刑務所内で暴走族のマッドドッグに絡まれて、殺してしまいます。
どこの刑務所にいても、シャバにでても暴走族達に報復されることは目に見えています。
クルーズが彼を抜擢したのには理由があります。メキシコを牛耳っている麻薬ディーラーのワテロは、クルーズの相棒を人質にして交換条件を出してきたのです。
相棒と交換する人物は、ボビーZという麻薬ディーラーの伝説の男です。ボビーにティムがそっくりだったのです。
クルーズとその部下は、ティムをボビーに仕立てあげるために訓練をします。そして取引をする日になります。
国境近くで交換していると、クルーズが部下もろとも殺します。ティムは運よくコケて助かります。
その後発見されて、ワテロの部下のブライアンの屋敷に連れて行かれます。そこにいたのは、ボビーを良く知るエリザベスとボビーの息子のキットでした。 この映画を無料で観る

【承】- ボビーZのあらすじ2

ティムはエリザベスと寝ます。彼女は、ブライアンがワテロに、ティムを引き渡す気であることを漏らします。
どうやらワテロは金を盗まれた様子なのです。犯人がボビーだと思っているワテロでしたが、実はボビーの友人のモンクが実行犯で、犯人をボビーにしているのです。
ティムは子供が苦手でしたが、キットを連れて逃げ出すことにします。ブライアンの部下を殺して、追手を振り切ります。
しかし、バイクがガス欠を起こして歩いて逃げます。するとブライアンの部下達に見つかってしまいます。何とか乗り切って逃げます。
エリザベスが情報を漏らしたことから、ブライアンに拷問されます。その後、ブライアンはワテロから拷問された後、殺されてしまいます。
ワテロは、エリザベスとブライアンの部下のジョンソンにチャンスを与えます。
その頃、ティム達は食料や靴、車を手に入れて小屋に泊まることにします。ティムはモンクに電話をかけて、金と旅券を手配して欲しいと頼みます。翌日、モンクの屋敷で会うことになります。
クルーズは暴走族にティムの情報を売っていました。彼はどうしてもティムの死体が必要だったのです。

【転】- ボビーZのあらすじ3

暴走族のブーンは、ティム達の小屋の向かいで待ち受けます。そこにジョンソンが現れて、ティム達の小屋に侵入します。
入口に爆弾の罠を仕掛けて、ティム達の帰りを待ちます。帰ってきたティム達は、外に唾が吐かれている事から、危険を察知します。
ジョンソンは外に出て始末しようとして、自分が爆弾の罠にかかって爆死します。ブーンが銃撃してきますが、ティムが返り討ちにします。殺さずにバイクだけ奪って逃げることにしたティムでした。
エリザベスはモンクの屋敷を訪れていました。実はモンクとエリザベスは共犯でした。二人で高飛びをする計画なのです。
ティムはキットを置いて、モンクの屋敷に向かいます。エリザベスは、ティムがボビーでないことに気づいていました。
その事を話した後、取引の条件としてキットに合わせて欲しいと言います。キットを匿っている家に向かうと、ワテロ達がキットを人質にとっていました。
ワテロの娘はボビーに捨てられた後、自殺をしていました。その苦しみを味わせるために、ワテロはキットを殺そうとします。
ボビーでないティムは、父親でない事を必死に伝えます。エリザベスがここで真実を話します。
なんとキットはワテロの孫だったのです。キットを裏社会から隠すため、オリヴィアという女性を母親にしていました。 この映画を無料で観る

【結】- ボビーZのあらすじ4

しかし、オリヴィアは薬物中毒で母親失格でした。現在は施設に入っているため、エリザベスと一緒にいたのです。
キットがティムに習った股間蹴りをワテロにくらわして、そこからはティムがワテロの部下達を倒します。
最後は落ちていた銃をエリザベスが拾って、ワテロを撃ち殺します。
高飛びしようとしていたモンクが、エリザベスを船で待っていました。エリザベスはティムとキットを連れてきていました。モンクを裏切ったのです。
ワテロから盗んだ金をティムはもらい、いくらかはモンクにあげることにします。船を頂いて高飛びしようとすると、暴走族がやってきてティムは彼らに囲まれます。
そこに死んでたはずのボビーと、ぐるであるクルーズがやってきます。エリザベスが裏切った事を知って困ります。
ボビーはティムの死体を使って、追手から完全に死んだと思わせたかったのです。そのためにクルーズを買収したのです。
ティムはボビーこそがティムだと、暴走族に言います。ボビーはティムこそがティムだと言います。
どっちか分からない暴走族に、キットがティム目掛けて「父さん」と呼びます。ティムは子供がいないことを知っていた暴走族は、ボビーとクルーズを撃って銃撃戦になります。
ボビーとクルーズは死亡して警察がやってきます。ティムがエリザベスとキットの乗る船に乗り移って、逃げていきます。
ティムは、美女と金と船を手に入れた伝説の男、ボビーZとなります。終わりです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、主演のポール・ウォーカーが繰り出すアクションシーンが見所です。荒野でブライアンの部下達と戦う場面や、ワテロ達との戦いが迫力があって面白いです。
また、ジョンソンが自ら罠にかかって爆死する場面は笑えます。自分で爆弾を仕掛けた事に、爆死する瞬間に気づいてのリアクションは見ものです。
ストーリーは、ボビーが実は生きていたり、クルーズやエリザベスが裏切ったりするので、どんな陰謀があるのか謎を呼ぶ展開で中々面白いです。
そして血の繋がりのないキットとティムの間に、友情以上の父と息子のような関係ができていく様は良く描けていると思います。
マッドドッグ役のチャック・リデルは元UFC世界ライトヘビー級の王者です。彼の威圧感のある姿を見れるのは、ファンの方にとって嬉しいものだと思います。
全体を通して、アクションとサスペンス、ドラマ要素とコメディっぽい要素もある作品です。中々楽しめたので、お勧め致します。

映画の感想を投稿する

映画「ボビーZ」の商品はこちら