「ボーン・アイデンティティー」のネタバレあらすじ結末

ボーン・アイデンティティーの紹介:マット・デイモン主演の新境地のスパイアクション映画です。ヨーロッパの街を縦横無尽に滑走するミニクーパーのカーチェイスは迫力満点。主人公のジェイソン・ボーンは果たして逃げ切れるのか、そして一体何者なのか。

この映画を無料で観る

予告動画

ボーン・アイデンティティーの主な出演者

ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)、マリ―・クルーツ(フランカ・ボテンテ)、テッド・コンクリン(クリス・クーパー)、ブライアン・コックス(ブライアン・オーウェン)

ボーン・アイデンティティーのネタバレあらすじ

【起】- ボーン・アイデンティティーのあらすじ1

地中海のマルセイユ沖を瀕死で漂流していたところを漁船に助けられた男、ジェイソンボーン。自分がなぜ漂流していたのか、自分が何者なのかもわからない記憶喪失のまま、彼はイタリアに上陸し、体内に埋め込まれていたチップを頼りに自分の素姓を見つけようとします。一方CIAに秘密裏にあるミッションを指揮していたコンクリンは彼の行方を捜していました。 この映画を無料で観る

【承】- ボーン・アイデンティティーのあらすじ2

ある日、アフリカの某国要人が暗殺計画に巻き込まれ、それがある欧米の政府機関の陰謀であるとメディアに告発します。実は暗殺計画こそコンクリンの指揮していたもので、しかもCIAに秘密裏に行っていたコンクリンは上司に責任を問われ、ジェイソンの暗殺を指示します。その頃ジェイソンはチップの銀行口座番号の情報から自分がジェイソンボーンというアメリカ人であること、そしてマイケルケインという偽名でパリに住んでいたことを突き止めます。しかし何者かに追われ、その逃走途中で住所を転々とするマリ―に出会い、二人は一緒にパリへ向かいます。しかしそこにも暗殺者が現れ、警察にも追われる羽目になります。

【転】- ボーン・アイデンティティーのあらすじ3

ジェイソンはパリでの自分の行動を調べます。そしてアフリカ要人の暗殺未遂事件に自分が関与していたことを突き止めますが、同時にマリ―と共に警察に指名手配されていること知ります。二人はマリ―の知り合いの家に隠れることにしますが、そこへも暗殺者が現れます。ジェイソンは暗殺者を始末しマリ―にお金を渡して別れると、自分の暗殺指令がある組織から出ていることを突き止め、取引を持ち掛けます。

【結】- ボーン・アイデンティティーのあらすじ4

彼からの連絡を受けたコンクリンは再び暗殺を指示しますが、ジェイソンはそれを見抜くと逆にCIA支局へと乗り込みます。そしてコンクリンを問い詰め、自分が訓練を受けたCIAのヒットマンであり、アフリカ要人の暗殺未遂事件にどのように関わっていたかその経緯を知らされますが、コンクリンはそこで何者かに殺害され、ジェイソンも狙われますが辛うじて逃走に成功します。そして受け取ったお金を元に貸しバイク店を開いたマリーの元で一緒に暮らし始めます。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ボーン・アイデンティティー」の商品はこちら

ボーン・アイデンティティー [Blu-ray]