「ボーン・スプレマシー」のネタバレあらすじ結末

ボーン・スプレマシーの紹介:マット・デイモン主演の大ヒットスパイアクション映画の第二弾。世界を逃亡する中で愛するマリ―を殺害されたジェイソン・ボーン。敵を打つべくヨーロッパへを舞い戻り、すべてに関わるトレッドストーン計画を明らかにします。

この映画を無料で観る

予告動画

ボーン・スプレマシーの主な出演者

ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)、マリ―・クルーツ(フランカ・ボテンテ)、パメラ・ランディ(ジョーン・アレン)、アボット(ブライアン・コックス)、キリル(カール・アーバン)

ボーン・スプレマシーのネタバレあらすじ

【起】- ボーン・スプレマシーのあらすじ1

マリーと共に世界を転々する中インドに滞在していた主人公のジェイソン・ボーンでしたが、そこへも暗殺者が現れ、彼女は殺害されてしまいます。その復讐のためヨーロッパへ戻るボーン。一方CIA内部調査局のパメラ・ランディ率いるチームは組織内のロシア不正送金事件について諜報活動中の要員が殺害され、現場の証拠からボーンの犯行と断定します。そしてボーン追跡の過程で彼女はトレッドストーン計画の存在を知り、計画の関係者であるCIA高官アボットにコンタクトします。

【承】- ボーン・スプレマシーのあらすじ2

ナポリで尋問を逃れたボーンは、ランディが自分を追跡していることを知り、またトレッドストーン計画について探るためベルリンへ向かいます。一方ランディも計画関係者であるアボットとニッキーと共にベルリンへ向かいますが、突然ボーンから身柄投降を提案されます。彼女はそれを受け入れますが、アボットは彼の殺害を主張します。というのもアボットこそCIA内部の不正送金の張本人であり、ボーンを犯人に仕立てあげた要員殺害や彼を使ってのロシア石油会社のための改革派政治家ネスキーの暗殺に深く関わっていたからでした。

【転】- ボーン・スプレマシーのあらすじ3

ボーンの身柄投降の提案は自分の潔白を訴えるための自作自演でしたが、ネスキー暗殺に自分が関わっていたことを偶然知り、彼はその詳細を調べ始めます。一方ランディは身の危険をおかして潔白を訴える彼を信じ始め、CIA高官アボットとトレッドストーン計画への疑惑を一層強めますが、その最中に彼は自殺してしまいます。しかし現場にはボーンによって録られたアボットの自白テープが残されていました。 この映画を無料で観る

【結】- ボーン・スプレマシーのあらすじ4

疑いの晴れたボーンは自分が暗殺したネスキーの遺族を訪れるためロシアへ降りたちますが、再び命を狙われます。犯人はまさしくインドでマリーを殺害したロシア人暗殺者でした。激しいカーチェイスの後にその暗殺者を始末したボーン、その雇い主であるロシアの石油会社社長も逮捕されます。ボーンは負傷した身体で、孤児となり両親が精神病のために自殺したと信じ込んでいたネスキーの娘の元を訪れ、事件の真相を告白します。そして彼はランディにも連絡をとると、彼女はボーンに感謝の言葉と共に、彼の本当の名前がデビッド・ウェブであることを伝えます。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ボーン・スプレマシー」の商品はこちら

ボーン・スプレマシー [Blu-ray]