「マスクオブゾロ」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

マスク・オブ・ゾロの紹介:1998年公開のアメリカ映画。ジョンストン・マッカリーの大衆小説の主人公ゾロを映画化したアクション作品。2005年には続編『レジェンド・オブ・ゾロ』が制作された。

予告動画

マスクオブゾロの主な出演者

アレハンドロ・ムリエッタ〔二代目ゾロ〕(アントニオ・バンデラス)、ディエゴ・デ・ラ・ベガ〔一代目ゾロ〕(アンソニー・ホプキンス)、エレナ・モンテロ(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)、ドン・ラファエル・モンテロ(スチュアート・ウィルソン)、ハリソン・ラヴ大尉(マット・レッシャー)

マスクオブゾロのネタバレあらすじ

【起】- マスクオブゾロのあらすじ1

1821年。メキシコは当時スペインの支配下に置かれていましたが、革命軍の指導者サンタ・アナに導かれて、スペインからの独立に成功します。
カリフォルニア最後の総督・ラファエルは、スペインに帰国する前に、民衆のヒーローである宿敵・怪傑ゾロを倒そうと思っていました。
ラファエルは3人の罪もない農民を捕まえ、ゾロをおびきよせるために処刑しようとしようとします。
その時、ゾロが馬に乗って現れました。剣をたくみにあやつって、たった1人でラファエル勢に立ち向かうゾロを見て、民衆は大喜びです。その中には、まだ少年の兄弟・ホアキンとアレハンドロがいました。
ゾロは農民を解放して去ります。

【承】- マスクオブゾロのあらすじ2

目をマスクで隠したゾロの正体は、町の名士であるスペイン貴族・ディエゴでした。彼には妻・エスペランザと産まれたばかりの娘・エレナがいます。
ラファエルはゾロの正体を突き止めて連行しようとします。エスペランザのことが好きなラファエルは、ディエゴへの憎しみも倍増していました。
銃撃戦となり、ディエゴをかばってエスペランザが亡くなります。ラファエルはさらに娘・エレナも取り上げ、ディエゴを投獄しました。
…20年後。ラファエルがカリフォルニアに戻ってきたことを知ったディエゴは、彼を殺す機会を窺いますが、大人になった娘・エレナを見て思いとどまります。エレナはラファエルの娘として育てられていました。

【転】- マスクオブゾロのあらすじ3

同じ頃、青年になったホアキンとアレハンドロ兄弟は盗賊になり、ラヴ大尉によって兄・ホアキンは殺されます。弟・アレハンドロは復讐を誓いました。
アレハンドロと出会ったディエゴは、彼が持っていたペンダントから昔会った少年だと知り、彼をゾロの後継者として育てようと考えます。
厳しい修業に耐え、アレハンドロは二代目ゾロを襲名しました。
貴族になりすましてラファエルの屋敷に乗り込んだアレハンドロは、エレナとダンスを踊って恋に落ちます。
さらにアレハンドロは、山奥で見つけた金鉱を基盤にして、メキシコ政府からカリフォルニアを買い取って統治しようとする、ラファエルの企みを知りました。

【結】- マスクオブゾロのあらすじ4

ゾロの姿になって地図を盗み、金鉱の場所を突き止めたアレハンドロは、立ち向かうエレナを負かして去ります。アレハンドロは金鉱へ行き、酷使される奴隷を解放しました。
ラファエルは証拠隠滅のため、鉱山と奴隷を爆破しようとします。ディエゴはエレナに自分が本当の父だと告げ、2人はアレハンドロを助けに行きました。
アレハンドロは兄を殺したラヴ大尉と戦い、ディエゴは宿敵・ラファエルと戦って勝利します。しかしディエゴは重傷を負いました。
ディエゴは娘・エレナに見守られながら、息を引き取りました。
アレハンドロとエレナは結婚し、幸せな家庭を築きます。そしてアレハンドロは幼い息子に祖父の功績を語りました。

関連する映画

アクション映画

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「マスクオブゾロ」の商品はこちら