「マスターアンドコマンダー」のネタバレあらすじ結末

マスター・アンド・コマンダーの紹介:2003年公開。太平洋を舞台に、伝説的艦長と少年兵士達との絆と成長を描いた作品。パトリック・オブライアンの小説が原作。アカデミー賞には10部門にノミネートされ、撮影賞と音響効果賞を受賞した。監督は「トゥルーマン・ショー」のピーター・ウィアー。編集は「ピアノ・レッスン」のリー・スミス。主演は「グラディエーター」のラッセル・クロウ。

予告動画

マスターアンドコマンダーの主な出演者

ジャック・オーブリー艦長(ラッセル・クロウ)、スティーブン・マチュリン軍医(ポール・ベタニー)、バレット・ボンデン水兵(ビリー・ボイド)、トーマス・プリングス副長(ジェームズ・ダルシー)、ウィリアム・ブレイクニー士官候補生(マックス・パーキス)、ピーター・カラミー士官候補生(マックス・ベニッツ)、ホロム士官候補生(リー・イングルビー)

マスターアンドコマンダーのネタバレあらすじ

【起】- マスターアンドコマンダーのあらすじ1

1805年、ナポレオンはヨーロッパ制覇を目論んでいて、海上は戦場となっていました。イギリス海軍のサプライズ号の艦長、ラッキー・ジャックの異名を持つジャック・オーブリーは政府から任務を受けていました。
当直だったホロムは霧の中から、船影を見つけます。サプライズ号は戦闘配置につきます。不意を突かれて、フランス海軍の強力なアケロン号から砲撃を受けます。
大打撃を受けたサプライズ号は、霧に紛れて逃げることに成功します。しかし、死傷者が多数でて、船も修理が必要になります。
一時、浅瀬に停泊して修理することにします。少年兵士が以前休戦中に、アケロン号の組立を見ていました。その模型を作って、ジャックに渡します。
ジャックは模型からアケロン号の性能を推測します。射程距離やスピード、乗組員の数も全てアケロン号が上回っていることに気づきます。
途中の島で補給して、アケロン号の進路や居場所を推測し、追いかけることにします。夕食でジャックは、乗組員達と楽しい思い出を話して笑い合います。

【承】- マスターアンドコマンダーのあらすじ2

アケロン号が待ち伏せしていることに気づきます。スピードでは勝てませんが、ジャックは全力で逃げることにします。
日暮れまでには追い越せないと考えていました。日が沈んで、ジャックは囮の小舟に明かりと帆をつけます。アケロン号は、それをサプライズ号と思って攻撃し続けます。
その隙にサプライズ号は風上に回ります。有利な状況になって、アケロン号を後ろから追いかけます。
沈めれると思いますが、嵐が激しくなってきます。帆を張ってアケロン号を追いかけます。
しかし、嵐の激しさによって、帆を張り続けれなくなります。帆をたたもうとしますが、少年兵士のウォルターが折れた小さめのマストと共に海へ落ちてしまいます。
マストがブレーキになってしまって、船が転覆しかけます。ジャックは苦肉の策として、マストを繋いでるロープを切り離します。ウォルターは海の彼方へと見えなくなります。
ジャックはひどく落ち込みます。それでも任務のため、アケロン号を追いかけることにします。
補給もかねて、ガラパゴス諸島に寄ることにします。船医で学者でもあるスティーヴンは、島にいる新種の動物達の数々に興奮します。

【転】- マスターアンドコマンダーのあらすじ3

ガラパゴス諸島に上陸しようとしますが、船を沈没させられた乗組員を救助します。どうやらアケロン号が近くにいる模様です。
上陸を諦めることになって、スティーヴンは落ち込みます。アケロン号を一刻も早く追いかけますが、風が吹かず雨も降らない状況が続きます。
乗組員は気力、体力を消耗していきます。乗組員達は、ホロムが当直の時に限って、アケロン号に出くわすと考え始めます。
ホロムが呪われていると考え、陰口などを叩き始めて追い詰めていきます。ホロムに反逆する者を現れ、ジャックは仕方なく罰を与えます。
ホロムを励ましたジャックでしたが、追い詰められたホロムは自ら砲弾を持ち、海に飛び込んで自殺します。
ホロムの葬儀をした後、珍しい鳥が飛んできます。乗組員が銃で撃ち落とそうとしますが、スティーヴンが見に来ていて撃ってしまいます。
弾が臓器に残っている状態で、このままでは化膿して死んでしまいます。もう一人の船医では、陸でないと取り出せないと言います。
ジャックはアケロン号よりも、親友のスティーヴンを救うことを選びます。風が吹き始めて、ガラパゴス諸島に引き返します。
感謝したスティーヴンは、自ら鏡を見て手術します。乗組員達は陸の上の生活を楽しみます。アケロン号の速度からして追いつけないので、ジャックはしばらく停泊することにしました。

【結】- マスターアンドコマンダーのあらすじ4

回復したスティーヴンは、数人と共にガラパゴス諸島に住む動物達や、植物に夢中になります。
しかし、丘の上からアケロン号を見つけて急いで引き返すことにします。少しだけ植物などを採取して帰ります。
ジャックは、部下と不意をついて攻撃を仕掛けねばと考えます。スティーヴンが持ち帰った植物には虫がついていました。
その虫は捕食者から逃げるため、枝に変装していました。ジャックは作戦を閃きます。
ワザと火を焚いて、船がボロボロであることをアピールします。服装も着替えて、イギリス海軍とは分からないようにします。
アケロン号が食いついて、サプライズ号に警告してきます。近づいてきた瞬間、海軍に戻ってメインマストを砲撃します。
アケロン号に殴り込み、戦争が始まります。捕虜を救い出して、ジャックは治療所にいるアケロン号の船長を探しに行きます。死んでいることを、アケロン号の船医を通して確認します。
ジャックは副船長にアケロン号に乗って、降伏した彼等を陸まで届けるように指示します。
ガラパゴス諸島に戻ろうとしますが、スティーヴンから船医は死んでいると聞きます。アケロン号の船長は変装していたのです。ジャックがアケロン号に進路を戻してエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、戦術を駆使したイギリスとフランスの艦長同士の駆け引きや、両者の船による海上での戦闘シーンが迫力があって面白いです。
戦闘シーンでは大人だけでなく、少年兵がでてくる所にリアリティが感じられます。少年兵達も戦場で倒れて行きます。
また、少年兵はベテランの乗組員から厳しい視線を浴びたり、無能と思われれば陰口を叩かれてしまいます。そんな厳しい状況の中で成長していく少年兵の姿にもリアリティを感じることができます。
この作品は女性がほぼ出てこないのが特徴です。男性ばかりの出演者で、それが男同士の絆をより一層強調させているように思えます。
出演者ではラッセル・クロウが艦長のジャック役を見事に演じていて、指揮官としての見本のように思えてきます。
親友の船医とのバイオリンとチェロの演奏するシーンもあったりと、戦いだけでなく、様々な人間模様も描いているのも今作の魅力です。
そして途中で停泊するガラパゴス諸島の美しさも描かれているのも、この映画の見所です。美しい自然と動物達には見とれてしまうこと間違いなしです。
クライマックスへと向かっていく演出は、分かりやすくて目が離せなくなります。ぜひ多くの人に見て欲しい作品になります。
  • 匿名さんの感想

    何度も好きで鑑賞してます。
    ただ最後、アケロンの医師数ヶ月前に死んでると
    なぜ知ってたんですか?

映画の感想を投稿する

映画「マスターアンドコマンダー」の商品はこちら