「マッドマックス」のネタバレあらすじ結末

マッドマックスの紹介:1979年公開のオーストラリア映画。ジョージ・ミラー監督と主演メル・ギブソンの出世作であり、後にシリーズ化もされた。特別警察官・マックスを中心に、暴走族と追跡専門の警察との戦いを描いたアクション映画。

予告動画

マッドマックスの主な出演者

マックス・ロカタンスキー(メル・ギブソン)、ジェシー(ジョアン・サミュエル)、ジム・グース(スティーヴ・ビズレー)、トーカッター(ヒュー・キース・バーン)、ジョニー・ザ・ボーイ(ティム・バーンズ)、フィフィ・マカフィー(ロジャー・ワード)、ナイトライダー(ヴィンス・ギル)

マッドマックスのネタバレあらすじ

【起】- マッドマックスのあらすじ1

近未来…。
治安が悪化した世界では悪が横行し、巷には暴走族による犯罪事件が後を絶ちません。
暴走族はバイクが主ですが、ごくたまに車もいます。
警察はそれに対し、暴走族の追跡専門の特殊警察『M.F.P.(Main Force Patrol)』を作り、追跡車両も改造した最新鋭のパトカー「インターセプター」を導入します。
そのナイトライダーを、ぼさぼさ髪の男・ナイトライダーが強奪して逃げました。
上下黒革の服で完全武装した若い警官・マックスは連絡を受け、早速ナイトライダーの追跡を開始します。

【承】- マッドマックスのあらすじ2

自分の車のすぐ後ろをべったりとくっついてくる、マックス運転のインターセプターに恐れをなしたナイトライダーは、びびってブレーキを踏みました。そのままハンドル操作を誤って工事現場に突っ込み、ナイトライダーは死にます。
マックスには、美しいカーリーヘアの妻・ジェシーと、まだ赤ん坊の息子・スプローグがいます。
危険な仕事に就くマックスをジェシーは心配しますが、どうしようもありません。
ナイトライダーを葬ったことで、マックスは暴走族たちの怒りを買いました。トーカッターをリーダーとする「アウトライダー」の面々が集まり、警察を襲い始めます。

【転】- マッドマックスのあらすじ3

マックスの親友・グースが殺され、マックスは上司・フィフィに辞表を提出しました。しかし有能なマックスを失いたくないフィフィは、1か月の休暇を勧め、それでも気持ちが変わらなければ辞表を受理すると言います。
休暇を取ったマックスは、妻・ジェシーと赤ん坊の息子・スプローグを連れて伯母・メイ宅に身を寄せました。
マックスの行き先を知ったアウトライダーは、そこまで追ってきます。そして妻・ジェシーと息子・スプローグはバイクに撥ねられて死にました。
マックスは復讐の怒りに燃えます。

【結】- マッドマックスのあらすじ4

最新鋭のパトカー・インターセプターを更に改良した「V8インターセプター」を用意し、上下黒革の服で完全武装したマックスは、トーカッター匹いるアウトライダーに挑みました。
追跡を開始したマックスは1台また1台とバイクに追突し、殺したり川に落としたりします。
左足を負傷しながらも追跡をゆるめないマックスにトーカッターも恐れをなします。その時、正面からトラックがやってきて、トーカッターは正面衝突して死にました。

みんなの感想

ライターの感想

激しいカーチェイスや過激なキャラクターが多数出てくるマッドマックスには噂が絶えません。スタントマンが死んだという話が飛び交っていますが、怪我人はいるものの1人も亡くなってはいませんので、ご安心ください。また、本物の暴走族が出演しているという話もありますがそれも嘘です。実際にはバイクチームに所属している方達が演じております。
バイクといえば、「マックスターン」という地面にアクセル跡をこすりつけて円を描く技がありますがその名の由来は今作に起因しています。ぜひ劇中で確認してみてください。

映画の感想を投稿する

映画「マッドマックス」の商品はこちら