「マッドマックス 怒りのデスロード」のネタバレあらすじ結末

マッドマックス 怒りのデス・ロードの紹介:2015年6月20日公開のオーストラリア&アメリカ映画。『マッドマックス/サンダードーム』以来、27年ぶりのマッドマックスシリーズ第4作。荒涼な世界でのマックスとフュリオサの2人の反逆者が描かれる。

この映画を無料で観る

予告動画

マッドマックス 怒りのデスロードの主な出演者

マックス・ロカタンスキー(トム・ハーディ)、インペラトル・フュリオサ(シャーリーズ・セロン)、ニュークス(ニコラス・ホルト)、スプレンディド(ロージー・ハンティントン=ホワイトリー)、イモータン・ジョー(ヒュー・キース・バーン)、リクタス・エレクタス(ネイサン・ジョーンズ)

マッドマックス 怒りのデスロードのネタバレあらすじ

【起】- マッドマックス 怒りのデスロードのあらすじ1

近未来、核戦争が起こって世界が崩壊し、生き残った人類は石油と水の争奪戦に追われました。
愛する妻と娘を奪われた元警官・マックスは、荒れた世を愛車・インターセプターで彷徨します。
ある日マックスは、大量の謎の軍団に襲われて拉致されました。
マックスが連行されたのは、不死身のジョーと呼ばれる男が支配する、スカル(ドクロ)を掲げる砦でした。ジョーは長い髪に歯のついた鋼鉄特殊マスクをつけた中高年の男で、側近にはジョーの息子・リクタスがいます。
ジョーは妻を5人囲って優秀な子孫を残そうとし、民衆には圧政を敷きます。スキンヘッドに全身白塗りの男・ウォーボーイズたちは、名誉の戦死を遂げることが憧れでした。

【承】- マッドマックス 怒りのデスロードのあらすじ2

マックスの車・インターセプターは改造(改悪)され、マックスも貴重な「輸血袋」と遇されます。ウォーボーイズは放射能の汚染で、輸血が必要でした。
左肘先が義手の女性戦士・フュリオサは、隣のガス・タウンの石油奪取を命令され、巨大タンカートレーラー「ウォー・リグ」で出発します。
しかしすぐ進路を東に変更します。ジョーに反発したフュリオサは、ウォー・リグに性奴隷同然の妻たちを隠し、東方のフュリオサの故郷「緑の土地」を目指しました。
脱走が露見し追っ手が迫るフュリオサを、車体をトゲで覆ったヤマアラシ軍団も襲撃します。
ウォーボーイズ・ニュークスの輸血袋・マックスは、車両前部に鎖で縛られ追跡に連れられます。

【転】- マッドマックス 怒りのデスロードのあらすじ3

フュリオサはウォー・リグを砂嵐に突入させます。マスクとゴーグル必須の砂嵐の中は竜巻も発生し、追っ手やヤマアラシは巻き込まれマックスを繋いだ車も大破しました。
気絶から回復したマックスは鎖が断ち切れず、ニュークスを担いだまま移動しウォー・リグを発見しました。近づくマックスを見た女性連に緊張が走りますが、マックスが追っ手ではないと悟って水を与えます。
東方途上の谷を仕切るナマハゲに似たバイク集団と交渉決裂し、マックスと目を覚ましたニュークスはフュリオサを助け突破しました。マックスとニュークス、フュリオサと妻らに連帯感が芽生えます。
ジョーの追っ手は執拗で妊婦・スプレンディドが車から落ち、死にます。 この映画を無料で観る

【結】- マッドマックス 怒りのデスロードのあらすじ4

ぬかるみを突破して緑の土地に到着しました。しかし汚染され枯れた土地になり、5人の女性の生存者がいるだけです。マックスが砦を占拠する提案をしました。
一行は来た道を戻って戦いますが、フュリオサが脇腹を刺され負傷します。ニュークスが犠牲となり谷でウォー・リグを横転させ道を塞ぎました。
マックスらはジョーを殺して車を奪い、砦に行きます。瀕死のフュリオサに、マックスは自分の血を輸血しました。
砦に戻ったフュリオサは、ジョーの死体を民衆に見せます。民衆はジョーの圧政からの解放を喜び、フュリオサを讃えました。
人ごみに紛れて立ち去ろうとするマックスとフュリオサは、目で互いの武運長久のエールを送りました。

みんなの感想

ライターの感想

主人公のマックスが、突然何者かに拉致されたところから物語が始まります。そして、ジョーと呼ばれる男が支配していた大きな砦へと連れて行かれます。その支配から逃げ、緑の地へ向かおうとする女性戦士フュリオサと、妊婦を含むジョーの妻達と共に、マックスもその砦から脱出しようとします。
この映画では、その脱出劇が激しく、時にはグロテスクに描かれており、予告編で観た以上に、男性向けの話だと思いました。最終的には、そのジョーが死に、砦には平和が築かれる・・・ということで終わるのですが、そこまでの過程で、女性がかなり酷使されている場面がかなり多かったです。私は女性目線で観ていたので、結末は良くても、なんとなくすっきりしない映画に思えました。
ただ、映像的には綺麗で、迫力満点でもあるので、男くさい映画を観たい人にオススメします。

ライターの感想

マッドマックス 怒りのデス・ロードの悪役、イモータン・ジョーを演じているヒュー・キース・バーン。実はマッドマックスの第一作に出演しているんです、暴走族を率いるトーカッター役で出演しています。マックスの相棒を襲って殺してしまう暴走族のリーダー役です。また、この映画の大迫力シーンはほぼスタントで、CGを使わずに実写のシーンが多いのも有名です。
そんな実写を多用したシーンを480時間分も収録し、それを2時間に収めたらしいです。そりゃ、大迫力シーンの連続になりますよね。

ライターの感想

今から30年前、オーストラリアにて撮影されたカルト的な映画です。
皆さんご存知、北斗の拳は、この映画を元に作られたという逸話があります。当時は、アクション映画のカーチェイスは全て実写で撮影されており、何人か死人が出たとの噂があります。
今回、その初代の監督がメガホンを取り復活したこの映画。ストーリなんてありません、起承転結吹っ飛ばして、2時間全てノンストップカーチェイス映画。前作をみてない人にもオススメです。

映画の感想を投稿する

映画「マッドマックス 怒りのデスロード」の商品はこちら