「マッドマックス2」のネタバレあらすじ結末

マッドマックス2の紹介:1981年公開のオーストラリア映画。『マッドマックス』の続編で、大国同士による戦争後の荒廃した舞台設定、モヒカンヘアーで暴れまわる暴走族を描いた世界観は、1980年代全般のSF映画をはじめ多くの作品に影響を与えた。

この映画を無料で観る

予告動画

マッドマックス2の主な出演者

マックス・ロカタンスキー(メル・ギブソン)、ジャイロ・キャプテン(ブルース・スペンス)、フェラル・キッド(エミル・ミンティ)、パッパガーロ(マイケル・プレストン)、ウェズ・ジョーンズ(ヴァーノン・ウェルズ)、ヒューマンガス(ケル・ニルソン)

マッドマックス2のネタバレあらすじ

【起】- マッドマックス2のあらすじ1

近未来…。
元警官のマックスは改造した最新鋭のパトカー・V8インターセプターに乗り、上下黒革の服で完全武装した男です。妻子を殺されて、さすらう日々が続いていました(『マッドマックス』参照)。
二大国間で起きた戦争により文明はすっかり崩壊し、すさんだ世界各地では、常に石油を奪う争いが絶えません。暴走族も横行しています。
マックスはV8インターセプターで愛犬と放浪しながら、応戦してくる相手のガソリンを奪って生活していました。
ある日マックスは、オートジャイロという小さなヘリコプターに乗る、黄色いタイツを履いた蛇を飼う男に襲われますが、返り討ちに遭わせます。

【承】- マッドマックス2のあらすじ2

男はジャイロ・キャプテンと名乗り、石油精製所へ案内しました。そこは自家発電機も持つ製油所で、パッパガーロをリーダーとする集団が生活しています。
パッパガーロは、石油を狙う、ヒューマンガスという暴走族に狙われていました。ヒューマンガスはマスクを顔にかぶった大男で、赤いモヒカン頭の男・ウェズらを率いています。
パッパガーロは脱出して3000km先にあるという緑の土地を目指しており、トレーラーを欲しがっていました。マックスはトレーラーを持ってくる代わりに、ガソリンを分けろと取引します。
マックスの車に近寄った、ブーメランを武器にする少年フェラル・キッドは、オルゴールをもらい、マックスに憧れました。

【転】- マッドマックス2のあらすじ3

ジャイロ・キャプテンと共に、途中の道にあったトレーラー前部を取りに行ったマックスは、ヒューマンガスの一団に襲われて愛犬を失い、マックス自身も右太ももを矢で負傷しました。しかしトレーラーは持ち帰り、約束通りガソリンを貰います。
パッパガーロは仲間になろうとマックスを誘いますが、マックスは断って去りました。
マックスの愛車・V8インターセプターがヒューマンガスに襲われ、大破します。マックスは怒りました。
出発しようとするパッパガーロの所へ戻ったマックスは、トレーラーの運転を志願します。同時にある作戦を持ちかけました。 この映画を無料で観る

【結】- マッドマックス2のあらすじ4

危険を冒して運転したマックスは、襲ってくるヒューマンガスらを蹴散らしました。戦いは壮絶で、パッパガーロ側にもヒューマンガス側にも犠牲者が出ます。
マックス運転のトレーラーが横転し、トレーラーの中から砂が出てきました。ヒューマンガスらはそれを見て去ります。
実はトレーラーの砂はダミーで、マックスの作戦でした。石油は皆が分けて車に載せていました。マックスに助けられた一同は感謝します。
北の新天地に行った一同は、ジャイロ・キャプテンを迎えて暮らしました。後に、フェラル・キッドがリーダーとなります。
マックスはパッパガーロらと分かれ、またあてのない旅に出ました。

みんなの感想

ライターの感想

主人公のマックスをモデルにした有名なキャラクターといえば、北斗の拳のケンシロウでしょう。荒廃した近未来という設定もそのまんまです。また、他に印象的なキャラクターだったのは敵のヒューマンガスの部下の赤モヒカンのウェズ。
常にバイクの後ろに乗せているのが半裸の男性なので同性愛者かと思われがちですが、実際は違います。彼は両親が殺され困っているところをウェズに助けられた、弟のような存在なのです。悪役にも濃密な設定と物語性があるところがマッドマックスの魅力でもあります。

映画の感想を投稿する

映画「マッドマックス2」の商品はこちら