「ミスエージェント」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

ミス・エージェントの紹介:2012年製作のアメリカ映画。私立探偵の女性が、大学の社交クラブに潜入する姿を描いている。お洒落な大学生に変身したマイリー・サイラス主演で贈るアクション・コメディ。

予告動画

ミスエージェントの主な出演者

モリー&ブルック(マイリー・サイラス)、アーモン(ジェレミー・ピヴェン)、サム(マイク・オマリー)、ニコラス(ジョシュ・ボウマン)、ベッキー(ケリー・オズボーン)、サーシャ(エロイーズ・マンフォード)、コットン(ミーガン・パーク)、アレックス(ローレン・マクナイト)、ビジー(オータム・リーサー)、トロウェイ教授(マシュー・セトル)

ミスエージェントのネタバレあらすじ

【起】- ミスエージェントのあらすじ1

私立探偵のモリーは、今日も得意な浮気調査を依頼されて、写真を撮っていました。そこへFBIのアーモンと名乗る男性が現れて、仕事の邪魔をしてきます。
彼は15年前にアメリカに来たグルジアのマフィアの捜査をしていました。ボスのカシャロフは麻薬から暴行など、何でもする悪党です。
今日、カシャロフの起訴状が出るので、彼の会計士・パトローンに証言台に立つように説得していました。ニューオリンズにいるパトローンの娘・アレックスを守って欲しいと、アーモンはモリーに頼みます。FBIで行うにも、大学の社交クラブに合う人がおらず、モリーに依頼してきたというわけです。
モリーは母を亡くし、父とダラス警察によって育てられました。11歳で射撃をマスターし、柔術は黒帯なのがモリーです。アーモンは適任だと考えたのです。
アーモンはモリーを送り込み、アレックスが持っている証拠を手に入れさせたいと考えていました。
モリーの父は弁護士代を払いきり、警察に戻れると競馬に行っていました。結果、1万7000ドル負けてしまい、モリーはため息をつきます。
潜入捜査に反対のモリーでしたが、父のこともあり、アーモンに会いに行きます。待っていたのはビジーという女性です。彼女がモリーのファッションをコーディネートします。メイクはジンガディが担当します。
モリーは社交クラブの人間関係や名前などをアーモンから聞きます。指定された携帯電話、新車を渡されます。ファッションの奇跡が起こり、モリーの姿に本人だけでなく、皆がオウマイガッドです。

【承】- ミスエージェントのあらすじ2

編入生としてやってきたモリーは、寮でアレックスと出会います。作戦通り、きっかけ作りに成功します。
モリーは大学を歩いていると、バイクをいじっている男の子がいました。その男の子はニコラスという名前でした。モリーはバイクがトライアンフと見抜いて興味津々です。ニコラスはトライアンフを知っている女子は少ないと、生徒ではないと思います。モリーは上手く誤魔化します。
モリーは授業などで持ち前の洞察力や、犯罪知識を発揮してしまい、つい注目を浴びてしまいます。これまた、うまく誤魔化すモリーでした。
カシャロフの仕業により、ビジーが殺されてしまいます。モリーは証拠と友人を装っている人物を探し出すように、アーモンから指示を受けます。
モリーはトロウェイ教授が1年半働いているけども、記録がないことをつかみます。アレックスとデキているとも考えます。
寮を支配するサーシャも過去を操っている可能性がありました。仕草から、嘘の話しを作っているとよみます。
モリーは、ニコラスにデートに誘われて一度は断ります。しかし、調べておくべきとアーモンから言われ、モリーは行くことにします。
ニコラスは家族のことなど話しますが、モリーははぐらかします。色々な人を見てきたモリーは、すぐに人を信用できないのだと語ります。二人はキスをします。
モリーたちはお祭りで、ザリガニのぬいぐるみを売ることになります。モリーの機転で全て売ることができますが、サーシャはそのことが許せませんでした。
寮では度々物が盗まれていて、モリーはその犯人に仕立て上げられます。サーシャの陰謀にはまってしまい、寮の皆から冷たい対応をされます。

【転】- ミスエージェントのあらすじ3

モリーはサーシャがランニングに出かけている間に、部屋に忍び込みます。アルバムを見つけて、サーシャの本名がスージーだと気づきます。
モリーはサーシャが帰ってきて、話しに行きます。サーシャは自分が太っていたことなど、大学に入ってやり直そうとしていました。
寮で裁判が開かれ、サーシャは自分が盗癖症で盗んだと打ち明けます。病気なのだとモリーが説明して、寮の皆は仲を取り戻します。
ビジーを殺した犯人が自供し、怪しい人物がパトリックだと分かります。パトリックとは、ニコラスのことです。彼が嘘をつくはずがないとモリーは言いますが、彼の方が上手だったのだとアーモンは言います。パトリックはフロリダの刑務所で、カシャロフの部下と接触していました。
モリーはパーティーでアレックスが車に乗って出ていくのを見かけます。その後を何者かが車で追っていきます。
ニコラスが話しかけてきて、モリーは彼を手錠で拘束し、殴って気絶させます。そしてニコラスのバイクに乗って、アレックスの後を追いかけます。
モリーは潜入した家で、自分の写真を見つけます。トロウェイ教授がFBIだと分かり、アーモンは何者なのかと疑問に思います。覆面を被っている何者かが襲ってきて、モリーを撃たずに去っていきます。
モリーは倒れてるトロウェイ教授を助けて、救急車を呼びます。アレックスは会計の台帳を持っているとして、連れて行かれました。台帳の在り処は、トロウェイ教授にも誰にも明かしていませんでした。アーモンの狙いが台帳だと分かるモリーでした。

【結】- ミスエージェントのあらすじ4

つまり、モリー自身が友人を装ってる人間となっていたのです。アーモンはFBIを装っている男でした。モリーはアーモンに、アレックスと台帳の交換をと交渉します。
モリーはFBIに最後までやり遂げると主張し、アレックスを助けに向かいます。FBIと共に、アレックスの交換に行きます。
アーモンがモリーの前に現れます。彼は元FBIで、周波数の妨害を行います。モリーは連れて行かれ、FBIは二人を見失います。モリーが持ってきた台帳ではないと、アーモンは怒ります。
モリーは銃を向けられながら、アーモンに寮へと連れて行かれます。車の後部座席には、アレックスが捕まえられていました。
ニコラスがこの間のことを怒ってやってきます。アーモンがニコラスを殴って気絶させてる間に、モリーは彼の銃を拾います。
アーモンは爆弾を積んでいる車を爆破します。モリーの父がやってきて、アーモンはくらくらと倒れます。実は先程、モリーが生徒のコットンからもらった催涙スプレーをかけていたのです。この催涙スプレーには幻覚きのこの菌が入っていました。
そして盗癖症のサーシャが、アーモンの服から車の鍵を盗んでいました。アレックスは車から助け出されていました。
FBIに誘われるモリーでしたが、大学に通いたいと言います。台帳をFBIに渡し、モリーは父を警察に戻してと頼みます。FBIはモリーの父を復帰させることにします。
モリーは父にニコラスを紹介します。モリーの父は、自分が警官だから気をつけろとニコラスに言います。
2ヶ月後、モリーはコットンの新しい彼氏を調査していました。そしてニコラスとモリーはキスをします。

みんなの感想

ライターの感想

この映画では、大学が舞台ということもあり、元気な大学の学生たちの姿が見れます。活気あふれる寮の女生徒たち、祭りで騒ぐ学生たちなど、見ていると元気を分けてもらえます。
そしてモリーやニコラスの乗っているバイクも見ることができます。トライアンフ好きの方には、ニコラスのバイクに興奮します。
ストーリーでは、アーモンが実は敵であったりと、奥の深い内容になっています。モリーがビルから飛び移る場面などアクションシーンもあります。
また、モリー演じるマイリー・サイラスがメイクをしたり、様々なファッションをしている姿を見ることもできます。ファンの方には嬉しい映像の数々です。
最後まで見終わって、冗談を交えた作りが面白く、すーっと肩の力を抜いて見ることができました。休日にふらっと見るのに最適な面白い映画です。

映画の感想を投稿する

映画「ミスエージェント」の商品はこちら