「ムトゥ踊るマハラジャ」のネタバレあらすじ結末

ムトゥ踊るマハラジャの紹介:大地主ラージャの館で御者を務めるムトゥは誠実で頭の回転が速く口も達者で腕っぷしも強く、ラージャから篤く信頼され使用人たちの頭として館を取り仕切っていた。ある日ラージャは芝居小屋の女優のランガに一目惚れするが、ムトゥもふとしたはずみでランガと相思相愛の仲になってしまう。1998年に日本で公開されるとたちまちインド映画ブームを巻き起こしたエンターテイメント大作で、ゴージャスな歌と踊りのシーンは圧巻。1995年インド。監督:K.S. ラヴィクマール

この映画を無料で観る

ムトゥ踊るマハラジャの主な出演者

ムトゥ(ラジニカーント)、ランガナーヤキ[ランガ](ミーナ)、ラージャ(サラットバーブ)、アンバラッタール[アンバラ](ラーダー・ラヴィ)、パドミニ(スバーシュリー)、テーナッパン[テーナ](センディル)、カーリ(ポンナーンバラム)

ムトゥ踊るマハラジャのネタバレあらすじ

【起】- ムトゥ踊るマハラジャのあらすじ1

(ムトゥ「主はただ一人」を歌いながら馬車で登場)
タミルナードゥ州の大地主のラージャに馬車の御者として仕えるムトゥは明るく誠実な人柄と腕っぷしの強さで主人一家から信頼され、使用人たちからもリーダーとして尊敬と人気を集めていました。
ラージャの母親の大奥様はラージャがなかなか結婚しないで芝居見物に熱中しているのが悩みの種です。ラージャの誕生日に腹黒い伯父のアンバラが訪ねてきて、財産目当てに娘のパドミニとラージャを結婚させようとします。
パドミニは父親とは違って正直な娘で純粋にラージャを愛していますが、ラージャの方では相手にしません。アンバラは館の使用人のカーリをスパイとして使っていました。
ある晩ラージャは芝居小屋で女優のランガを見て一目惚れしてしまい、大奥様に「結婚します」と言うと館中の人々はパドミニとの結婚を決めたと思い込んでお祝いに踊り出し、感極まったパドミニはしゃっくりが止まりません。(「菜食の鶴」) この映画を無料で観る

【承】- ムトゥ踊るマハラジャのあらすじ2

ラージャとムトゥは道端でランガたちが車の故障で困っているところを馬車で通りかかり芝居小屋まで送って行くことになりますが、気の強いランガはムトゥとケンカばかりしています。
舞台に着いて稽古していると、団長が金を借りていたヤクザがやって来て借金のカタとしてランガを連れ去ろうとしたので、ムトゥはヤクザの手下相手に大暴れします。
ラージャの命令でランガを連れて逃げたムトゥは隣のケーララ州のクルヴァーリ村に辿り着きます。その村の公用語はマラヤーラム語でタミル語しかできないムトゥは村人と話が通じません。
地方巡業に慣れたランガはペラペラだったので、ムトゥから道を尋ねる言葉を聞かれてふざけて「キスして」というマラヤーラム語を教えます。おかげで大恥をかいたムトゥは真実を知ると怒ってランガに飛びかかり、勢いでキスしてしまいます。
それがきっかけになって二人は恋に落ち、どこからか現れた妖精?たちと踊ります。(「クルヴァーリ村で」)

【転】- ムトゥ踊るマハラジャのあらすじ3

ムトゥは身寄りのないランガを館で雇ってもらおうと連れ帰りますが、ラージャはランガが自分の求婚を承諾したと勘違いします。
館に謎の老人がやって来ます。老人を見た大奥様は駆け寄って足元にひれ伏しますが、老人は黙って去って行きました。
ムトゥ、ランガ、ラージャ、パドミニ、テーナたちはそれぞれ恋人と逢い引きするつもりで夜の庭に集まり鉢合せしてしまいます。そこへ大奥様がやって来てなぜこんな所に集まっているのと詰問したので、お祭りの芝居の練習だと誤魔化してみんなで歌って踊り出します。(「ティッラーナー・ティッラーナー」)
ラージャとランガの仲を心配したアンバラは、ランガの姉を虐待して殺した悪徳警官の義兄にランガを引き渡そうとします。ムトゥは館にやって来た義兄をぶちのめしてランガを助けます。
ラージャはランガと結婚すると言い出してパドミニは泣いて自分の家に帰り、財産を狙うアンバラは新たな陰謀を企みます。

【結】- ムトゥ踊るマハラジャのあらすじ4

アンバラはカーリに「ムトゥがこの家の財産とランガを狙っている」とラージャに告げ口させます。怒ったラージャはムトゥをクビにして追い出します。(「この命は謎解きか?」)
大奥様はラージャをきつく責め、ムトゥこそがこの館の正当な跡継ぎだと今まで隠していた事実を語ります。
その昔、大地主のムトゥの父は従弟だったラージャの父とアンバラに裏切られ、全財産を養子のラージャに譲り赤ん坊だったムトゥを大奥様に託して館を去りました。その後ムトゥの父は修行をして聖人となり、先日館に帰って来たのです。
アンバラはラージャを殴って河に投げ込み、ムトゥがラージャを殺したとカーリに言いふらさせます。怒りに燃えるムトゥはカーリを叩きのめしてアンバラが真犯人だと吐かせ、アンバラを手にかけようとした所にラージャとパドミニが駆けつけます。
河に落されたラージャはムトゥの父に助けられたのです。ラージャは全ての真実をムトゥに告げ許しを請います。
真実を知った後もムトゥのラージャに対する忠誠心は変わることはなく、ムトゥはランガと、ラージャはパドミニと結婚式を挙げました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ムトゥ踊るマハラジャ」の商品はこちら