「ランボー」のネタバレあらすじ結末

ランボーの紹介:1982年公開のアメリカ映画。社会から孤立したベトナム帰還兵・ランボーと、ランボーを排除しようとした保安官との戦いを通して「ベトナム戦争によって負ったアメリカの傷」が描かれた、シリーズ第1作。

この映画を無料で観る

ランボーの主な出演者

ジョン・ランボー(シルヴェスター・スタローン)、サミュエル・トラウトマン大佐(リチャード・クレンナ)、ティーズル保安官(ブライアン・デネヒー)、カーン州警察長(ビル・マッキニー)、ガルト(ジャック・スターレット)

ランボーのネタバレあらすじ

【起】- ランボーのあらすじ1

ジョン・ランボーは、かつてグリーンベレーに所属しベトナム戦争で優秀な働きをした戦士でしたが、戦争による心の傷を負っています。
1981年12月、ランボーはベトナム時代の黒人の戦友・デルメアに会いにワシントン州の山奥の家を訪問しましたが、デルメアは戦争の後遺症で発症したガンで他界していました。
友人に会えず落胆したランボーは、そのまま近くの街に立ち寄ります。
そんなランボーに、ティーズル保安官が声をかけました。ランボーが凶悪そうで、犯罪をしでかしそうだと睨んだからです。
実際のところ、ランボーは何も犯罪を起こしていません。しかしティーズル保安官は若い警官たちと共に、ランボーに乱暴を働きました。

【承】- ランボーのあらすじ2

ランボーのヒゲを剃ろうとカミソリを見せた時、ランボーの脳裏に過去の戦争がフラッシュバックします。戦争で拷問を受けた記憶です。
ランボーは反射的に警官たちを叩きのめし、没収された護身用のナイフを持ってオートバイで逃げました。
ティーズル保安官は、昔、朝鮮戦争で手柄をあげた過去があり、若造・ランボーが反抗したことに怒りました。躍起になってパトカーで追跡します。
逃げるランボーを執拗に追ったティーズル保安官は、ヘリを差し向けて狙撃させようとしましたが、ランボーは投石で狙撃手を殺しました。ランボーは山奥に逃げます。
躍起になって大量の警官を投入し山狩りしますが、ランボーはゲリラ戦に長けていました。

【転】- ランボーのあらすじ3

自分を襲う相手を、ひとりずつ殺します。騒動を聞きつけたマスコミが報道し、ランボーの元上官・トラウトマン大佐がやって来て、ティーズル保安官に引き下がれと助言しました。
トラウトマン大佐は無線を使ってランボーに呼びかけます。それに応じたランボーは、最初に自分に狼藉を働いたのはティーズル保安官だと訴えました。
州兵まで動員される事態になりますが、彼らもランボーの敵ではありません。
ランボーは少しずつ、警察署に隠れるティーズル保安官に近づきました。警察署が襲われ、銃撃戦が始まりました。ティーズル保安官も負傷して思わず倒れます。
顔をあげるとランボーが目の前におり、ティーズル保安官は驚愕しました。 この映画を無料で観る

【結】- ランボーのあらすじ4

トラウトマン大佐が現れ、ランボーを説得します。
「もう戦争は終わった」と告げるトラウトマン大佐に対し、ランボーは「まだ終わっていない」と涙ながらに訴えます。
ベトナム戦争後に帰国したランボーは、戦争後7年経過してもまだ心の傷は癒えていませんでした。戦地で見た仲間の死にうなされ、戦地で活躍しても現在は駐車係の仕事にすら就けず、あの時死んでいればよかった…トラウトマン大佐にランボーは、泣きじゃくりながら本音を語ります。
ティーズル保安官は救急車で運ばれ、大佐の説得でランボーは投降しました。
(ただ通りかかっただけのランボーが、保安官に因縁をつけられ拷問された。ランボーは反射的に保身に回っただけ)

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ランボー」の商品はこちら