「ルーキー」のネタバレあらすじ結末

ルーキーの紹介:1990年公開のアメリカ映画。古参のベテラン刑事・ニックのもとに派遣された新人刑事・デイヴィッドが、よきコンビを組んで犯罪を解決するまでの話を描いたアクション映画。ド派手なアクションが満載。

ルーキーの主な出演者

ニック・パロヴスキー(クリント・イーストウッド)、デイヴィッド・アッカーマン(チャーリー・シーン)、ストロム(ラウル・ジュリア)、リースル(ソニア・ブラガ)、ユージン・アッカーマン(トム・スケリット)、サラ(ララ・フリン・ボイル)、レイ・ガルシア警部補(ペペ・サーナ)

ルーキーのネタバレあらすじ

【起】- ルーキーのあらすじ1

ニックはLA警察・自動車盗難課のベテラン刑事です。
ニックは相棒の黒人警官・パウエルと組んで、大きな自動車窃盗団のボス・ストロムの一味を追っていました。
ストロムは車輌運搬車を調達し、地域から高級車ばかりを選んでは盗んで運搬車に載せて去るという、大胆な犯罪者です。犯罪を楽しむストロムは、自分が現場でいつも陣頭指揮を取っていました。
ニックとパウエルはやっとストロムの一味のしっぽを掴みますが、逮捕の瞬間に相棒・パウエルが殺されます。ストロムは手下を盾にして身を守り、逃走しました。
事件は自動車盗難課から殺人課に移ります。パウエルを殺された怒りと、長年追ってきた相手なのでニックは納得できません。

【承】- ルーキーのあらすじ2

ニックの元にルーキー(新人)・デイヴィッドが新しい相棒として来ました。デイヴィッドは育ちのよさそうな青年で、課の皆は「坊や」呼ばわりします。
デイヴィッドは幼い頃、弟・ジャンと屋上で遊んでいて転落死させた過去を持ちます。大会社の社長の父・ユージンはデイヴィッドに会社を継いでほしいと思いましたが、デイヴィッドは反発して刑事になりました。
ニックはデイヴィッドと共に、禁止された筈のストロムの捜査を続けます。
趣味の悪い黄緑色の高級車の塗装をする修理工場に聞きこみに行った2人は、地元の酒屋に行きました。ニックは情報屋・フェリックスを脅し、デイヴィッドはストロムの部下・ロコに警察手帳を盗まれます。

【転】- ルーキーのあらすじ3

廃車工場のオーナーの車を巨大磁石つきクレーンで釣り上げて脅したニックは、デイヴィッドを自宅に招いて一緒に呑み、親しくなります。ニックの趣味はバイク集めで、デイヴィッドはエンジンのかからないバイクを修理しました。
ニックとデイヴィッドはストロムが押し入ったカジノに乗り込みますが、一味の女性・リースルを撃てと言われて躊躇したデイヴィッドは撃たれ、ニックは捕らわれます。
ストロムは警察に24時間以内に200万ドルを用意しろと言い、ニックを人質にして去りました。
防弾チョッキで死を免れたデイヴィッドはガルシア警部補に謹慎を言い渡されますが、ニック救出に動き、父・ユージンに身代金を用意してもらいます。

【結】- ルーキーのあらすじ4

警察手帳を盗まれた酒場に行きロコの行方を聞いたデイヴィッドは乱闘になり、店を全焼させました。情報屋・フェリックスはロコに殺されていました。
デイヴィッドの恋人・サラが、ガルシア警部補と騙ったロコに狙われますが、デイヴィッドが救出してサラがロコを銃殺しました。
ロコの車が趣味の悪い黄緑色で、聞き込み先の修理工場が潜伏先と知ったデイヴィッドが行き、ニックを助けます。アジトは爆破されました。
身代金を奪ったストロムと女性・リースルらと戦い、ニックとデイヴィッドは倒します。
ガルシア警部補は責任を取って左遷され、ニックが警部補になり、デイヴィッドには新しい女性の相棒・ヘザートレスが待っていました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ルーキー」の商品はこちら