「ルーザーズ」のネタバレあらすじ結末

ルーザーズの紹介:DCコミックの『ザ・ルーザーズ』を元に製作され、2010年に公開されたアクション映画。製作は『リーサル・ウェポン』、『ダイ・ハード』、『マトリックス』などのジョエル・シルバー。監督のシルヴァン・ホワイトは、テレビシリーズ『パーソン・オブ・インタレスト 犯罪予知ユニット』や『HAWAII FIVE-0』などで活躍している。

この映画を無料で観る

予告動画

ルーザーズの主な出演者

フランクリン・クレイ大佐(ジェフリー・ディーン・モーガン)、アイシャ・アル=ファディール(ゾーイ・サルダナ)、ジェイク・ジェンセン(クリス・エヴァンス)、ウィリアム・ローク(イドリス・エルバ)、リンウッド”プーチ”ポルテウス(コロンバス・ショート)、カルロス”クーガー”アルヴァレス(オスカル・ハエナダ)、マックス(ジェイソン・パトリック)

ルーザーズのネタバレあらすじ

【起】- ルーザーズのあらすじ1

ボリビアを根城にする麻薬王ファディールを倒すため、米軍のエリート部隊「ルーザーズ」が派遣されました。
彼らは爆撃用のレーザー照準をファディールの屋敷に向けますが、そこにトラックで大勢の子供たちが連れてこられたのを目撃します。すぐに作戦の中止を要請しましたが、指示を与えるマックスと名乗る男はその要請を却下し、爆撃の続行を命じます。ルーザーズのリーダー・クレイは爆撃までの短時間でカタをつけようと、トラックで屋敷に乗り込むことを決断します。
ルーザーズは次々とファディールの部下たちを倒して子供を救出します。クレイは最後に残った子供を助けるためファディールのもとへ向かいました。ファディールはマックスに裏切られると言い残し、クレイに射殺されたのでした。
爆撃の寸前、ルーザーズのメンバーは古いバスに子供たちを乗せて脱出に成功します。そして迎えに来たヘリが定員オーバーだったため、子供たちを乗せ、自分たちは徒歩で脱出をはかろうとします。しかし次の瞬間ヘリは撃墜されてしまいました。あの子たちは自分の代わりに殺されたと、燃えるヘリの残骸の前で、クレイは復讐を誓います。
大勢の子供達が死んだことでアメリカ政府に抗議が寄せられますが、政府は責任を認めず、ルーザーズのことも死亡あつかいにしていました。
一方、ボリビアの町中に潜んだルーザーズのメンバーは、マックスの正体を掴むべく情報収集をします。しかしメンバーの一人ロークはその方針に反対していました。CIAを敵に回して勝てるはずがない、逃げようと主張していたのです。チームには、身重の妻がアメリカに待つプーチや、同じくアメリカにいる小学生の姪を可愛がっているジェンセンもいて、彼らの結束はバラバラでした。 この映画を無料で観る

【承】- ルーザーズのあらすじ2

酒場でひとり食事をしていたクレイのもとに、謎の女アイシャが近づきます。クレイは彼女が自分をつけていたことに気づいていました。クレイの部屋に入った二人でしたが、牽制し合ううちに格闘とになります。しかしアイシャは自分の目的もマックスだと語りました。ヘリの残骸の中にルーザーズがいないと気づき、探していたというのです。
翌日、アイシャはルーザーズ全員が集まったところにやってきます。ジェンセンの調査によると、アイシャはCIAなどの情報機関に追われていて、かなりの危険人物とのことでした。彼女は豊富な資金を持ち、ルーザーズをアメリカに帰国させると約束します。さらにマックスがマイアミにいることも明かしたのでした。
その頃、ドバイではマックスが武器商人を脅して兵器を入手する算段をしていました。
一方、ルーザーズはアイシャの手引きによってアメリカに戻り、次の行動に出ようとしていました。
彼らは事故を装って軍の救助ヘリを呼び寄せると、看護兵たちを麻酔銃で眠らせてヘリを強奪しました。
ヘリの整備と塗装をしながら、ルーザーズのメンバーはアイシャに本当の目的を尋ねます。彼女は、マックスが危険な破壊兵器を入手しようとしていて、それを止めようとしていると語りました。
マイアミに向かったルーザーズの一行は、マックスの部下ウェイドに率いられた厳重な護衛をかわし、ヘリを使ってマックスが乗っているという輸送車を車ごとさらっていきます。
しかし、車内にはマックスの姿はなく、そのかわり多国籍企業ゴライアス製のHDDがありました。しかもHDDにはアクセスできません。不信感を募らせたクレイはアイシャを射殺して作戦を中止しようと考えますが、アイシャはゴライアスの社内に潜入すればHDDにアクセスし、マックスの行方を探ることができると主張します。もう一度アイシャの言葉を信じようとするクレイですが、ロークが反対し、二人は口論となります。クレイは強引にロークを従わせ、作戦の続行を決めたのでした。

【転】- ルーザーズのあらすじ3

一方、マックスにHDDが奪われたことを報告したウェイドは、それがルーザーズの仕業であると伝えました。
夜、クレイの部屋を酒瓶を手にしたアイシャが訪れ、二人は愛し合います。アイシャはルーザーズの仲間たちには家族がいるのに、クレイには誰もいないのかと尋ねます。そして彼女は、仲間思いであることがクレイの弱点だと指摘するのでした。
翌朝、プーチの取りなしで渋々仲直りしたクレイとロークを乗せ、一同は車で出発します。
ジェンセンがゴライアスのビルに侵入し、アルゴリズムを盗み出したことでHDDにアクセスすることに成功しました。その中にはマフィアの資金洗浄用の無記名電子債券が隠されていました。マックスはそうやって4億ドルの資産を持ち運んでいたのです。さらにHDDにロサンゼルス港からアクセスがあったことも判明します。しかし、そこは傭兵部隊の根城でもありました。
再びアイシャとベッドをともにしたクレイは、自分がマックスに利用されてファディールを襲撃したと語ります。
その頃、マックスからファディールへの金の流れを調べていたジェンセンは、アイシャがファディールの娘だと気づきます。慌てて一同はクレイの寝室に駆け込み、正体を知られたアイシャとの銃撃戦となります。しかしアイシャは逃亡しました。
やはりアイシャは敵だったと知ったクレイは、部下たちを帰らせて一人で敵の基地に乗り込んでいこうとします。しかしロークを始め、部下たちは全員クレイにつき合うと言い出しました。

【結】- ルーザーズのあらすじ4

ルーザーズは、それぞれの得意分野を生かして基地に潜入していきます。しかし、待ち伏せを受けて次々と捕まっていきました。ロークが裏切っていたのです。彼はマックスへの復讐にこだわるクレイを見限っていたのでした。
クレイは車で連行され、彼の部下たちも処刑されようとしていました。その時、アイシャが現れ、ロケット砲を燃料タンクに撃ちこみます。その混乱をついてルーザーズのメンバーは敵を倒し、脱出に成功しました。
アイシャはクレイに銃をつきつけ、父であるファディールを殺したのかと訪ねます。正直に答えたクレイに激怒するアイシャですが、マックスと戦うことを優先し、ルーザーズと共闘することを選ぶのでした。
その頃、武器商人から核兵器を入手したマックスは、それを爆発させて世界を混乱させようと企んでいました。そこにアイシャとルーザーズのメンバーが突入し、激しい銃撃戦となります。
ロークは大金を乗せた飛行機で逃げようとしますが、ウェイドが走ってきたバイクが狙撃されてその飛行機に激突、爆死してしまいました。
マックスは核兵器の起爆装置を手にヘリで逃走しようとしましたが、クレイが追いつめてマックスの肩を撃ちます。しかし、クレイはマックスが捨てた起爆装置を回収しようとしたため、彼を取り逃がしてしまいました。
そのすぐ後、仲間たちがクレイを迎えに来た時、マックスが電話をしてきます。クレイはマックスとの再戦を誓いました。そしてアイシャも、マックスを殺してから父のことのケリをつけるとクレイに約束します。
それからルーザーズのメンバーはプーチが病院に侵入し、妻の出産に立ち会うことを手伝いました。
しばらくして、ルーザーズのメンバーは揃ってジェンセンの姪が出ているサッカーの試合を観戦したのでした。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ルーザーズ」の商品はこちら