「レジェンドオブゾロ」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

レジェンド・オブ・ゾロの紹介:2005年制作のアメリカ映画。1998年の作品『マスク・オブ・ゾロ』の続編にあたる。米国転覆をたくらむ秘密結社と、覆面のヒーロー〝ゾロ〟の戦いを、妻との離婚騒動も絡めて描く。

この映画を無料で観る

予告動画

レジェンドオブゾロの主な出演者

アレハンドロ・デ・ラ・ベガ〔ゾロ〕(アントニオ・バンデラス)、エレナ・デ・ラ・ベガ(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)、アルマン伯爵(ルーファス・シーウェル)、ホアキン・デ・ラ・ベガ(アドリアン・アロンソ)、ジェイコブ・マクギブンス(ニック・チンランド)

レジェンドオブゾロのネタバレあらすじ

【起】- レジェンドオブゾロのあらすじ1

初代ゾロの跡を引き継いだ二代目ゾロことアレハンドロは、初代ゾロことディエゴの娘・エレナと結婚し、2人の間には息子・ホアキンが生まれていました。
それから(『マスク・オブ・ゾロ』参照)、およそ10年後の1850年…。
カリフォルニアはまだメキシコ国のものでしたが、アメリカ合衆国の31番目の州になろうとする動きがありました。
最終的な結論は、カリフォルニアの全土の住民による投票で決めようということになります。
住民の意見は、アメリカ合衆国の州になることに賛成という意見が多数ありました。
しかしそれは、カリフォルニア中央に位置するサンマテオの都市で権力を握るジェイコブにとっては、不利益になります。 この映画を無料で観る

【承】- レジェンドオブゾロのあらすじ2

ジェイコブは住民投票を邪魔するために、投票箱を盗もうとします。
ジェイコブの悪事を止めたのは、黒いマスクで目の周囲を隠した民衆のヒーロー、ゾロでした。ゾロは投票箱を取り戻し、民衆に喜ばれます。
ところが…。
エレナは息子・ホアキンの養育のために、ゾロを引退してくれとアレハンドロに訴えていました。アレハンドロは妻・エレナと約束したものの、悪事を見過ごせず、ついゾロとして活動します。
選挙が終わるまでゾロとして活動したいアレハンドロに業を煮やし、妻・エレナは怒り狂って離婚を言い渡して、息子・ホアキンを連れて屋敷を出ていきました。
ホアキンは母・エレナに愛想をつかされた父・アレハンドロに幻滅します。

【転】- レジェンドオブゾロのあらすじ3

しかしこれには事情がありました。
エレナはアメリカ合衆国政府に雇われたスパイでした。アルマン伯爵に近づくためにアレハンドロと離婚して独身になってから、言葉たくみに伯爵に接近したのです。
ゾロの正体がアレハンドロだと合衆国政府にばれ、それをネタに脅されたエレナは、スパイになって合衆国がひそかに目をつけているアルマン伯爵の調査をしていたのでした。
エレナの魅力のとりことなったアルマン伯爵は、エレナに求婚し、屋敷に招きます。
アルマン伯爵は、屋敷の地下にあるワインセラーで、石鹸からニトログリセリンを抽出し、爆弾を作っていました。
それを爆発させることで、合衆国を二つに分断することが目的です。

【結】- レジェンドオブゾロのあらすじ4

アルマン伯爵の屋敷に身を寄せたエレナは、調査結果を伝書鳩で知らせました。
アレハンドロはエレナの正体を知り、エレナがまだ自分を愛していることを知ります。
アルマン伯爵に正体が知れ、エレナはピンチに陥ります。アレハンドロは助けに行って、アルマン伯爵や息子・ホアキンに正体がばれます。
カリフォルニアがアメリカ合衆国の州になることが決定し、調印式が開催されました。伯爵は駅で行われる式典に、爆薬を積んだ列車を衝突させる予定です。
アレハンドロと愛馬・トルネードとエレナは協力し、引き込み線に列車を通過させ式典への衝突を回避しました。伯爵は列車もろとも爆死します。
アレハンドロとエレナは再び結婚しました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「レジェンドオブゾロ」の商品はこちら