「レッドクリフ PartⅠ」のネタバレあらすじ結末

レッドクリフ PartⅠの紹介:2008年公開の中国(&香港&日本&韓国&香港)映画。アジア映画としては史上最大規模となる製作費100億円を投じたスペクタクル歴史劇で、全2部構成の前半にあたる。「三国志」の“赤壁の戦い”を題材に描く。

この映画を無料で観る

予告動画

レッドクリフ PartⅠの主な出演者

孔明(金城武)、趙雲(胡軍)、劉備(尤勇)、関羽(巴森扎布)、張飛(臧金生)、周瑜(梁朝偉)、孫権(張震)、孫尚香(趙薇)、甘興(中村獅童)、小喬(林志玲)、曹操(張豊毅)、孫叔財(佟大為)、驪姫(宋佳)、華陀(謝鋼)、献帝(王寧)

レッドクリフ PartⅠのネタバレあらすじ

【起】- レッドクリフ PartⅠのあらすじ1

〔本編前に日本版独自のナレーション付き解説〕
三国時代の中国の説明。
漢の丞相・曹操(後に魏の礎を築いた人物)は、北部を平定した後に、南部を制圧するために兵を進めました。
その過程において、天下統一に邪魔な存在となる、劉備と孫権を抹殺しようとします…〔解説終わり〕。
今からおよそ1800年前(西暦208年前後)、漢王朝では乱世を迎えていました…。
君主として帝国を支配するのは、80万人の大軍を率いる曹操です。曹操は軍勢2万人の劉備を襲いました。
劉備軍営は、民の撤退を優先したため多大な打撃を受けます。劉備軍は窮地に立たされていました。しかし劉備には、天才と名高い軍師・諸葛亮孔明がついています。 この映画を無料で観る

【承】- レッドクリフ PartⅠのあらすじ2

孔明は劉備に、当時はまだ劉備と敵対関係にある孫権に休戦を申し込み、手を結んではどうかと提案しました。劉備と孫権が同盟を結んで、共同で曹操を倒そうというのです。
敵対関係にある孫権と手を組む、というのは、当時としては画期的かつ大胆な策でした。
2万しかない兵で80万の曹操に立ち向かうのは無謀です。
劉備は孔明の案を受け、孔明は遣いとして孫権のもとへ派遣されます。
単身で孫権の元に向かった孔明は、孫権の司令官・周瑜と出会います。
天才的頭脳を持つ孔明は、周瑜が智も力も併せ持つ傑物であることを見抜きました。また周瑜の方も、孔明を同じ才を持つ人物とみなします。

【転】- レッドクリフ PartⅠのあらすじ3

最初は孔明を警戒した周瑜でしたが、音楽を通して友情を確認し、お互いに信頼を寄せました。
孫権は劉備と同盟を結ぶことを決意します。孫権と周瑜、男勝りの孫権の妹・尚香らは劉備の元へ赴きました。
しかし、孫権軍と劉備軍をあわせても、軍勢はわずか5万人(孫権軍3万人)で、曹操の80万人には遠く及びませんでした。
それに対し孔明と周瑜は、曹操の軍について指摘します。
実は曹操じきじきの兵は10万ほどで、そのほかは征服されて仕方なしに兵役に就いている者です。一丸となって戦う気力があれば、決して負けないというのが、孔明と周瑜の一致する意見でした。
劉備軍と孫権軍は一致団結して戦う気持ちを新たにします。

【結】- レッドクリフ PartⅠのあらすじ4

ところで…曹操はというと、このたびの戦には帝国支配のほかに、もう1つひそかな目的がありました。
曹操は周瑜の妻・小喬のことが昔から好きで、彼女を手に入れたいと思っていたのです。小喬は至高の美女として名高い存在でした。
小喬に面影が似た女性・驪姫を愛人としながらも、曹操は小喬をわがものにすべく、劉備と孫権との戦いに臨みます。
決戦となるのは赤壁(レッドクリフ)という土地でした。赤壁には大河・長江が流れており、水陸両方で攻められる場所です。
孫権の妹・尚香が鳩を飛ばします。天下分け目の戦いが赤壁で開かれようとしていました…。
〔エンディングロール後〕
レッドクリフ PartⅡの特報。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「レッドクリフ PartⅠ」の商品はこちら