「レッドブル」のネタバレあらすじ結末

レッドブルの紹介:1988年公開のアメリカ映画。主演アーノルド・シュワルツェネッガー。モスクワの市警察警務大尉が麻薬犯を追ってアメリカのシカゴに来て、現地の刑事と力を合わせる姿を描く。アメリカ映画として初めてモスクワ市内でロケが許可された。

この映画を無料で観る

レッドブルの主な出演者

イワン・ダンコー大尉(アーノルド・シュワルツェネッガー)、アート・リジック刑事(ジェームズ・ベルーシ)、ドネリー警視(ピーター・ボイル)、ビクター・ロスタビリ(エド・オロス)、キャット(ジーナ・ガーション)、ギャラガー(リチャード・ブライト)

レッドブルのネタバレあらすじ

【起】- レッドブルのあらすじ1

冷戦(アメリカ陣営とソビエト連邦陣営が、武力を用いずに対立する抗争)の時代…。
モスクワ市警察特捜部のイワン・ダンコー大尉は、屈強で超人的な体力と、冷酷なまでに徹底的に捜査をすることで知られる刑事でした。
ダンコー大尉は相棒のユーリと一緒に、アメリカとソ連にまたがって活動する麻薬密売ルートのボスであるビクター・ロスタビリを見つけます。
ビクターがコカインの取引をする現場を押さえたダンコー大尉とユーリは、ビクターを追いつめました。しかしあと一歩のところでビクターはユーリを殺して逃亡します。
…半年後。ビクターがアメリカ・シカゴで捕まり、刑務所にいるとの知らせが入りました。 この映画を無料で観る

【承】- レッドブルのあらすじ2

ダンコー大尉はビクターの身柄引き取りのため、単身でアメリカ西部の最大規模の犯罪都市・シカゴに向かいます。
渡米したダンコーは、シカゴ市警でお荷物扱いされているアート・リジック刑事に迎えられました。
ダンコー大尉はビクターを連行し、あとはソ連・モスクワに帰国するだけとなった時です。
ガードマンに変装した麻薬密売組織のメンバーに、ダンコー大尉は空港で襲撃され、ビクターは連れ去られてしまいました。残ったのは、ビクターが持っていた鍵が一つだけです。
ダンコー大尉はモスクワからの帰国命令を無視して、ビクターを捕まえるためにシカゴに残りました。シカゴ市警は、ダンコー大尉に厄介者のリジック刑事をつけます。

【転】- レッドブルのあらすじ3

ダンコー大尉とリジック刑事は一緒に行動することになりました。
おかたいダンコー大尉と、いかにも自由な気風のリジック刑事は、当初はいろんなことで衝突します。
しかし共に捜査していくうちに、徐々に2人の間に友情めいた連帯意識が芽生えました。
ビクターに熱烈に求愛されて結婚した女性・キャットが捜査に協力し、ビクターと麻薬密売組織の実態が明らかになります。
ダンコー大尉とリジック刑事は、麻薬密売組織に接近しました。
しかしダンコー大尉が保管していたビクターの鍵が、銃撃戦のどさくさでビクターに奪われてしまいます。
取引相手を殺したビクターは、麻薬と金を独占してバスを奪って逃走しました。

【結】- レッドブルのあらすじ4

メモから取引現場がバス・ターミナルと知ったダンコー大尉とリジック刑事も駆け付け、バスで追跡します。
両者はカーチェイスとなり、最終的にダンコー大尉のバスは横転して難を逃れ、ビクターのバスは貨車とぶつかり、炎上します。
ビクターは車から脱出しますが、ダンコー大尉が射殺しました。事件は解決します。
帰国するダンコー大尉は、リジック刑事と友情のあかしとして互いの時計を交換しました。
アメリカの高級時計に対し、ダンコー大尉の持つ時計は国から支給された軍用時計(安物)なので、リジック刑事は少し落胆します。
リジック刑事に見送られながら、ダンコー大尉はモスクワに帰りました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「レッドブル」の商品はこちら