「ロビンフッド(2010年)」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

ロビン・フッド(2010年)の紹介:2010年公開のアメリカ&イギリス合作映画。『グラディエーター』のリドリー・スコット監督とラッセル・クロウが再びタッグを組んだ歴史スペクタクル大作。伝説の義賊、ロビン・フッドの激しい闘いを描く。

この映画を無料で観る

予告動画

ロビンフッド(2010年)の主な出演者

ロビン・ロングストライド(ラッセル・クロウ)、マリアン・ロクスリー(ケイト・ブランシェット)、ゴドフリー(マーク・ストロング)、ウィリアム・マーシャル(ウィリアム・ハート)、タック修道士(マーク・アディ)、ジョン王(オスカー・アイザック)、リチャード1世(ダニー・ヒューストン)

ロビンフッド(2010年)のネタバレあらすじ

【起】- ロビンフッド(2010年)のあらすじ1

12世紀末、イングランドは十字軍の遠征を組み、フランスと交戦していました。
ロビン・ロングストライドも十字軍の兵士として戦っていました。
ロビンは戦いの最中、イングランドの騎士ロバート・ロクスリーが暗殺される現場に遭遇し、ロバートの遺言を聞き、ノッティンガムの領主であるロバートの父・ウォルターに剣を届ける役目を引き受けます。
兵士のロビンは騎士のふりをして故郷イングランドに帰り着き、ノッティンガムの領主・ウォルターと会ってロバートの遺言どおり剣を渡しました。
ところでノッティンガムでは、ロバートの妻・マリアンが10年間ロバートの帰りを待っていました。

【承】- ロビンフッド(2010年)のあらすじ2

領主・ウォルターはロビンに、ロバートのふりをしてくれと頼みます。ロバートとマリアンの間に子どもがいないので、このままだと後継ぎのないノッティンガムの領地が国に没収されてしまい、マリアンの行き場がなくなるからです。
ロビンはウォルターの願いを受け入れました。
妻となったマリアンは戸惑いつつも、少しずつロビンに心を開いていきます。
ある日ロビンはウォルターに、自分の生い立ちを聞かされました。ウォルターはロビンの過去を知っていたのです。
ロビンの父は多くの人から支持される思想家でしたが、危険だとみなされた国に処刑されました。

【転】- ロビンフッド(2010年)のあらすじ3

ウォルターの代理で自由憲章の会合に参加したロビンは、「我々が求めているのは、法に守られた自由だ」と説き、それを認めたジョン王は自由憲章の発行を約束します。
こうして、貴族たちは団結してフランス軍と戦うことになりました。
ジョン王の重臣・ゴドフリーは、イングランドの内部から国を崩壊しようとする、フランス側の手先(スパイ)でした。
ゴドフリーはロビンを危険分子とみなし、ノッティンガムの領地を襲い、領主・ウォルターを殺します。
イングランドとフランスの戦いが本格化し、フランス軍の大艦隊がドーバー海峡で攻撃を開始しました。 この映画を無料で観る

【結】- ロビンフッド(2010年)のあらすじ4

陣頭指揮を執るロビンは、高台に射手の兵部隊を派遣し、フランス軍にめがけて矢を放ち大打撃を与えます。
戦いの場にマリアンが鎧をつけて現れました。義理の父・ウォルターの仇をとるためだと、ロビンは理解します。
マリアンは馬でゴドフリーめがけて突進し、仕留めました。
戦いはイングランド軍の圧勝に終わります。ロビンは英雄として讃えられました。
しかしジョン王はロビンのカリスマ性を危険視し、指名手配します。
ロビンはシャーウッドの森に逃げ込み、そこにいた反乱軍と手を組んで、義賊として生きることにしました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ロビンフッド(2010年)」の商品はこちら