「ローレライ」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

ローレライの紹介:2005年製作の日本映画で、「シン・ゴジラ」で知られる樋口真嗣がメガホンを取ったアクション冒険劇。福井晴敏の小説「終戦のローレライ」を映画化した作品で、役所広司、妻夫木聡、柳葉敏夫ら豪華キャストが数多く出演している。

ローレライの主な出演者

絹見真一(役所広司)、折笠征人(妻夫木聡)、木崎茂房(柳葉敏郎)、パウラ・アツコ・エブナー(香椎由宇)、浅倉(堤真一)、高須(石黒賢)

ローレライのネタバレあらすじ

【起】- ローレライのあらすじ1

第二次世界大戦末期、広島に原爆が投下され、日本軍は圧倒的劣勢に立たされていました。そんな中、日本海軍のベテラン艦長の絹見は、浅倉大佐よりドイツ製の最新式潜水艦「伊507」の艦長に任命されます。伊507の任務は、さらなる悲劇を防ぐために原爆輸送機を撃墜することでした。

伊507には、戦争で生き残った寄せ集めの兵士たちが搭乗、そして、その中には浅倉の部下で科学者の高須の姿もありました。高須は伊507に搭載された超高感度索敵ソナー「ローレライ」の謎を知る人物でしたが、絹見にその秘密を打ち明けようとはしません。

しかし、伊507が日本を離れて間もなく、ローレライの秘密は予期せぬ形で露見することになります。若き搭乗員の折笠がローレライ内に侵入し、そこで一人の美しい女性を発見。その瞬間、アメリカの潜水艦が襲来し、絹見はこの襲来をいい機会にと早速折笠にローレライの操縦を命令。すると、謎の女性は折笠の前で特殊スーツを着用し始めました。その黒色のスーツは、ローレライと何本もの管でつながる異様な形状をしていました。 この映画を無料で観る

【承】- ローレライのあらすじ2

出撃したローレライは立体的で驚くべきほど正確な位置情報を絹見たちに伝えました。その情報に基づき、絹見たちは敵を迎撃、本艦を取り逃してしまったものの、見事2機の撃破に成功します。しかし、その直後、謎の女性は悲鳴を上げて気絶してしまいます。

ローレライのシステムは人間の潜在能力を最大限に引き出し、それにより驚異的な索敵能力が実現していました。ローレライはナチスドイツの技術の結晶とも言うべきシステムでしたが、それと同時に、システムの核となる謎の女性は海で死んだ人々の苦痛までも敏感に感じ取ってしまっていたのです。神経に大きなダメージを受け眠りにつく女性を見て、絹見たちは人道を無視したローレライシステムに深いショックを受けます。

眠りから覚めた女性は折笠との交流で少しずつ搭乗員に心を開き始めていました。女性の名前はパウラ、日本人の血を引くドイツ人でした。しばしの休息の間、パウラは艦の外に出て青空を眺めながら、美しい歌声で歌い始めました。それは、搭乗員の心にしばらくぶりの穏やかさを与えるものでした。

【転】- ローレライのあらすじ3

そのとき、一粒の雨が遠く離れた長崎での悲劇をパウラに伝え、パウラは再び気を失ってしまいます。その事実を知らず航行を続けた伊507は再びアメリカの潜水艦と遭遇します。絹見はすぐ迎撃準備に取り掛かりますが、高須と複数の搭乗員が艦内を乗っ取り、アメリカ側へのローレライの引渡を実行しようとしていました。今回の伊507の出撃は浅倉の独断であり、ローレライのアメリカへの引渡は事前に計画されていたことだったというのです。

同じころ、浅倉は、保身に徹する日本海軍本部を掌握していました。無線で伊507とつながった浅倉は絹見に語り掛けます。日本が降伏しなければ、アメリカ軍が次に標的とするのは首都の東京。東京が焼け野原になり、悪しき日本軍が一掃されることが日本の将来につながると言うのです。しかし、絹見の説得に心動かされた搭乗員は高須を裏切り、再び艦内は絹見の指示下へ。

ところが、浅倉に焦る様子はまったくありません。日本の降伏を妨害する工作を部下に命令し、浅倉は自身を銃で撃ち殺してしまいます。このとき、東京への原爆投下まであと15時間しか残されていませんでした。 この映画を無料で観る

【結】- ローレライのあらすじ4

テニアン島の原爆輸送機を撃破しようとする絹見の元には、パウラを含め多くの搭乗員が集まりました。その途上、伊507は再びアメリカ軍と遭遇しますが、無傷でローレライを獲得したいアメリカ軍は大規模な攻撃を仕掛けようとしません。絹見たちはローレライを駆使し善戦しますが、業を煮やしたアメリカ軍の攻撃によって伊507は主電源を喪失してしまいます。しかし、航海士の木崎の命を賭した復旧作業により、伊507は戦場からの脱出に成功します。

ここで、絹見はローレライを離脱させ、ローレライ内にいる折笠とパウラに「大切なものを見つけろ」というメッセージを残します。呆然とする折笠に、パウラは古ぼけた時計を見せます。最期を覚悟した絹見が妻の形見をパウラに託していたのです。

最後の力を振り絞り、原爆輸送機の爆撃を果たした伊507はアメリカ軍の一斉砲撃を受けますが、そのとき艦内にはどこからか聞こえてくるパウラの歌声が響き渡っていました。そして、その歌声はアメリカ軍の若い兵士エリックも傍受していました。

時が経ち、老人となったエリックを一人の日本人作家が訪ねていました。古びたパウラの写真を見たエリックは深く驚きます。「この少女を守るために太平洋艦隊を敵に回したのか?」という問いかけに、「我々の未来も守ったのです」と答える作家。別れ際、エリックは「いい時計だ…」と作家の腕時計を指差しました。作家の腕には、絹見がパウラに贈ったあの腕時計がありました。エリックの後ろ姿を見送った作家は、掛けがえのないものを守り切った伊507の搭乗員たちに一人思いを馳せていました。

関連する映画

アクション映画

みんなの感想

ライターの感想

香椎由宇にとってデビュー間もない作品ですが、端正な顔立ちと迫力のある佇まいで画面の中で確かな存在感を出しているのが印象的です。出番は少ないですが、浅倉大佐を演じた堤真一も素晴らしい演技を見せてくれています。一つ一つの言葉は現代社会への警鐘とも感じられ、とても深みのあるセリフが続きます。

映画の感想を投稿する

映画「ローレライ」の商品はこちら