「ワイルドスピード(MEGA MAX)5」のネタバレあらすじ結末

ワイルド・スピード MEGA MAXの紹介:2011年公開のアメリカ映画。『ワイルド・スピード』シリーズ第5弾。1作目からの常連であるヴィン・ディーゼルとポール・ウォーカーがコンビを組み、元人気プロレスラーの“ザ・ロック”ことドウェイン・ジョンソンを相手に、怒濤の逃走劇を繰り広げる。もうひとつの見どころであるセクシー美女たちも続々登場。

予告動画

ワイルドスピード(MEGA MAX)5の主な出演者

ドミニク・トレット(ヴィン・ディーゼル)、ブライアン・オコナー(ポール・ウォーカー)、ミア・トレット(ジョーダナ・ブリュースター)、ジゼル(ガル・ガドット)、ルーク・ホブス(ドウェイン・ジョンソン)、ハン・ルー(サン・カン)、ローマン・ピアース(タイリース・ギブソン)、エレナ・ネベス(エルサ・パタキー)、ヴィンス(マット・シュルツ)、テズ・パーカー(クリス・"リュダクリス"・ブリッジス)、ジジ(マイケル・アービー)、ローザ(ジェアマリー・オソリオ)、テゴ・レオ(テゴ・カルデロン)、リコ・サントス(ドン・オマール)、レイエス(ジョアキム・デ・アルメイダ)、モニカ・フエンテス(エヴァ・メンデス)

ワイルドスピード(MEGA MAX)5のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①懲役25年の刑を食らったドミニクを脱走させ、ブライアンとミアはブラジルへ逃げる。ヴィンスの仕事を手伝った3人は、麻薬王・レイエスの金のありかに関わるマイクロチップを入手。ミアの妊娠もあってレイエスの金を奪って隠居しようと計画。 ②アメリカ外交保安部(DSS)ホグス捜査官がドミニクら逮捕のためにブラジルへ。レイエスに手下を殺されたホグスは怒り、ドミニクはレイエスの金を奪って逃亡、ホグスは見逃す。

【起】- ワイルドスピード(MEGA MAX)5のあらすじ1

元FBIの捜査官ブライアン・オコナーは、車を盗む犯罪者のドミニク・トレットと知り合いドミニクの妹・ミアと愛し合うようになって、FBIを辞めてドミニクらの仲間になります(『ワイルド・スピード』シリーズ参照)…。
…麻薬王・ブラガ逮捕のために動いたドミニクですが、裁判で懲役25年の刑を言い渡されました。カリフォルニア州にあるロンポック刑務所に、護送車で運ばれます。
他の囚人と一緒にドミニクが乗るその護送車を、ブライアンとミアが襲撃してドミニクを脱走させました。護送車は追突して大破しますが26名の囚人には死者は出ず、事件は大々的に報道されてドミニク、ブライアン、ミアの3人は国際指名手配されました。3人は国外へ逃亡します。
ブラジル、リオ・デ・ジャネイロ。
一足先に着いたブライアンとミアは、以前の仲間のヴィンスと会います。
ヴィンスは過去にブライアンのせいでロサンゼルスを追われ、リオに住みついていました。今では黒人女性・ローザと結婚し、ニコという赤ん坊の父親になっています。
ドミニクを待つ間、ドミニクはヴィンスの仕事を手伝うことにしました。仕事は、列車から3台の高級車を盗み出すというものです。
車掌からカードキーを盗み出して貨物車に入ったブライアンは、盗む車がDEA(麻薬取締局)に押収されたものだと知り、ただの車泥棒ではなく背後に事情があると感じ取りました。
盗難時にドミニクと合流したブライアンはそれを告げます。ヴィンスも使い走りの1人にすぎないので、詳しい事情は知りません。
窃盗団は列車に車を横付けすると、バーナーで外から車両の壁を焼き切り、車を横付けした車両に移し換えておろした後、運転して持ち去るという手口でした。
ブライアンは本命がGT-40という車だと気づいてドミニクに告げ、ドミニクは妹・ミアにその車を運転させて持ち去ります。
ところが窃盗団にそれがばれ、ドミニクとオコナーは他の窃盗団と争いになりました。騒動が客車に乗った麻薬取締官に露見して銃撃戦になり、窃盗団3名、取締官3名の死者が出ます。
ドミニクとブライアンは捕まり、窃盗団のリーダー・ジジに脅されました。ジジが上司に報告に行く間に、2人は手下を倒して逃げます。
ジジの上司はブラジルの麻薬組織の大物エルナン・レイエスでした。
麻薬取締官殺害の容疑がドミニクとブライアンにかけられました。その知らせを受けてアメリカ・DSS(外交保安部)に所属するホブス捜査官がやってきます。
ホブスには地元のアルメイダ署長がつきますが(協力を名目に監視するつもりだった)、ホブスは拒否して若い女性エレナ・ニベス巡査を指名します。
エレナは自分の恋人を殺された半年後、正義感から警官になった女性でした。金で買収される警官が多い中、正義感をもって警官になったエレナは信用できると思い、ホブスは助手にします。

【承】- ワイルドスピード(MEGA MAX)5のあらすじ2

麻薬王・レイエスの元から逃げ出したドミニクとブライアンは、ヴィンスに詰め寄りますが、ヴィンスは知らなかったと言いました。しかし夜、ヴィンスが盗んだGT-40のナビに入ったマイクロチップを外す現場を押さえます。
マイクロチップには、レイエスの配達記録の詳細が納められていました。配達記録といっても現金のことで、マイクロチップを見るだけでレイエスのアジトの場所と金儲けの実態がつかめるわけです。
そこへホブスが率いるDSSのチームが踏み込みました。麻薬組織のレイエス側の追っ手も突入してきて、銃撃戦が始まります。
ドミニクらは屋根の上を走って逃げました。その際、ドミニクはレイエス側の一味から撃たれそうになったエレナ巡査をかばいます。エレナ巡査はドミニクが落としたネックレス(注:ドミニクの恋人で死んだとされるレティの形見の十字架ネックレス)を拾いました。
川でブライアン、ミアと合流したドミニクは、三手に分かれて逃げようと提案しますが、ミアが拒否します。ミアは妊娠していることを告げると「一緒に行動したい」と言いました。ドミニクは了解し、家族が増えると喜びます。
危険を顧みず自分を助けたドミニクの行動を考えて、エレナ巡査は麻薬捜査官を殺したのはドミニクたちではないと主張しました。しかしホブスは、黙って捕まえればいいのだと言います。
納得がいかないエレナ巡査は、盗難車の持ち主が麻薬王・レイエスのだと知り、黒幕がレイエスだと勘付きました。
別のアジトに移ったドミニク、ブライアン、ミアは「マイクロチップを使ってレイエスの金を奪い、悪事から足を洗う」と決めます。レイエスの金を盗むには人手が必要と思ったドミニクは、かつての仕事仲間に声をかけました。
・ドミニク…作戦リーダー。ミアの兄でブライアンとは親友。
・ブライアン…元FBI捜査官。ミアの恋人。
・ミア…ドミニクの妹。妊娠している。
・ローマン…おしゃべりが得意な(詐欺師の)黒人男性。ブライアンの幼馴染み。
・テズ…東海岸で最も電子回路に強いと自称する黒人男性。ブライアンの仲間でローマンとも腐れ縁。
・ハン…腕の立つ、ドミニクの仲間のアジア系男性。
・ジゼル…以前の作戦でドミニクと知り合いになった若い女性。
・テゴ…黒人男性。リコと仲良し。
・リコ…黒人男性。テゴと仲良し。
(・ヴィンス…裏切り者だと思われているので、この時点では参加せず。最終的には参加。)
麻薬組織の金を奪って1億ドル(約123億円)を山分けする話をすると1人1100万ドル強(約13億円)(注:後にヴィンスが計画に加わることで10等分になるため、1人当たりの配当金は1000万ドル=約12億円になる)です。皆、乗り気になりました。

【転】- ワイルドスピード(MEGA MAX)5のあらすじ3

レイエスのアジトは10か所に分かれています。1か所を襲うと他の場所の警備が厳しくなるだろうと読んだドミニクは、ある作戦を思い付きました。
レブロンの地域をわざと襲撃し、レイエスの手下の前で金を燃やして「他の地域も襲う」と宣言します。報告を聞いたレイエスは、金を全て集めて厳重な場所に保管しようとしました。他のメンバーはアジトで監視し、金の行き先を確認します。
全ての金は警察本部に集められました。レイエスが、アルメイダ署長を買収しているのです。
ドミニクらは警察本部の金庫を調べ、同じ型の金庫を注文しました。調べると「レイエスの手紋」がないと開かないと知ります。
ハンとジゼルがレイエスに近づき、水着姿のジゼルがレイエスに接近することで手紋を得ました(ジゼルのビキニの尻を触ったので手紋ゲット)。
ドミニクはエレナがネックレスを持っているのを知り、ホブスらの車に発信器をつけて取り戻しに行きます。
その際、エレナの恋人が家の前で2年前に殺されたことを聞きました。エレナもドミニクにネックレスの持ち主のことを聞きます。
ドミニクとブライアンとハンとローマンはパトカー4台を盗み、公道でレースをしました。レースはブライアンが勝ちますが、ゴール前にドミニクがアクセルを戻したと、ハンとローマンが言いました。
通りでミアがレイエスの部下に捕まりそうになったのを、ヴィンスが助けます。自分の仲間の裏切りでドミニクらを危険な目に遭わせたとヴィンスは詫び、ドミニクはヴィンスを作戦に誘いました(許したという意思表示)。
作戦前夜、皆で前夜祭をしている時にミアが妊娠を報告します。メンバーはお祭りムードになり、ハンとローマンは「祝いの金のつもりでレースでわざとブライアンに勝たせたのだ」と納得しました。
同じ頃、ホブスはドミニクとブライアンの仲間たちが入国していないか調べさせました。よく知るメンバーが続々とブラジルに入国しているのを知り、何か大きな計画をたくらんでいると気づきます。
ホブスは他のメンバーも国際手配にしました。
麻薬王・レイエスはアルメイダ署長からホブス捜査官の存在を聞きますが気に留めず、ドミニクとブライアンに多額の懸賞金をかけました。
作戦決行の日、ホグスが発信器を逆探知してアジトを襲来し、ドミニク、ブライアン、ミア、ヴィンスは逮捕されます。
ところが連行する車をレイエスの手下たちが襲い、ホグスは自分たちの部下が殺されるのを目の当たりにしました。

【結】- ワイルドスピード(MEGA MAX)5のあらすじ4

エレナ巡査に拘束を解かれたドミニク、ブライアン、ミア、ヴィンスが助太刀して戦い、ホグスとエレナを連れてアジトに戻ります。ヴィンスは腹部を損傷しており、自分の息子の名はドミニクからつけた(ニクの部分を取ってニコ)と言って息絶えました。
「逃げても自由になれない」と思ったドミニクは、計画を知られても決行すると腹を決めます。自分の部下を殺されたホグスと、エレナも加わることになりました。
頑丈な車で無理やり警察署に押し入ったドミニクらは、力技で地下駐車場の壁を破壊し、金庫を丸ごと盗み出します。
その金庫をワイヤーで固定し、ドミニクとブライアンが運転する2台の車で牽引して街中を走り回りました。金を奪われたくないレイエスも追跡をします。
海辺の橋まで追いつめられたドミニクは、ブライアンの車からワイヤーを外し、1台で金庫をひきずって、囮となろうとしました。
レイエス側の車の1台に金庫を当てて海に落とし、落ちそうになったドミニクの車がレイエスの車に衝突します。ドミニクはぶつかる直前に逃げて無事でした。
レイエスは死に、部下のジジがドミニクを撃とうとするのを、ホグスが射殺して「部下の仇」と言います。
ホグスは「今日一日だけ猶予をやる。明日から追跡を開始する」「金は置いていけ」とドミニクに告げました。ドミニクはあっさりと金を諦めて立ち去ります。
金を諦めるのが潔すぎる…と思ったホグスが金庫を開けてみると、中身は空っぽでした。実は街中を金庫をつけて走り回った際、警察車両と10秒の差ができた時にメンバーがこっそり金庫を入れ替えていたのです(研究するために取りよせた同じ金庫とすりかえた)。
ドミニクたちにしてやられたホグスは、空の金庫を見て笑いました。
アジトではテズが金庫を開け、10等分します。ヴィンスの妻・ローザの家にはドミニクが1000万ドル(約12億円)の金を置いておきました。
…後日。モナコで、テゴとリコのコンビがカジノでルーレットに興じます。
テズは夢に見た自動車修理工場を開きました。そこへローマンが世界に4台しかないというケーニグセグ・CCXRエディションに乗ってやってきますが、テズも同じ車を買っています。
ハンはジゼルと恋人同士になり、ベルリンにいました。これからマドリードへ行く予定です。
ブライアンとミアはインドの海辺でゆっくり過ごしていました。ミアのお腹は大きくなっています。
そこへエレナと親しくなったドミニクが訪問しました。ブライアンはドミニクがやってきた車を見ると「賭けなしで、俺たちの最後のレースをしよう」と持ちかけます。ドミニクは受けて、微笑しました。
(エンド途中)DSS本部、ワシントンD.C.でホグス捜査官が、ベルリンで護送隊がハイジャックされたという知らせを受ける。そのファイルの中に、死んだ筈のレティの写真がある。

みんなの感想

ライターの感想

文句なしに面白かった! とにもかくにも、アクションだらけの130分。
今作品の最大の見どころは「2台の車が金庫をひきずっての、ブラジル市内のカーチェイス」これが一番だろうが、ほかにも満載。
のっけから「ドミニクを脱走させるために、護送車を横転させて奪取」だし、「列車から車を強盗する」だし、4台の警察車両でのカーレースも楽しかった。
内容的にも…こう、男くさいドラマがあるんだよね。なにわぶしみたいなの。
しかも意味ありげにレティの写真を入れておくなんて、『ワイルド・スピード』ファンにはたまらない演出だろう。

映画の感想を投稿する

映画「ワイルドスピード(MEGA MAX)5」の商品はこちら