「ワイルドスピードMAX4」のネタバレあらすじ結末

ワイルド・スピード MAXの紹介:2009年公開のアメリカ映画。『ワイルド・スピード』シリーズの第4弾。第1作で主演を務めたヴィン・ディーゼルやポール・ウォーカーらが再び顔を揃え、驚愕のアクションを披露。。シリーズの時間軸は、1作目→2作目→4作目(本作)→5作目→6作目→3作目→7作目の順となっている。

この映画を無料で観る

予告動画

ワイルドスピードMAX4の主な出演者

ドミニク・トレット(ヴィン・ディーゼル)、ブライアン・オコナー(ポール・ウォーカー)、レティ・オルティス(ミシェル・ロドリゲス)、ミア・トレット(ジョーダナ・ブリュースター)、カンポス〔アルトゥーロ・ブラガ〕(ジョン・オーティス)、フェニックス(ラズ・アロンソ)、ジゼル(ガル・ガドット)、ペニング捜査官(ジャック・コンリー)、マイケル・スタジアック捜査官(シェー・ウィガム)、トリン捜査官(ライザ・ラピラ)、テゴ・レオ(テゴ・カルデロン)、リコ・サントス(ドン・オマール)、ハン・ルー(サン・カン)、カーラ・マーサ(ミーシャ・ミッシェル)、ドワイト(グレッグ・サイプス)、デビット・パク(ロン・ユアン)

ワイルドスピードMAX4のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①ドミニカ共和国でガソリン泥棒をするドミニクの元に捜査の手が伸びていた。レティを巻き添えにしたくないドミニクは1人で去る。後日、ドミニクに恋人・レティの死の知らせが入った。ドミニクはレティが殺されたのを知り、復讐を誓う。 ②レティを殺したのは麻薬王・ブラガのドライバー・フェニックスで、麻薬を運ぶドライバーを率いる者だった。ブラガを検挙したいFBI捜査官ブライアンと利害が一致し、ドミニクはフェニックスに復讐し、ブライアンはブラガを逮捕した。

【起】- ワイルドスピードMAX4のあらすじ1

ドミニク・トレットは一流のドライビング・テクニックを持つ男です。仲間を大事に思い、妹・ミアや恋人・レティと共に行動していました。
アメリカで貨物車輸送泥棒をしていたドミニクは、潜入捜査官・ブライアンと出会って親しくなります。ミアは、ブライアンと恋に落ちました。
ブライアンはドミニクと親しくなるにつれ、身分を偽ってドミニクと接していることに罪悪感を覚えます。
貨物輸送車強盗の折に負傷したヴィンスを助けるために警官と名乗ったブライアンは、ドミニクの逃亡の幇助をしました(『ワイルド・スピード』シリーズ参照)…。
…ドミニカ共和国。
ドミニクとレティは、ハン・ルーやテゴ、レゴらと共に、ガソリン泥棒をしていました。
6両編成のタンクローリー車に忍び寄り、ドミニクがタンクローリー車の走行妨害(前方でゆっくりの運転)で運転手の注意をひきつけている間に、レティが車両連結部の金属を凍らせて破壊し、まず3両を切り離します。この3両はハンがゲットしました。
続いて残りの3両も奪おうとしますが、運転手が車両を移動するレティの姿を見つけます。ドミニクらの計画を知った運転手はドミニクの車に追突し、さらに発砲してきました。
下り坂に入る前に全車両いただく予定でしたが、運転手に気づかれるトラブルでまだ3両はタンクローリーについたままです。下り坂の加速でタンクローリーが速くなり、レティは1両だけ奪取しますが、ガソリンが漏れています。ドミニクはレティを車に乗せました。
下り坂のカーブを曲がりきれないと危険を感じた運転手は、ペットのイグアナを連れて車から脱出します。ドミニクとレティは逃走していましたが、炎上するタンクローリーが前方に転がってきて、その隙間をかいくぐって逃げました。
ハンの車庫が警察に調べられます。ハンは捜査の手がこの国にも伸びていることをドミニクに告げ、足を洗えと言いました。ハンは東京でレースをしたいと告げます。
ドミニクは国を出る決意をしました。レティもドミニクについていくつもりでしたが、ドミニクはレティを置いて、こっそり家を出ます…。
…パナマ・パナマシティ。
パナマで暮らすドミニクに、妹・ミアから電話がありました。レティが死んだという知らせです。ショックを受けたドミニクはアメリカ・カリフォルニア州、ロサンゼルスに行き、レティの葬儀を遠くから見守りました。
葬儀会場を見張るもう1人の男がいました。ブライアンです。ブライアンは前回の功績を買われ、FBI(アメリカ連邦捜査局)捜査官になっていました。 この映画を無料で観る

【承】- ワイルドスピードMAX4のあらすじ2

ブライアンはFBIで、麻薬密売の大物とされる人物・ブラガを検挙しようとしていました。売人から「デビッド・パーク」という人物がブラガとの交渉人だと知ります。
その際、レティの死を知って、葬儀を遠くから見ていました。かつての恋人・ミアの姿を葬儀で見つけたブライアンは、複雑な表情を浮かべます。
夜、ミアのカフェにドミニクがやってきました。そこにはレティが立ち寄っては修理していたという車があります。車の内部を覗いたドミニクは、自分が渡した十字架のネックレスがルームミラーにぶら下がっているのを見ました。
ドミニクはミアに聞いて、レティが死んだ場所に行きます。そこで死んだレティを想像したドミニクは復讐を誓い、関わっていた相手を探し始めました。事故現場にあったタイヤ痕は、ニトロを使った形跡があります。ニトロを売る奴は1人しかいないと思ったドミニクはハリーに会い、韓国人のパークにニトロを売ったと聞き出しました。
その頃ブライアンは、「デビッド・パーク」という名を聞き出したものの、市内には50人以上同じ名の者がいます。ブライアンはその名の人物が所有する車両を調べるよう頼みました。
FBIのスタジアック捜査官がミアを事情聴取で引き立ててきます。それを見たブライアンは、スタジアックを嘘の呼び出しで連れ出し、その隙にミアを連れ出しました。
ブライアンはミアを騙したことを謝りますが、ミアはそのせいで兄・ドミニクと離れて暮らさねばならなくなったことを責めます。警官だったのではないかと聞いた(シリーズ1でブライアンはロス市警所属)ミアは、「ウソの天才なのでFBIに雇われた」と聞かされます。
所有車両で韓国人のパークが怪しい(改造車を持っている)と睨んだブライアンは、パークに会いに行きますが、ドミニクが先に辿り着いていました。ドミニクは「運び屋の候補にレティが名乗りを上げた」件でパークに辿り着きます。
先にパークに会ったドミニクは「自分は単なる代行屋で、ブラガの車を手配してレースを開催しているだけ」と白を切るパークをビルの窓から吊り下げて、本当のことを吐かせようとしました。
ブライアンが慌てて現場に駆け付けると、ドミニクはパークを落とします。ブライアンが引き揚げたので、パークは助かりました。
その後、パークは寝返って、麻薬王・ブラガの右腕・カンポスという存在を自白します。レース参加の手筈もパークがつけ、FBIの追跡用発信器をつけたブライアンが参加することにしました。
ドミニクはドミニクで、レースをかぎつけてエントリーします。

【転】- ワイルドスピードMAX4のあらすじ3

レースでかちあった2人は、そこで金髪の男・ドワイトと、カンポスを名乗る角刈りの男(彼がブラガ)と会います。レースは道路封鎖などはせずに、ナビに入ったゴール目指して行くというものでした。
レースに優勝した者は運び屋になれるとのことで、ドミニクは何を運ぶのか質問しますが、角刈りの男は「レースに勝てば教える」と答えます。
4人がレースにエントリーしますが、ブライアンよりも先にドミニクがゴールしました。運び屋はドミニクに決まり、ドミニクは指紋認証を受けます。その際、カンポスの部下の若い美人女性・ジゼルがドミニクに迫りますが、ドミニクは相手にしませんでした。
ドミニクはクラブに行き、ブライアンも追って行きます。ブライアンはFBIが麻薬組織を潰すから手出しするなとドミニクに釘を刺しますが、ドミニクは自分で復讐したいと答えました。
そこでブライアンは、カンポスとブラガと思しき人物のグラスを入手し、FBIに指紋照会させます。
FBIはブライアンが停まった居場所をチェックしますが、音でばれそうになったのでブライアンは発信器を消しました。
ドミニクとブライアンは運び屋の仕事をすることになります。2人は運転席に乗ったまま、車両ごと大きなトラックに積み込まれて運ばれました。FBIがなかなか見つけられないわけです。
国境付近はヘリや熱を感知する機械があるので気をつけろと、2人は注意を受けました。運び屋のリーダー的存在のフェニックスなる人物とは、砂漠で合流するそうです。
US国境(メキシコ側)。
現在は使われていない廃坑らしきトンネルを使って、密輸を行ないます。トンネルの入り口は昼間はダミーの蓋がされていて、外部の者は分からない仕組みになっていました。
深夜、ドミニクとブライアンは、フェニックスが先導する車に案内されて「無灯火で」国境を通過します。
仮に熱反応が察知されても、国境警備隊が配置される前に通過するように、速い速度を出せるレーサーが必要でした。現にドミニクらも熱反応を察知されます。
運ぶ仕事を成功させた後、ドミニクはフェニックスこそがレティを殺した相手だと気づきました。フェニックスは輸送が終わるとドライバーを射殺していました。レティも何かの理由で麻薬運びの仕事をして、それで殺されたのです。
ドミニクはわざとニトロのガスを車内に満たして車から降り、シガーソケット(熱コイルになっていて、充電が完了すると元に戻る)で時限式爆弾代わりに使いました。
車が爆発を起こし、他の車両も巻き添えになります。ドミニクは右肩を撃たれますが、ブライアンが集めた麻薬を積載している車を奪い、ドミニクを連れてその場を去りました。

【結】- ワイルドスピードMAX4のあらすじ4

FBIはドミニクを連れて来いと命令しますが、ブライアンは従いません。6000万ドル(約66億円)相当の麻薬を積んだ車は盗難車両の保管所に隠し、ブライアンはドミニクをミアの元へ連れ帰りました。
ミアがドミニクの手当てをして3人で食事をした後、ドミニクはレティの遺品の携帯着信履歴に、ブライアンの名があるのを見て問いただします。
実はレティはFBIとブライアンに協力して、潜入捜査官としてブラガに接近していました。なぜ彼女を捜査に入れたと怒るドミニクに、ブライアンは「彼女がそう望んだからだ」と答えます。
レティはドミニクの指名手配を解くために、FBIに捜査協力を申し出ていました。協力する代わりにドミニクの指名手配を不問にするというつもりでした。ドミニクとアメリカで一緒に暮らすためです。
真相を知ってショックを受けるドミニクに、ブライアンは「守れなくて悪かった」と謝りました。ドミニクは黙って去ります。
ブライアンはFBIに行くと、ブラガを挙げることを条件にドミニクを無罪にしてくれと改めて頼みます。
ジゼルに電話してカンポスに代わってもらい、現金600万ドル(約6億6000万)と引き換えに、奪った麻薬を渡すと言いました。ただし、ブラガ本人が持って来いと告げます。
取引現場にはフェニックスとブラガのほかに、「自称ブラガ」というしぶい男性が現れました。ブライアンは慎重に応対しますが、FBIの上司が功を焦ってSWATに突入させます。結果、本物のブラガは逃げおおせ、偽者ブラガが確保されました。上司はブライアンの責任にします。
ブラガのアジトはメキシコのテカールで、FBIの管轄外でした。
カンポス(本当はブラガ)の右腕・ジゼルが、ブラガの居場所を教えて去ります。ドミニクはフェニックスに復讐を果たすために行き、ブライアンも同行しました。
ブラガはメキシコの教会で神父と会っているところを、ブライアンとドミニクに急襲されます。ボディガードは外で見張りをしており、ブラガはひとり(神父がいるのみ)でした。ブライアンはブラガを連行します。
通報を受けて駆け付けたフェニックスは、手下を大勢(十数台ほど)連れて、ブラガを連行するブライアンの車を追いました。手下はいさんで銃撃し始めますが、ブライアンの助手席にはブラガが乗っているので、フェニックスは発砲を止めます。
ブライアンは廃坑トンネルで逃げました。フェニックスがブライアンの車に追突して横転させ、ブラガを助けます。
フェニックスがブライアンを撃とうとした時、手下を片付けたドミニクの車が接近しました。よけようとしたフェニックスの足をブライアンが掴み、ドミニクはフェニックスを轢きます。フェニックスは車の間に挟まって死にました。
ブラガは生きたまま逮捕されます。ドミニクも逮捕されました。
裁判が始まり、ドミニクのブラガ逮捕の功績は認められたものの、懲役25年の刑が言い渡されます。
ドミニクが乗った、ロンポック刑務所へ移送する護送車に、3台の車が近づきました。ブライアンと、ミアと、ローマン&テズの車です。
3台の車は護送車を取り囲み、それを知ったドミニクは苦笑しました。

みんなの感想

ライターの感想

『ワイルド・スピード』第4弾。
第1弾ではドミニクとブライアンの出会い、第2弾ではその後のブライアンの活躍(ドミニクは出演せず)、第3弾ではハンが出演(しかし中盤で事故死する)、ラストでドミニクが登場するも主人公は別物。
今作品の第4弾から、いよいよブライアンどドミニクのタッグが始まる。
この第4弾から以降の作品は、カーチェイスもだが、人間模様が深く描かれているので、「熱くなれる」こと間違いなし。
以降、第7弾まで人間ドラマも見逃せない話となる。
ちなみに今作品のブラガの正体については、割に初手の段階から気づく可能性も多い。隠すほどのことでもなかったのでは、とも思った。

映画の感想を投稿する

映画「ワイルドスピードMAX4」の商品はこちら