「ワイルドバンチ」のネタバレあらすじ結末

ワイルドバンチの紹介:1969年製作のアメリカ映画で、時代に取り残される老いたアウトローの姿を描いた叙事詩的西部劇。サム・ペキンパー監督の圧倒的な演出による生々しいバイオレンスシーンは論争を呼び、興行収入面でも大きな成功を収めた。強盗集団「ワイルドバンチ」が金のため、そして仲間のために戦う姿を描いていく。

予告動画

ワイルドバンチの主な出演者

パイク(ウィリアム・ホールデン)、ダッチ(アーネスト・ボーグナイン)、ソーントーン(ロバート・ライアン)、サイクス(エドモンド・オブライエン)、ライル・ゴーチ(ウォーレン・オーツ)、テクター・ゴーチ(ベン・ジョンソン)、エンジェル(ジェイミー・サンチェス)、マパッチ将軍(エミリオ・フェルナンデス)

ワイルドバンチのネタバレあらすじ

【起】- ワイルドバンチのあらすじ1

舞台は20世紀初頭、アメリカ・テキサス州南部のとある街。街はずれで子どもたちが木箱の中で蟻に食われる蠍を無邪気に見つめている横を、馬に乗って通過していく男たちの姿がありました。男たちの正体は「ワイルドバンチ」という強盗団で、白人とメキシコ人の仲間を統率していたのはパイクという老いた白人アウトローです。パイクはこの街の銀行に銀貨があるという噂を聞きつけ、街に入るやいなや銀行に強盗に入りますが、一行はすぐに隣の建物から狙撃隊が控えていることに気づきます。狙撃隊を率いるのはソーントーンという男で、元はワイルドバンチの一員でした。保安官に捕まったソーントーンは、刑の執行猶予と引き換えにパイクを捕らえる道を選んでいたのです。

ソーントーンが率いているとも知らず、パイクたちは狙撃隊に銃撃戦を仕掛け、街は一瞬で惨状と化します。ソーントーン、パイク両陣営はそれぞれ大きな被害を出し、一般市民も巻き添えで多くの死傷者を出していました。そんな中でも、パイクはダッチ、ゴーチ兄弟、メキシコ人のエンジェルを連れてなんとか逃亡に成功します。街はずれにたどり着いたときには、子どもたちが蟻に食われる蟻が入った木箱に火をつけ笑っていました。

その後もパイクたちは逃走を続け自らの根城に戻りますが、銀行から奪った銀貨の袋を開けてみると、中はただの鉄くずでした。ここでようやく自分たちがおびき寄せられていたことに気づくパイクたち。そして、その背後にはかつての仲間ソーントーンがいることを確信します。パイクは今回の仕事を最後にしようと考えていましたが、やむなくもう一度強盗をせざるをえない状況になってしまいます。パイクはダッチ、ゴーチ兄弟、エンジェル、そして根城で待機していたサイクスを連れ、メキシコの街アグアベルテに向かうのでした。

まさにそのとき、パイクとソーントーンはそれぞれ同じ過去を振り返っていました。一仕事を終え、パイクは女たちを侍らせながらソーントーンに「俺を信頼しろ」と言葉を掛けていました。しかし、その直後に保安官が部屋に押し入り、ソーントーンは逮捕、パイクは仲間を見捨て逃亡します。パイクとソーントーンはお互いに対してわだかまりを持っていました。

【承】- ワイルドバンチのあらすじ2

アグアベルテまでの道中、パイクたちはエンジェルの故郷の街に立ち寄りますが、街は政府軍に略奪され、女子供や老人しかいない状態になっていました。エンジェルは略奪を主導し父親を殺したマパッチ将軍に強い恨みを持ちますが、それ以上にショックだったのは恋人テレサが自ら進んでマパッチ将軍の愛人になったことでした。その一方で、街の人々はささやかながらもパイクたちのために宴会を開き、パイクはそのひとときに心の癒しを得るのでした。

その後、パイクたちは政府軍の駐屯地を訪れました。そこで、エンジェルは恋人テレサと再会します。テレサは故郷の村の貧しさを嫌悪していることをエンジェルに伝え、平然とマパッチ将軍と戯れ始めました。恋人の豹変に逆上したエンジェルは、テレサをその場で射殺し、政府軍に捕らえられてしまいます。

その一方で、パイクたちはアメリカ軍の銃を持っていることに目をつけられ、将軍の酒の席へと招かれることに。その場で、パイクたちはアメリカ軍の列車を強盗し、武器を奪うよう政府軍から依頼されます。メキシコ政府はアメリカ軍の武器が欲しくてたまらないものの、アメリカとの友好関係を維持したいという事情がありました。そこで、ならず者のパイクたちに代わりに強盗させることを思いついたのです。

高額の報酬を提示されたパイクたちはその依頼を受け入れ、エンジェルの釈放も勝ち取ります。エンジェルは故郷の村を攻撃した政府軍のために働きたくないと主張しますが、奪った銃の一部を自衛の手段として村の人々に分け与えることを提案されると、強盗計画を受け入れるのでした。

その頃、ソーントーンはパイクたちの行動を予測していました。アグアベルテでマパッチ将軍と接触すれば、アメリカ軍の列車強盗を必ず持ちかけられるはず…そう確信したソーントーンは粗野な囚人たちを率いて武器を運ぶアメリカ軍の貨物列車に乗り込むのでした。

【転】- ワイルドバンチのあらすじ3

パイクたちはアメリカ軍の列車が燃料補給で停車しているところを襲撃し、護衛の兵士を一人ずつ降伏させていきました。そして、武器を載せた先頭列車を切り離し、数キロ先にある荷馬車の元へと発進させることに成功します。異変に気づいたソーントーンはすぐさま馬を出し追走しますが、その後をアメリカ軍が猛追してきました。兵器がパイクたちに盗まれたときアメリカ軍の兵士は皆居眠りをしており、強盗の犯人をソーントーンと勘違いしてしまったのです。こうして、パイクら強盗団、ソーントーンら追跡隊、そしてアメリカ軍による三つ巴の銃撃戦が繰り広げられることになってしまいます。

橋を爆破したことでパイクたちはひとまず難を逃れることに成功し、さらに、崩れつつあった連携を再び取り戻しました。しかし、ソーントーンはなおも追跡をやめておらず、パイクは後方に目を光らせ続けねばなりませんでした。加えて、パイクはマパッチ将軍への対策にも迫られていました。パイクはマパッチ将軍を信用しておらず、報酬を支払わず武器を強奪しようとしてくると予想していたのです。

エンジェルの仲間への武器引渡しも完了し、あとはマパッチ将軍に残りの武器を引き渡すだけとなりましたが、その道中、パイクら一行はマパッチ将軍配下の大軍に取り囲まれてしまいます。パイクの予想通り、マパッチ将軍は武器強奪を実行に移したのです。しかし、パイクは武器にダイナマイトを事前に仕掛けており、さらにアメリカ軍の最新式の機関銃をマパッチ将軍の部下に向けました。これにマパッチ将軍の部下はひるみ、パイクは有利な立場を利用してマパッチ将軍との面会の約束を取りつけることに成功します。マパッチ将軍と面会したパイクは、巧みな交渉術で報酬額を引き上げ、さらに自らの安全を得るために複数回に分けて武器を引き渡す条件を飲ませるのでした。

引渡しは順調に進み、いよいよパイクたちは最後の引渡しを迎え、ダッチとエンジェルが武器を持ってマパッチ将軍の元を訪れていました。ところが、引渡しが終わるとエンジェルはマパッチ将軍に罪人として捕らえられてしまいます。テレサの母親が娘を殺されたことを恨み、エンジェルが武器を村に横流ししたことをマパッチ将軍に密告したのです。

何もできずその場を後にしたダッチは、パイクにありのままを報告しました。ちょうどそのとき、ソーントーンら追跡隊が間近に迫ってきており、単独行動をしていたサイクスが重傷を負いながらも必死に逃走していました。パイクはサイクスを見捨て、身の安全を確保するためにマパッチ将軍のいる村へと身を寄せることを決めますが、一行が村に着くと、そこにはなぶりものにされ、血まみれになったエンジェルの姿がありました。パイクはエンジェルを解放するよう掛け合いますが、マパッチ将軍は聞く耳を持とうとしませんでした。

【結】- ワイルドバンチのあらすじ4

その後、パイクたちには女があてがわれましたが、その間もエンジェルへの暴力は続いていました。時間が流れ、パイクたちはエンジェルを救出する決意を固めます。一行はライフル銃を片手にマパッチ将軍の元へと赴きました。村人と兵士に囲まれながら宴会を楽しむマパッチ将軍に、パイクは「仲間を返せ」と要求しました。すると、マパッチ将軍自らエンジェルをパイクに引き渡そうと立ち上がりました。しかし、引き渡す直前、マパッチ将軍はエンジェルの喉をナイフで切り裂いてしまいます。パイクたちはすかさずマパッチ将軍に銃を放ちました。

マパッチ将軍の死から数秒間の沈黙を経て、パイクたちとメキシコ政府軍との激しい銃撃戦が始まりました。数的には圧倒的に不利ではあったものの、パイクたちは機関銃を奪い奮戦します。銃撃戦は長時間に及び、パイクたちは政府軍の戦力の大半を倒しますが、ついに全員銃弾に倒れ壮絶な最期を迎えました。村は全滅状態となり、人肉を求めてハゲタカが群がり始めました。そこに、ソーントーンが現れました。ソーントーンはかつての友人のパイクの元に行き、彼のホルスターから拳銃を取り出しました。そして、村の塀に腰掛けていると、追跡隊の囚人たちが駆けつけ略奪を始めました。やがて、囚人たちはパイクたちの遺体を抱えて出て行き、生き残った人々もまた村を後にしました。

それからしばらくしてから、遠方で銃声が鳴り響きました。その後、サイクスが仲間を連れてソーントーンの前に姿を現しました。サイクスはエンジェルの故郷の村人に助けられていたのです。サイクスは追跡隊の囚人たちを全員殺したと言い、ニヤニヤと笑顔を浮かべてこれから仲間とともに強盗しに行くことをソーントーンに伝えました。そして、サイクスはソーントーンに仲間に加わるよう誘いを持ちかけます。ソーントーンは力なく笑いながら立ち上がり、サイクスとともに村を出発しました。

「疲れきった翼で行方さえ知れずに
ツバメは一体どこに飛んでゆくのだろうか
当てなど一つなく まだ見ぬ隠れがを求めて
ああ神様 私はもう飛べない
夢に見るのは愛の寝ぐら
だけどすげなく愛は飛び去る」

哀愁漂うメロディと在りし日のパイクたちの後ろ姿を映しながら、物語は幕を閉じます。

みんなの感想

ライターの感想

食われる蠍とそれを笑いながら眺める子どもたち、銃弾を抱えながら赤子に乳を与える母親…残酷さと無邪気さを同時に映す映像が劇中印象的に挿入され、物語全体の持つバイオレンスな雰囲気を一層深めています。特に、大量の蟻に食われる大きな蠍の姿は、ラストシーンの大軍vsワイルドバンチを象徴しているかのようで、一つ一つの場面に意味を込めた演出には驚かされます。

映画の感想を投稿する

映画「ワイルドバンチ」の商品はこちら