「亡国のイージス」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

亡国のイージスの紹介:2005年公開の日本映画。福井晴敏の同名小説を、阪本順治監督が映画化。鉄壁の防御を誇る海上自衛隊のイージス艦でのクーデター事件が勃発し、巻き起こる騒動を描く。

亡国のイージスの主な出演者

仙石恒史(真田広之)、溝口哲也〔ヨンファ〕(中井貴一)、宮津弘隆(寺尾聰)、渥美大輔(佐藤浩市)、如月行(勝地涼)、梶本幸一郎(原田芳雄)、瀬戸和馬(岸部一徳)、山崎謙二〔ドンチョル〕(安藤政信)、竹中勇(吉田栄作)、風間雄大(谷原章介)、杉浦丈司(豊原功補)、若狭祥司(光石研)

亡国のイージスのネタバレあらすじ

【起】- 亡国のイージスのあらすじ1

海上自衛隊護衛艦『いそかぜ』が、海上訓練の最中に某国のテロリスト・ヨンファと副艦長・宮津によって乗っ取られました。ヨンファは海上訓練指導隊(FTG)の溝口三佐と名乗ります。
その頃、防衛庁情報局『DAIS』の調査官・如月は艦長の死体を見つけ、独自に調査を開始します。
テロリストが乗組員の離艦を要求し、それがなされない場合にはいそかぜを撃沈させると通告しました。
官員たちをまとめる立場の先任伍長・仙石は、いそかぜを乗っ取ろうとする人物がひそかに艦内にいると知らされ、不審人物・如月を捕まえて、副艦長たちに引き渡します。 この映画を無料で観る

【承】- 亡国のイージスのあらすじ2

しかしその時、仙石は宮津や溝口の態度に違和感を覚えました。乗組員の離艦が要求されているのに、幹部たちは誰一人離艦しないのです。
そこで仙石は一度離艦した後、船底にある爆破口からいそかぜに戻りました。
そこで仙石は真実を知ります。宮津と溝口こそがテロリストで、自分が引き渡した如月は調査官であったと。
溝口と宮津は日本政府に要求を突き付けました。
・辺野古ディストラクション(爆薬基地の崩落事故)の真相の公表
・自衛官候補生の死の真相の公表
・自衛官候補生の論文の、大手新聞社の紙上への全文掲載
タイムリミットは10時間後です。

【転】- 亡国のイージスのあらすじ3

この事件よりも前に沖縄の米軍基地から特殊兵器・GUSOHが盗まれておりました。GUSOHはわずか1リットルで東京中の生物を死滅させる威力を持つ化学兵器です。
政府側はGUSOHの中和を果たす役割を担う爆薬『テルミット・プラス』の使用を検討しました。
仙石は艦内で如月をまず救出します。仙石と如月は協力して行動を開始しました。
艦の照明設備を使ってモールス信号を送ろうとしましたが、電源が切られていて無理です。
いそかぜを追尾した潜水艦『せとしお』が工作部隊を派遣しようとしますが、如月と仙石は魚雷を発射して阻止しました。工作部隊を殺すのが溝口たちの目的だからです。 この映画を無料で観る

【結】- 亡国のイージスのあらすじ4

襲撃に遭った如月が海中に落ちますが爆破口に掴まり、仙石が内から助けました。
溝口と宮津の意見が分かれ、GUSOH使用をためらう宮津を溝口が襲います。仙石はGUSOHの置き場所を宮津に聞き、溝口を追います。
腹部を刺されますが、仙石は溝口を撃ってGUSOH起動を阻止しました。溝口は死にます。
仙石は手旗信号でGUSOH確保を知らせ、政府はテルミットプラスでの爆撃を中止しました。仙石は救出されます。
しかしいそかぜは舵が壊れ、止める手段がありません。宮津は爆弾を爆破させ、自分ごといそかぜを撃沈しました。
…後日、復帰した仙石に送られてきた絵から、仙石は如月の無事を確認しました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「亡国のイージス」の商品はこちら