「十三人の刺客(2010年)」のネタバレあらすじ結末

十三人の刺客(2010年)の紹介:2010年公開の日本映画。1963年の傑作時代劇を鬼才・三池崇史監督が、役所広司、山田孝之ら豪華キャストとともに再映画化。300人の敵陣に13人で戦いを挑んだ男たちを描く。50分ものチャンバラシーンが見所。

この映画を無料で観る

予告動画

十三人の刺客(2010年)の主な出演者

島田新左衛門(役所広司)、島田新六郎(山田孝之)、倉永左平太(松方弘樹)、三橋軍次郎(沢村一樹)、平山九十郎(伊原剛志)、佐原平蔵(古田新太)、小倉庄次郎(窪田正孝)、木賀小弥太(伊勢谷友介)、松平左兵衛督斉韶(稲垣吾郎)、鬼頭半兵衛(市村正親)、牧野靭負(松本幸四郎)

十三人の刺客(2010年)のネタバレあらすじ

【起】- 十三人の刺客(2010年)のあらすじ1

まだ将軍の権力が強い江戸時代、弘化元年(1844年)。
将軍の異母弟にあたる明石藩主・松平斉韶(なりつぐ)が暴虐の限りを尽くしており、それを訴えるために明石藩江戸家老・間宮図書が筆頭老中・土井大炊頭屋敷の前で切腹、自害しました。
斉韶の異常性や暴君ぶりが、幕府の要人たちの間で知られることとなります。しかし斉韶は将軍の弟という地位にあり、翌年には老中になると決まっています。
表立って行動を起こせない筆頭老中・土井は、斉韶暗殺を決断し、お目付役の島田新左衛門に命令しました。
島田新左衛門は、斉韶の所業を調べます。 この映画を無料で観る

【承】- 十三人の刺客(2010年)のあらすじ2

斉韶は、尾張藩士・牧野靭負の息子・采女の嫁・千世を手籠め(レイプ)して采女を殺しました。千世も自害します。
またある村では、斉韶は女の両親を殺し、女を弄んだ挙句、手足を斬り落として捨て置きました。
島田新左衛門は暗殺決行のため、刺客を募集します。甥の新六郎はじめ、11人(新左衛門を含めると12人)の剣豪が集まりました。
新左衛門は、斉韶の参勤交代で立ち寄る要所の宿で襲撃する作戦を立てます。道を限定するため、先の尾張藩士・牧野靭負に協力を乞い、通行の妨害をさせました。牧野は手助けします。
そうして斉韶の一行をみごと、落合宿までおびき寄せました。

【転】- 十三人の刺客(2010年)のあらすじ3

新左衛門は先に三橋らを落合宿まで向かわせ、宿(宿場町)をまるごと買収します。
斉韶たちが落合に向かったのを確認し、新左衛門らは山道で先回りしようとして迷い、山の民・木賀小弥太と出会いました。小弥太はおかしらの女に手を出した罪で、仲間から外され、網で木に宙吊りにされていました。
小弥太も仲間に加わり(13人目)、近道して落合に行きます。
爆弾の準備までして斉韶を待ちますが、斉韶らは一向に現れず、新左衛門ははらはらしました。
その頃、斉韶の御用人(庶務、伝達係)・鬼頭は落合で新左衛門らが仕掛けてくると察知し、300人の手勢を用意します。大人数で落合宿に入りました。

【結】- 十三人の刺客(2010年)のあらすじ4

斉韶に両手両足を斬られた女性が筆を口で咥えて書いた「みなごろし」という文字を掲げた新左衛門は、斉韶の300人の軍勢にたった13人で立ち向かう名乗りを挙げました。
大橋を爆破させて退路を断ち、斬り合いが始まります。小弥太は侍ではなく刀の使い方が分かりませんので、大きな石を布に入れて振りまわし戦います。
斉韶と鬼頭だけになったところを新左衛門と新六郎が対峙し、新左衛門は合い討ちで命を落としますが、鬼頭と斉韶の2人を殺しました。
生き残ったのは新六郎だけです。
戦いに疲れた新太郎は、奔放に生きた小弥太の幻影を見ながら、芸妓・お艶のところへ行きました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「十三人の刺客(2010年)」の商品はこちら