「少林サッカー」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

少林サッカーの紹介:2001年製作の香港映画。脚の怪我が原因で引退した元サッカー選手が、偶然見かけた少林拳の達人・シンとその兄弟弟子達によるサッカーチームを結成し、共に全国制覇を目指しながら誇りを取り戻していくという内容。

予告動画

少林サッカーの主な出演者

シン(チャウ・シンチー)、ファン(ン・マンタ)、ハン(パトリック・ツェー)、ムイ(ヴィッキー・チャオ)、鉄の頭〔大兄〕(ウォン・ヤッフェイ)、旋風脚〔二兄〕(モク・メイラム)、鎧の肌〔三兄〕(ティン・カイマン)、魔の手〔四兄〕(チャン・クォックァン)、空渡り〔六弟〕(ラム・チーチョン)

少林サッカーのネタバレあらすじ

【起】- 少林サッカーのあらすじ1

20年前…。
「黄金の右脚」と呼ばれる一流選手・ファンは、香港のサッカー界に君臨していました。お腹に「黄金右脚」という入れ墨も入れています。
ある試合で同じチームの選手・ハンに「八百長試合を引き受けてくれないか」と頼まれ、小切手を受け取ったファンは、PKをわざと外しました。
チームのファンは怒ってフィールド内になだれこみ、ファンは木の棒で殴られます。この時の怪我が元で、ファンは足に後遺症が残り、ひきずるようになりました。
…20年後。
ファンに八百長試合を頼んだハンは、強豪サッカーチーム〝デビル〟の監督を務めており、サッカー界での重鎮に納まっていました。ファンはその下で雑用係をしています。
八百長試合の小切手は不渡りで、しかもファンを襲って怪我をさせたのもハンの差し金でした。ファンは騙されたのですが、気づいた時はもう遅く、足をひきずるファンにできることはありません。
新設するサッカーチームの監督を指名するという約束までをも反故にされたファンは、絶望に暮れて街をさまよい、巨大スクリーンに映ったサッカー試合を見て「あの蹴りじゃ駄目だ」と呟く青年と出会いました。
その青年は少林拳の達人・シンで、全身を使う中国武術の極意を体得したと言います。「蹴りは『腰馬合一(腰と脚が一体となる)』でないとならない」と発言したシンは、実はただの清掃員でした。
しかし一人前に名刺を用意しているシンは、それをファンに渡します。
道を歩いて転ぶ女性を見て、縦列駐車に手間取る女性を見て、剪定に時間をかける男性を見て、ハンは「少林拳さえ習っていれば」とばかにし、さらにファンの脚についても「不自由でも少林拳を習える」と言いました。
揶揄されたと感じたファンは血相を変え、名刺を空き缶に突っ込むとシンに投げつけますが、シンはそれが地面に落ちる前に遥か遠くまで蹴りました。ファンは怒りながら去ります。
シンは缶を蹴った後、穴の空いている靴を気にしながら饅頭屋に行きました。そこで見事な太極拳を用いて饅頭を作る若い女性・ムイと出会います。
ムイは顔中に赤いにきびや吹き出物があり、それを気にして自信を持てずにいる女性でした。シンはムイの手さばきに感心し、ムイを美人だと褒めます。確かにムイは美人なのですが、にきびを気にするムイにとっては、それがただのお世辞か皮肉にしか聞こえません。
しかしシンは大まじめにムイを褒めているのです。シンは感動を歌にし、作曲家志望の男性やダンサーが夢だった男性たちが次々に触発されて、踊り始めました。

【承】- 少林サッカーのあらすじ2

シンは饅頭の代金にと穴の空いた靴を置いて去り、一度はその靴を捨てたムイですが、こっそり穴部分にアップリケを施します。
現在清掃員に身をやつしている通り、シンは少林拳を学んだものの、それを活かす場所を見いだせずにいました。それは兄弟子・弟弟子も同じです。
後日、小便禁止のところで立ちションしたファンは、シンに投げたあの缶が壁にめりこんでいるのを発見して驚愕しました。缶を抜くと壁は崩れ、壁の反対側ではシンが不良グループに絡まれています。
「ケンカをしない」と言ったシンは、キックで応戦し「サッカーをしに来ただけだ」と答えました。不良チームを撃退したシンに、ファンは一緒にサッカーをしようと誘います。
少林拳をサッカーに活かす…いいアイデアだとシンは思い、自分と同様、少林拳を極めたものの活かせずにくすぶっている兄弟子と弟弟子に声をかけました。
ムイに会いに行ったシンは、アップリケつきの靴を返してもらい、感激します。
大兄(一番目の兄弟子)はナイトクラブで店主にこき使われていますが、かつては〝鉄の頭〟と言われた男でした。四兄(四番目の兄弟子)は半年間無職で職探しをしている〝魔の手〟と呼ばれる男です。
三兄(三番目の兄弟子)は証券会社で働く眼鏡をかけた堅実そうな青年で、〝鎧の肌〟と呼ばれています。二兄(二番目の兄弟子)は食堂の便所掃除改め、現在は皿洗いをしていますが、〝旋風脚〟と呼ばれる脚の持ち主でした。
そしてシンの弟弟子〔六弟〕は、現在は雑貨店で働く一介の肥満男性ですが、かつては軽功(けいこう 身体を軽くする技)を極めた〝空渡り〟と呼ばれる男でした。
みな一度はシンの誘いを断りますが、胸には響いており、5人の仲間たちは集まります。かくてシンも入れた合計6人の少林拳の使い手は、ファンを監督に迎えてサッカーの特訓を開始しました。
サッカーのルールも知らない6人に、ファンは基礎練習から叩きこみます。卵を割らずに脚で蹴れと指示します。シンの上達はめざましいものでしたが、ファンはチームワークの大切さも説きました。
シンと揉めた不良グループを相手に練習試合を行ないますが、シン以外のメンバーたちはまだやる気を見せません。身体もなまっています。
反則で攻撃されるシンを見て、さらにパンツをかぶって医者に行けと大兄がばかにされ、メンバーは覚醒しました。忘れていた少林拳を思い出したメンバーたちは、圧倒的な力で不良グループを倒しました。
不良グループも感激し、チームに入れてくれと言い始めます。頭数が揃いました。

【転】- 少林サッカーのあらすじ3

ファンはサッカーのチーム名を〝少林〟と決め、2年に1度のサッカー大会にエントリーします。優勝すると100万元(約1億8500万円)貰えます。
大会の委員長は〝デビル〟の監督で、ファンを裏切ったにっくき相手、ハンでした。ハンはエントリーに現れたファンが引き連れたシンたちを見てばかにし、出場を認めるばかりか参加料も出してやろうと言います。勝つ見込みがないと踏んだのでした。
大会への出場が決まったシンは、饅頭屋のムイを誘って閉店後のデパートを案内し、もし優勝したらどれでも好きな服を買ってやると言いました。
ムイはドレスにうっとりしながらも、「服じゃなくてスニーカー(靴)が欲しい」と言います。
閉店後のデパートに入れたのは、シンがそのデパートの清掃員だったからでした。それを知ったムイは笑いながらも、嬉しく思います。
対戦が始まりました。チーム・少林のユニフォームは黄色い道着で、ゴールキーパーの〝魔の手(四兄)〟だけ、ブルース・リーが映画で着用していた黄色いトラックスーツを着て臨みます。
試合開始のホイッスルが鳴ると同時に、センターからいきなりシンがシュートを決めました。何度やっても長距離シュートを決め、試合相手は「普通のサッカーをさせてくれ」とぼやきます。試合結果は40-0で、少林の圧勝でした。
チーム・少林は怒涛の快進撃を続け、マスコミにも注目されます。
その頃ムイはすっかりシンに恋をして、化粧がケバくなっていました。店長の娘に叱られながらも、ムイとしてはおしゃれしているつもりです。
ムイはシンに告白しますが、シンは告白されていることに気づかず「友人だ」と言いました。ムイは落胆します。
勝てば決勝、という試合で、女性の飛龍コンビという手ごわい相手に当たり、ゴールで苦戦しましたが、チーム・少林は決勝への駒を進めました。
決勝戦を前に、ハンがファンに裏取引を持ちかけます。20年前と同じで、小切手を渡すから決勝戦では負けろというものでした。
但し今回は本物の小切手だと金をちらつかせるハンですが、ファンは「俺は貪欲だが、求めるのは金ではなく優勝杯だ」と言って、八百長試合を断ります。
決勝戦の試合のチケットを渡そうと思って饅頭屋を訪れたシンは、ムイが店を辞めたと聞きました。それまでおいしかった饅頭が、塩辛くなったのです。
ここに至ってやっと、シンはムイの自分への思いに気づきますが、ムイはもう姿を消した後でした。

【結】- 少林サッカーのあらすじ4

スタジアムで開かれる決勝戦の相手は、強豪サッカーチーム〝デビル〟です。
「ただ勝ってもつまらん。刺激的にいこう」と言ったハンは、選手たちにアメリカの新薬(違法薬物)を投薬しました。さらに主審、副審、大会関係者も味方につけます。
試合が始まりますが、筋肉が増強された今までにない相手に、シンたちは苦戦を強いられました。〝デビル〟が反則しても審判は見なかったことにし、シンも脚を痛めつけられます。
ゴールキーパーが攻撃を受けて倒れたのを皮切りに、ひとりまたひとりと〝少林〟のメンバーが倒れていきました。
前半戦が終了した時点で、〝少林〟は8名にまで減っています。7人になったら試合が続行できません。
〝少林〟が7人になり、試合不可能かと思われた時、坊主頭にしたムイが助っ人に現れました。おしゃれに迷走したムイは、最終的にどんな髪型にしたらよいのか分からなくなり、頭を剃ったのです。
ゴールキーパーとして登場したムイですが、実はサッカーのルールはてんで知りません。
ゴールポストに頭をぶつけたり(前方を見ていなかった)、敵方のゴールエリアを守ったりします。
危険極まりなく〝デビル〟側のシュートの餌食になるかと思われた〝少林〟でしたが、守らせてみるとムイは太極拳で全てのボールを退けました。ボールどころか、選手が妨害で蹴った靴まで全て集めて、ひとつに丸めて返すありさまです。饅頭作りの要領&極意でした。
ボールをパスされたシンも熱意を燃やし、シュートはハリケーンになります。〝デビル〟のゴールキーパーは吹き飛ばされて全裸になり、選手たちも飛ばされました。
ゴールポストも吹き飛んでいますが、確かにボールはシュートされていました。
シュートを決めた後に気絶したシンでしたが、気づくと〝少林〟は勝っており、シンは胴上げされていました。〝少林〟が優勝します。
後日、新聞記事の見出しに〝少林 デビルを倒し全国制覇〟〝デビル 禁止薬物使用〟〝ハン監督に懲役5年〟という文字が踊っていました。
…シンとムイの活躍で少林拳があまねく知られ、武術ブームとなります。
道を歩く女性はすべっても転倒しなくなり、縦列駐車に手間取っていた女性は気で押しこみ、剪定する男性の手さばきも好調です。乗り遅れた乗客がバスに飛び乗ることもできます。
雑誌『TIME』の表紙を〝カンフー・カップル 武術ブームを起こす〟〝世界ボウリング大会2連覇〟という文字と、シンとムイの姿が飾っていました。

みんなの感想

ライターの感想

莫迦莫迦しいです。でも、観客を楽しませようという気合いは充分伝わります。
よくこれだけできるなあ…あっぱれ。
サッカーのルールを知らなくてもじゅうぶん楽しめます。
というか、サッカーのルールなんて、あってなきがごとしです。
いわゆる「王道」でもあります。卑怯な者相手に、弱者が最後は勝つといった映画。
CGがわざとらしいんですが、くどくない程度にわざとらしくやってくれる。
〝デビル〟チームの選手は途中、水中で何やら特訓のようなものをしていたんだが、
あれはなにを鍛えていたんだろう…。
楽しければストーリーはどうだっていいのだ。
  • ひきちゃんさんの感想

    観て楽しいし展開が、良くスピードで早く飽きさせない映画でした。しかし日本人にとって弱い者を殴るシーンや食べ物の上に靴を置いたりするのが、残念です。最後の古き靴の初心に戻る心が、心打ちます。2作目を制作すると言ってたので楽しみにしていますが、今のところまだみたいなのが、残念

映画の感想を投稿する

映画「少林サッカー」の商品はこちら