「嵐の勇者たち」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

嵐の勇者たちの紹介:1969年公開の日本映画。日活の実力派俳優陣が勢揃いし、舛田利雄が監督を務めた極上のエンターテイメントアクション。パーティで時価1億円のダイヤをつけた女性が誘拐される事件が発生し、身代金を要求する電話がかかってくるが…。

この映画を無料で観る

嵐の勇者たちの主な出演者

島地陶介(石原裕次郎)、神崎明(二谷英明)、浜野(浜田光夫)、藤木(岡崎二朗)、川辺(川地民夫)、唐沢恭(渡哲也)、太郎(藤竜也)、浅見真吾(内田良平)、生駒正光(柳永二郎)、志摩亜紀子(浜美枝)、冬子(吉永小百合)、理江(山本陽子)、佳代(梶芽衣子)、大門五郎(宍戸錠)

嵐の勇者たちのネタバレあらすじ

【起】- 嵐の勇者たちのあらすじ1

暴力団の関東共栄連合会が結成祝賀パーティーを開き、沢山の人が出席しました。
その中には、車椅子に乗った神崎を押す元刑事・島地の姿もありました。島地と神崎は、浜野や川辺らと組んでいます。
パーティの途中、会長・生駒が、孫ほども年齢の離れた若い女性・亜紀子との婚約を発表します。
亜紀子は婚約記念に贈られた、時価1億円にあたる120カラットのダイヤモンドを胸部分にちりばめたドレスを着ていました。
お披露目の直後に停電が起こり、そのわずかな隙にダイヤモンドと亜紀子が消えます。
ダイヤを狙った島地たちの他に、別のグループが亜紀子を狙っており誘拐したのです。島地たちはダイヤを得ましたが、偽物でした。 この映画を無料で観る

【承】- 嵐の勇者たちのあらすじ2

亜紀子を誘拐したのは、生駒会長に潰された暴力団の組織の残党・唐沢たちでした。唐沢は電話をかけ、5000万円の身代金を要求します。
島地は生駒会長と会い、5000万円で亜紀子を奪回するという契約を結びました。
生駒会長の別荘をアジトにした唐沢と太郎、浩、英の誘拐犯メンバーは、亜紀子とその助手の3人娘・冬子と理江、佳代が集まります。
誘拐の話を聞きつけた私立探偵の大門は、生駒会長に気に入られようと事件を捜査しました。
冬子は唐沢に一目惚れし、悪事を止めようとしますが、生駒への復讐心に燃える唐沢は聞き入れません。
受け渡し場所が横浜から別の場所に変更され、手下たちは引き離されました。

【転】- 嵐の勇者たちのあらすじ3

スーツケース受け取りに冬子が現れ、無事に戻れば亜紀子は解放されると言うので、生駒会長は現金を渡します。
唐沢の前で、島地が冬子を奪って車で去りましたが、島地は冬子に案内させ、唐沢らの待つヨットに案内させました。その島地を生駒会長の手下・真吾が尾行します。
スーツケースを開くと現金は2500万しかなく、疑いがかかった島地の無実を冬子が証明しました。…生駒会長はケチってダイヤを偽物にした上に、身代金の代金を出し渋ったのです。
それを知った亜紀子は怒り狂い、島地は唐沢らと意気投合します。
真吾が亜紀子救出に現れますが、生駒会長に憤る亜紀子は、真吾に「あんたの両親を殺したのは生駒よ」と告げました。

【結】- 嵐の勇者たちのあらすじ4

ケースの中身を新聞紙にすり替え、3人娘は金を盗みます。
生駒の手先が赤いヘリとクルーザーで襲撃し、銃撃戦となって浩と英が命を落としました。
亜紀子は島地らと生駒邸に乗り込み、婚約破棄を告げます。生駒会長は命乞いをしますが、手下の真吾の登場で豹変します。
真吾が生駒会長を撃ち、瀕死の生駒も真吾を撃ちました。真吾は長年思いを寄せた亜紀子の腕で死にます。
ケースの中身が新聞紙だとばれますが、島地が罪をかぶりました。でも3人娘がデザイナーの勉強でパリに留学することになり、唐沢らは誰が2500万を手に入れたか知ります。
冬子と唐沢は未練で見つめ合います。3人娘を見送った島地たちは笑いながら去りました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「嵐の勇者たち」の商品はこちら