「座頭市(2003年)」のネタバレあらすじ結末

座頭市(2003年)の紹介:2003年公開の日本映画。時代劇史上に残る名作シリーズ『座頭市』を、世界的人気を誇る北野武監督が大胆にリメイクして映画化、主役も務めた。盲目のハンデを抱えた「市(いち)」の活躍を描く作品。

この映画を無料で観る

座頭市(2003年)の主な出演者

市(北野武)、服部源之助(浅野忠信)、おせい(橘大五郎)、おきぬ(大家由祐子)、新吉(ガダルカナル・タカ)、おうめ(大楠道代)、飲み屋の親父(柄本明)、銀蔵(岸部一徳)、扇屋(石倉三郎)、おしの(夏川結衣)、飲み屋の爺さん(樋浦勉)、街道筋のヤクザ(六平直政)

座頭市(2003年)のネタバレあらすじ

【起】- 座頭市(2003年)のあらすじ1

市は盲目の按摩(あんま マッサージ師 昔は盲目の人が按摩師になることが多かった)です。市は金髪の頭に朱塗りの杖を持っています。
座頭(江戸時代の盲人の階級の一つ)の市は、居合(抜刀術)の達人でもありました。
市はある宿場町に辿り着きます。そこで知り合ったばくち好きの新吉から、やくざ・銀蔵一家の悪行について市は聞かされました。
銀蔵一家は町の住民たちの生活を苦しめています。 この映画を無料で観る

【承】- 座頭市(2003年)のあらすじ2

市は、新吉のおばにあたる農村の老婆・おうめの家に身を寄せました。
町で流しの芸者姉妹・おきぬとおせいと出会った市は、おきぬとおせいが幼い頃に殺害された両親のかたき討ちの相手を探していることを知ります。
このおきぬとおせいは、本当は姉妹ではなく、おせいは弟でした。弟・清太郎は両親のかたき〝くちなわ(蛇)の親分〟を必死で探します。
〝くちなわの親分〟が銀蔵と扇屋だと分かりました。

【転】- 座頭市(2003年)のあらすじ3

市はおきぬとおせいの協力をすることにします。
その頃、銀蔵は浪人・服部源之助を用心棒として雇い入れていました。
服部は、病気の妻の薬代を稼ぐために用心棒の仕事を引き受けています。
おきぬとおせいが乗り込んだ銀蔵の家に市も行き、服部や銀蔵、扇屋と大殺陣を演じた市は、銀蔵一家を壊滅状態に陥らせます。
服部が亡くなった頃、家で妻も自刃していました。
町に平和が戻りました。

【結】- 座頭市(2003年)のあらすじ4

しかし…。
実は本当の〝くちなわの親分〟は、飲み屋の親父を装う主人でした。飲み屋の親父が、裏で銀蔵一家と扇屋を操っていたのです。
銀蔵一家がいなくなり、祭りで町民たちが喜ぶなか、市は飲み屋の親父のところへ行きます。
そして〝くちなわの親分〟の両目を斬った市は「残りの人生、盲(めくら)で生きな」と言い残して、町を去りました。

みんなの感想

ライターの感想

非常にスピード感のある殺陣がとにかく格好いい映画でした。とにかく剣戟の疾走感が半端なく、敵を切ったらその動きで次の敵を切る、という流れるような動きには芸術的なセンスを感じます。
一方で、鍔迫り合いの相手の脇差を抜いてそのまま刺してしまうというようなちょっと鈍いシーンがあり、緩急がしっかりして疲れません。やはり北野監督の手腕ですかね。浅野忠信演じる敵役の侍との一騎打ちは見所でした。
たった一瞬のシーンに非常に沢山の情報が詰め込まれていて何度見ても飽きない名シーンです。要所要所で差し挟まれる全く脈絡無く世界観的にもおかしなタップダンスのシーンは何故か不思議とマッチしている気がしますね。思わず体が揺れてしまうような軽快さが心地よかったです。

    匿名さんの感想

    水戸黄門も終了し、もはや時代劇そのものが廃れて久しいが、その終焉を予測したかのような現代時代劇。
    ただ、勝新太郎の考案であるというリズミカルなシーンやラストのタップダンスは北野武の世界観から見事に浮いてしまっている。
    後味を悪くするだけの服部の妻や、ラストで明かされる市の設定も蛇足。
    最後にわざわざ忍者を登場させるなど露骨な海外受け狙いもあざとい。

映画の感想を投稿する

映画「座頭市(2003年)」の商品はこちら