「抱きしめたい~真実の物語~」のネタバレあらすじ結末

「抱きしめたい~真実の物語~」の紹介:実話に基づいた話で、山本つかさは不運な交通事故により一人では歩けない体と記憶障害になってしまいます。ある日、タクシードライバーの小柳雅己と出会い、互いに惹かれ合いさまざまな困難を乗り越えていきます。

予告動画

抱きしめたい~真実の物語~の主な出演者

山本つかさ(北川景子)、小柳雅己(錦戸亮)、つかさの母(風吹ジュン)、雅己の父(國村隼)、雅己の母(角替和枝)、つかさと雅己の子:和実(片桐隼哉)

抱きしめたい~真実の物語~のネタバレあらすじ

【起】- 抱きしめたい~真実の物語~のあらすじ1

雅己がバスケットボールの試合をしているコート脇には幼い子供が元気に走っています。その幼い子供は、雅己とつかさの子供(和実)で、その母親(つかさ)は遺影で、もうこの世にはいませんでした。
雅己が仲間達とつかさの思い出話をしている内に、つかさの日記を和実に読み聞かせます。そして、物語は回想シーンに切り替わります。 この映画を無料で観る

【承】- 抱きしめたい~真実の物語~のあらすじ2

タクシードライバーの雅己はバスケットボールの練習場へ到着すると、予約の手違いで障害者スポーツのボッチャの練習と重複してしまっていて仲間達と揉めています。
ボッチャ側で意見を主張しているのがつかさで、その仲介をしたのが雅己でした。そして練習後に帰りのタクシーを待っているつかさに雅己が声をかけ、家まで送る約束をします。
家に向かう前に買い物に寄ったつかさと雅己。そこで、つかさが記憶障害であることを知らされます。しかしながら、車椅子生活で記憶障害のつかさと雅己は互いに惹かれあい同じ時間を共有していきます。そして、夜のメリーゴーランドで2人はお互いの愛を確かめ合い雅己はつかさを強く抱きしめます。

【転】- 抱きしめたい~真実の物語~のあらすじ3

ある日、雅己の仲間達とお酒を飲んでつかさは酔いつぶれてしまいます。雅己はつかさを自宅まで送り届けるとそこにはつかさの母親の姿があり雅己に厳しい態度をとります。
更に、雅己も両親につかさを紹介しますが、車椅子で自分ひとりでは歩くことができないつかさを見て猛反対されます。お互いの親に反対されながらも2人の思いは更に強くなっていきます。
その中、雅己はつかさの母に対してつかさとの結婚を宣言します。母親はつかさの事故直後の一番ひどい時期から共に頑張ってきた思いがあり、雅己が本当につかさを支えることができるか信用できず、事故直後のつかさのビデオを見て本当の気持ちを確かめようとします。 この映画を無料で観る

【結】- 抱きしめたい~真実の物語~のあらすじ4

それを見ても雅己の強い決意は変わりませんでした。その後、つかさの妊娠が判明し母親は更なる反対をしますが、雅己はつかさの母を説得し、雅己の父親もつかさを認め始めます。
そして、仲間達に囲まれ幸せな結婚式をします。無事出産が終わると、雅己の両親も、つかさの母親も喜び、生まれたばかりの赤ちゃんを抱きしめます。
幸せ絶頂の2人。しかし、その雅己とつかさにその直後予想しない悪夢が襲います。つかさの容態が急変し、我が子の成長をみることもできず帰らぬ人となってしまいます。現在に戻り、雅己はつかさに誓います、和実を立派に育てること、つかさを忘れないことを。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「抱きしめたい~真実の物語~」の商品はこちら