「最後のブルースリー ドラゴンへの道」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

ドラゴンへの道の紹介:1972年制作の香港映画。ブルース・リー主演。ローマの中華街レストランを舞台に、悪徳イタリア人に戦いを挑む武道家の活躍を描くアクション。「最後のブルース・リー」副題はリー主演の日本公開作が最後のため(制作順ではない)。

この映画を無料で観る

最後のブルースリー ドラゴンへの道の主な出演者

タン・ロン(ブルース・リー)、チェン(ノラ・ミャオ)、ジミー(ユニコーン・チャン)、トニー(トニー・リュウ)、ロバート・ゴードン(チャック・ノリス)、フレッド(ボブ・ウォール)、長谷平(ウォン・インシック)、ワン伯父(ウォン・チュンスン)、ギャングのボス(ジョン・ベン)

最後のブルースリー ドラゴンへの道のネタバレあらすじ

【起】- 最後のブルースリー ドラゴンへの道のあらすじ1

若く美しい女・チェンは、父のあとを継いでイタリア・ローマで中華レストラン『上海』のオーナーをしていました。
しかし地上げをするギャングに狙われ、連日チンピラたちから嫌がらせを受けて、店は閉店の危機です。
故郷の中国・香港の弁護士に相談しましたが、弁護士は急病になり、代わりに従兄弟タン・ロンがイタリアに来ました。勝気なチェンはタンを連れて簡単なイタリア観光しますが、タンをあてにはしませんでした。
中国拳法を知っているタンは店の用心棒をすると言いますが、チェンはそれでも頼みにしません。 この映画を無料で観る

【承】- 最後のブルースリー ドラゴンへの道のあらすじ2

というのも、すでに店員たちが店の裏で空手を勉強しているからです。ワン伯父は乱闘で店が壊れる心配ばかりします。
ギャングは店の周囲にチンピラをはべらせ、『上海』に客が入るとチンピラに絡ませました。またチンピラが客を装ってたちの悪いことをします。
やってきたチンピラと表で決着をつけようと言い、タンはあっという間に4人組のチンピラを叩きのめしました。その腕前はチェンはじめ店員たち一同が、あっけにとられるほどです。

【転】- 最後のブルースリー ドラゴンへの道のあらすじ3

思った以上にタンが頼もしいのでチェンは頼りにし、店員たちは打って変わって〝ロン兄貴〟〝ロン師匠〟と呼ぶようになりました。
店員たちは空手ではなく中国拳法を習うと言い出します。ワン伯父だけは「事態が悪化して、店への嫌がらせがエスカレートしないか」と心配しました。
チンピラが倒された報告を受けギャングのボスは暗殺者を派遣しますが、銃を持っていても暗殺者は一瞬で倒されます。
チェンの誘拐を防いだタンは、店側からはますます頼りにされ、ギャングのボスからは目の敵にされました。ボスはロバートというアメリカ空手のチャンピオンを雇います。

【結】- 最後のブルースリー ドラゴンへの道のあらすじ4

ワン伯父が裏切り、ギャングの罠によって、タンは古代ローマの遺跡・コロッセオにおびき寄せられました。
そこで、タンとロバートの一対一の戦いが始まります。中国拳法とアメリカ空手の戦いです。
チャンピオンのロバートに、さすがのタンも少し苦戦しました。最終的にタンが勝利します。タンはロバートの遺体に道着をかけ、追悼の意を表しました。
ギャングのボスが現れ、ワン伯父と手下のホーが撃たれます。チェンが警察を呼び、ボスは逮捕されました。
タンはチェンとジミーに別れを告げ、中国・香港に帰りました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「最後のブルースリー ドラゴンへの道」の商品はこちら