「沈黙の断崖」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

沈黙の断崖の紹介:1997年に公開されたアメリカ映画で、アクションスター、スティーブン・セガールの主演作。監督は『ER緊急救命室』『バトルスター・ギャラクティカ』など数多くのテレビシリーズで監督を務めてきたフェリックス・エンリケス・アルカラ。環境保護調査官に扮したセガールが汚染物質で山を汚す悪徳企業と立ち向かうというストーリー。日本では他のセガール主演作と合わせて「沈黙シリーズ」とされているが、実際は設定上の関係はまったくない。

この映画を無料で観る

予告動画

沈黙の断崖の主な出演者

ジャック・タガート(スティーヴン・セガール)、サラ・ケロッグ(マーグ・ヘルゲンバーガー)、オーリン・ハンナ(クリス・クリストファーソン)、コットン(ハリー・ディーン・スタントン)、アル・ケロッグ(スティーブン・ラング)、オーリン・ハンナJr.(ブラッド・ハント)、ボブ・グッドール(レヴォン・ヘルム)、チック・ラーセン(ブルー・デッカート)、ロイド保安官(エド・ブルース)、ハッチ(マーク・コリー)、シムズ(アレックス・ハーヴェイ)

沈黙の断崖のネタバレあらすじ

【起】- 沈黙の断崖のあらすじ1

環境保護調査官のジャック・タガートはセスナでケンタッキー州の田舎町へと向かっていました。ジャックの友人で同僚のフランクが、事故死に見せかけられ殺された事件の調査です。フランクは、大企業ハンナコール社が毒性の産業廃棄物を山に不法投棄しているという情報を掴んでいました。
町を訪れたジャックは、現地の牧師ボブ・グッダールを協力者として調査を開始しました。田舎町の人々は閉鎖的なので、ジャックは彼らの心を開かせるためにボランティアとして大工仕事を手伝うことになりました。そんな中、ジャックは一人の少年が病気に冒されていると聞いて見舞いに行きます。少年の症状は公害病を思わせるものでした。
山奥ではハンナコール社が汚染物質の不法投棄を進めています。一方、町ではジャックを露骨に警戒する者たちもいました。ジャックが掃除夫の老人コットンに声をかけると、二人組の男がよけいなことを嗅ぎ回るなと警告しました。
教会のミサに出席したジャックは、その後のパーティで男の子からUFOの絵をもらいます。男の子は山でよく光を見るといいました。そんなジャックに保安官のロイドが余計なことに口を突っ込まないよう警告します。ジャックはパーティ会場で誰とも話さず一人でいる女性サラ・ケロッグに声をかけました。彼女は過去におきたある事件のせいで、町で孤立しているそうです。ジャックはサラの家を訪ねましたが、彼女は何も話したくない様子でした。
夜、家で寝ていたジャックは不審なトラックが去っていくのに気づきます。家の中には毒蛇がいました。ジャックは余裕でその蛇を捕らえます。
翌朝、あの二人組が犯人だと見たジャックは彼らの車にその蛇を放ちました。二人組は蛇に驚いて事故を起こし、ジャックが蛇にまるで動じなかったことに苛立ちを見せます。
二人組のボスは、ハンナコール社の取締役オーリン・ジュニアでした。ジュニアは手強い捜査官が来たと父オーリン・ハンナに連絡します。オーリンは今まで通り調査の妨害だけをしていろと命じましたが、ジュニアはなんとかしてジャックを消すよう手下たちに指示しました。

【承】- 沈黙の断崖のあらすじ2

町の雑貨屋を訪れたジャックは、サラが買い物をしているのに気づきます。サラは自家製のハチミツをこの店に卸していましたが、今週はあまり売れなかったとのことで、買い物予定の品物をいくつか諦めていました。ジャックはその品物とハチミツに買って、帰宅途中のサラを車で送ります。ジャックは山から煙が昇っていると言いましたが、サラはもう見慣れた光景でマヒしていると言いました。
家に着いたサラはジャックに少しだけ心を開き、家の階段の修理を頼みます。
翌日、町の雑貨屋で買い物をしていたジャックは、例の二人組から難癖をつけられ「出て行け」と言われました。彼らを叩きのめすと、さらに数人の男たちが近寄ってきましたが、ジャックにはまるで歯が立ちません。そこに保安官のロイドが現れ、暴行罪でジャックを逮捕しようとします。牧師のボブが正当防衛を主張したことで、ロイドは立ち去っていきました。
ボブはハンナコール社が怪しいと気付いているものの、証拠が見つからずに匿名で通報するしかなかったと明かします。しかしジャックは、ボブの教会にハンナコールが寄付をしていることを指摘し、いつかボブが金より住民の健康が大事だと気づいてくれると言いました。
サラの家で修理をしていたジャックは、彼女が父の跡を継いで養蜂をしていることを聞かされます。彼女の父が鉱山の事故で亡くなったと聞いたジャックは、この近辺の地図を作製しているのではないかと考えました。ジャックの車を覗いたサラは、ジャックが拳銃を隠し持っていることを知ります。サラはジャックが町のことをいろいろ調べていることから、彼がただ者ではないと気づき、夕食に招きました。
夕食の前に一度町に戻ったジャックは、図書館で新聞記事を調べ、サラが父親殺しの容疑者として疑われ、証拠不十分で釈放された過去があることを知ります。
その後、ジャックはコットン老人に調査官の素性を明かして、山が有毒物質で汚染されているという話を聞きました。
一方、ジャックの正体に気づいたオーリンは、保安官のロイドを使って罠にはめるようジュニアに指示しました。
ジャックがサラの家で夕食を共にしていた時、サラの兄アールがやってきます。アールは3週間ぶりに帰宅したということです。アールはジャックに愛想よく振る舞っていましたが、ジャックが帰った後、彼とあまりつき合わないようサラに警告します。彼はジャックのことを胡散臭く感じているようでした。
翌日、コットンの家を訪れたジャックは、ひどい負傷で瀕死のコットンに気づきます。彼を病院に届けたジャックでしたが、そこにロイドがやってきてコットンを暴行した容疑で逮捕すると言います。しかしジャックは保安官の助手たちを叩きのめし、自分が連邦政府の捜査官であることを明かしました。ロイドは引き下がらざるを得ませんでした。
その様子を見ていたサラに、ジャックは自分の素性を明かし、ハンナコール社の不正を暴きに来たと語ります。サラは自分に近づいたのは情報収集のためだったのかと怒り、立ち去っていきました。

【転】- 沈黙の断崖のあらすじ3

ジュニアはオーリンに連絡し、ロイドを使ってジャックを陥れる作戦が失敗したことを報告します。オーリンは汚染物質を廃棄する予定は変えられないと言い、強行手段を用いてジャックを排除するよう手を回しました。
教会にいるジャックのもとに、サラがやってきて昨日のことを謝りました。彼女はジャックに事情があるのを察したと言い、父が残した地図を差し出します。
トラックで山に向かったジャックですが、その途中、大型トラックの襲撃を受けました。ジャックは大型トラックを山に誘い込んで、断崖から落として倒しました。
教会で町の人々がミサをしているところに乗り込んでいったジャックは、この町に有毒廃棄物を持ち込んでいる者がいると言い、団結して戦うよう告げました。町の人々は無言で立ち去るジャックを見送るだけでした。
その後、反省したボブがジャックのもとを訪れました。ボブはハンナコール社の連中を逮捕してくれるのなら、洗いざらい証言すると言いました。しかしその夜、何者かが彼の教会に侵入していきました。
町では盛大に祭りが行われ、オーリンもやってきました。彼は町の人々に気前よくカジノへの航空券を配っています。
サラとともに祭りに来ていたジャックは、彼女に言われて飛び入りで演奏に参加します。しかしその時、ジュニアがサラに絡み始めました。さらにジュニアは止めようとしたジャックに喧嘩を売りましたが、軽くひねりあげられます。するとオーリンがジャックに声をかけ、買収しようとしました。ジャックは断り、この町が気に入っているから家を買って住もうと考えているといいます。
ジャックが立ち去った後、オーリンはジュニアに炭坑の閉鎖とジャックの始末を指示しました。
一方、アールはサラに近づき、ジャックのことを見直したと言います。アールが毒物廃棄に関わっていることに気づいていたサラは、炭坑に毒物を廃棄しているのか教えて欲しいと言いました。アールはためらい、何も答えません。
祭りが終わりに近づき、サラとジャックがワルツを踊っていると、教会から火が出たという声があがりました。火事の現場に駆けつけたジャックは、アールに声をかけられます。アールは敵がここまでしたことに激怒したと言い、自分がハンナコールに協力していたことを明かします。そして彼は廃棄物投棄の現場にジャックを案内すると言いました。 この映画を無料で観る

【結】- 沈黙の断崖のあらすじ4

しかしアールの言葉は嘘でした。彼は協力するふりをしてジャックを罠にかけようとしていたのです。それを知ったサラはアールのもとから逃げだそうとしましたが、アールは彼女の飼っている蜂に火を付けてしまいました。サラは警察に行って通報しようと言いましたが、アールは彼女を閉じ込めてしまいます。そして、ジャックが事故に会う予定だと告げました。
アールはジャックと鉱山で合流し、内部へと案内します。しかしアールに不信感を抱いていたジャックは、彼が自分の父親を殺し、その罪を未成年だったサラに被せたという推理を語ります。アールはあっさりそれを認めましたが、待ち伏せしていたハンナコールの手下たちが現れ、ジャックに襲いかかってきました。激しい銃撃戦と格闘の末、手下たちは次々と倒されていきます。
鉱山の外ではジュニアが到着していました。彼は鉱山にセットしていた爆薬のスイッチを入れました。ジャックは脱出に成功しましたが、アールや手下たちは崩落に巻き込まれてしまいます。
翌朝、サラの家を訪れたジャックは、彼女を救出すると証人になってくれと頼みました。そして彼女を保護するよう上司に連絡します。
派遣されてきた護衛のエージェントにサラを預けたジャックでしたが、その直後、彼らが敵であると気づきます。ジャックはサラを連れてダイナーに逃げ込んだエージェントを追いつめ、銃撃戦のすえ撃退しました。
ジャックの上司もオーリンに買収されていました。オーリンは失敗したことを責め、ジャックが集めた証拠を無効化させる工作を命じました。
一方、ジャックは裁判に向かうべくサラに一時の別れをつげていました。サラは二度とジャックが戻らないと覚悟していましたが、ジャックは必ず帰ってくると約束します。
裁判でオーリン親子に下されたのは、たった5万という安い罰金でした。莫大な儲けからすると微々たるものだと勝ち誇るオーリンでしたが、ジャックは彼に近づくと捜査官を辞め、徹底的に貼りついて不正を暴くと宣言します。
さらにジャックは上司を訪れ、彼がフランクを売ったのだと指摘し、逮捕しました。
町に戻ったジャックは、ジュニアのもとに現れてその手下たちを叩きのめします。そしてジャックは、怯えるジュニアに汚職と不正の証拠を出すよう約束させたのでした。
オーリンが貸し切りカジノで楽しんでいるところに乗り込んだジャックは、ボディガードを全員倒して、自分が辞職したのが嘘だと明かし、ジュニアがすべて話したと言って一緒に連れてきたFBIにオーリンを逮捕させようとしました。オーリンは隙を突いてFBIエージェントを銃撃しましたが、ジャックは彼の肩を撃って生きたまま逮捕させました。そして刑務所で苦しむように言って立ち去るのでした。
サラの家を訪れたジャックは、新しい養蜂箱を彼女に渡します。サラは感極まってジャックに抱きついたのでした。

関連する映画

アクション映画

みんなの感想

ライターの感想

セガールの諸作品が「沈黙シリーズ」と言いつつ実はシリーズではなく別々の映画だってのは有名な話ですが、ぶっちゃけセガールのこの辺の映画はどれ観ても大体同じなので、実質的には同じシリーズみたいなもんです。案の定この映画も、無駄に強くてえらそーなセガールが、頭の悪そうな悪役をばったばったとなぎ倒しながら権力をカサに着た黒幕をとっつかまえるというパターン。ヒロインのキャラに多少の工夫はありますが、あんまり上手く生かされてるとは言えません。
アクションスターとして脂の乗りきった時期の作品らしく、セガールの格闘術の冴えは見所ですが、敵があまりにも弱すぎてどのシーンも危機感ゼロ。まぁその分、安心して観られる定番作品だと思えば、これはこれでアリなのかもしれませんが。

映画の感想を投稿する

映画「沈黙の断崖」の商品はこちら