「沈黙の要塞」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

沈黙の要塞の紹介:1994年に公開されたアメリカ映画。人気アクションスター、スティーブン・セガールの初監督作品である。名優マイケル・ケインを悪役に迎え、大作として製作された。大ヒットしたセガール主演作『沈黙の戦艦』に続けて、日本では「沈黙シリーズ」として公開されたが、特にストーリー上の繋がりはない。アクションスターとしては絶頂期のセガールの作品だが、監督としての評価はあまり芳しくなく、ゴールデンラズベリー賞の最低監督賞を受賞している。音楽は『ロボコップ』『スターシップ・トゥルーパーズ』などのペイジル・ポールドゥリス。

この映画を無料で観る

予告動画

沈黙の要塞の主な出演者

フォレスト・タフト(スティーブン・セガール)、マイケル・ジェニングス(マイケル・ケイン)、マー・スー(ジョアン・チェン)、マック・グルーバー(ジョン・C・マッギンリー)、ヒュー・パーマー(リチャード・ハミルトン)、ストーン(R・リー・アーメイ)、ライルズ(シャリ・シャタック)、ホーマー・カールトン(ビリー・ボブ・ソーントン)

沈黙の要塞のネタバレあらすじ

【起】- 沈黙の要塞のあらすじ1

アラスカにある大企業エイジス石油会社の採掘プラント火災事故がありました。ヘリで到着した石油事故消火の専門家フォレスト・タフトに、現場の責任者ヒューが経営者ジェニングスへの不平を漏らします。ジェニングスのコスト優先のために導入した安全バルブがこの事故を招いたというのです。
タフトはすぐに消火作業に取りかかり、爆破によって見事に鎮火に成功しました。ジェニングスはタフトの手並みを賞賛しつつ、責任をヒューに押しつけ、環境保護団体に批判されていることを愚痴ります。タフトは彼の言葉に同意せず、どのみち爆破によって証拠が失われたと言いました。
その夜、タフトはバーでヒューに会い改めて話を聞きました。ヒューは部下が何人も死んだと言います。タフトは確かに安全バルブに亀裂が入っていたと答えました。ヒューはバルブの購入記録を調べるよう言い、立ち去りました。
その時、同じバーで無法者たちが現地の先住民の青年に嫌がらせをはじめました。タフトは彼らを叩きのめし、先住民の青年の男を送っていくのでした。
一方、ジェニングスは事故のことでマスコミに批判されることや、新しい採掘プラント「エイジス1」の操業開始が遅れていることに苛立ちを募らせていました。操業開始が遅れると契約がキャンセルとなり、石油の採掘権を地元の先住民に返還しなければならなくなるのです。しかもエイジス1の欠陥について内部告発がされているという報告も受けていました。彼は部下のマック・グルーバーにその件に対応するよう指示をしました。

【承】- 沈黙の要塞のあらすじ2

タフトはエイジス会社に潜入し、安全バルブについてデータを調べました。するとすべてが欠陥品であることが判明します。ジェニングスはそれを知りながら利益のため欠陥バルブを導入したのです。
しかしタフトが会社の機密情報にアクセスしたことは、即座にジェニングスに察知されました。彼は部下のマックに対処を命じます。
マックは部下をともなってヒューの家に向かい、彼がまとめた内部告発のデータを奪おうと激しい拷問を加えます。しかしヒューはその在処を吐きませんでした。
その頃、ジェニングスはマスコミ相手に環境対策に問題がないと発表していました。そこに先住民の民族団体が現れ、ジェニングスに抗議します。その中には先住民の女性マー・スーもいました。
同席していたタフトは、ジェニングスを安全バルブの件で問いつめようとしました。しかしジェニングスは彼の言葉に耳を貸さず、新たなプラント事故の対策を依頼します。
仕方なく依頼を引き受け、ジェニングスのヘリで現場に向かったタフトでしたが、それは罠でした。タフトはヒューの遺体ごと爆弾で始末されそうになっていまいます。間一髪のところで脱出したものの、負傷したタフトは近くの先住民の村に助けられました。そこにはマーもいました。
ところが、ジェニングスはプラントの爆破は妨害工作によるもので、タフトとヒューがその犯人だと発表しました。その一方でジェニングスは部下たちにタフトの死体を確認するよう命令していました。
一方、タフトは先住民の村で傷の手当て受けていました。回復したタフトは先住民たちに迷惑をかけないよう村を出ようとします。マーは長老とともにタフトに犬ぞりを教え、自分たち先住民が自然と共に生きていた歴史を語りました。そして長老はタフトに大地の神の啓示を授け、自然を守ることを託します。
ところが、マーと長老が村に帰ってきた時、タフトを探すマックたちがやってきました。彼らは傍若無人な振る舞いの末、長老を撃ってしまいます。マーは長老を抱いて彼らに復讐を誓いました。
犬ぞりで村に戻ってきたタフトは、長老の最後を見届けます。長老は彼に使命を果たすよう言い残して事切れました。

【転】- 沈黙の要塞のあらすじ3

マーが隠していたスノーモービルで村を出たタフトは、ヒューの山小屋に向かいます。彼はヒューに預けていた銃を探し出しました。すると、そこにはヒューが隠していた内部告発のデータディスクがありました。
その時、ジェニングスの部下たちが山小屋に現れました。タフトは彼らを銃撃戦と格闘の末、全滅させます。
一方、タフトを恐れるジェニングスに、マックが傭兵を雇うことを提案します。さっそくジェニングスはプロの傭兵達を集め、タフトの抹殺を依頼しました。
タフトはヒューの残したデータを解析し、ジェニングスが石油精製で出てきた有毒物質を隠蔽するという違法な操業をしていることに気づきます。タフトはエイジス1を破壊するしかないと言いますが、人死にを嫌うマーは当局とマスコミに告発するよう言います。しかしタフトはジェニングスの横暴を止めるため選択の余地はないと断言し、馬を駆ってエイジス1に向かいます。
その頃、マックと傭兵たちはヘリでタフトを探していました。彼らはタフトの経歴が巧妙に隠蔽されていることから、タフトがCIAの出身ではないかと推測しました。
マーを伴って大量の武器を隠している山奥の倉庫に立ち寄ったタフトは、通信機を使って傭兵たちをおびき寄せるための電波を発信しました。そして爆弾を仕掛けて、近寄ったヘリを破壊します。
さらにタフトは森の中に罠をしかけ、馬で追ってきた傭兵たちを次々と返り討ちにしていきました。傭兵のリーダーとマックは、相手の手強さに気づき一端引き下がりましたが、タフトの目的がエイジス1だと気づくとそちらに向かいました。 この映画を無料で観る

【結】- 沈黙の要塞のあらすじ4

エイジス1ではジェニングスがFBIを呼び、タフトを逮捕するよう訴えていました。しかしその時すでにタフトはマーを伴ってエイジス1に侵入し、破壊工作を行っていました。彼は作業員たちに避難を呼びかけ、次々と施設を破壊していきます。
タフトの侵入に気づいたジェニングスはマックと傭兵たちに迎撃を命じます。傭兵たちもタフトが危険な戦闘と破壊工作のプロであることに気づき、本気を入れて抹殺しようとしました。しかし銃撃戦の末、傭兵たちは次々と倒されていきました。
司令室ではジェニングスが指揮を取っていましたが、マックや秘書たちは彼を見限って逃げ出していきます。しかしマックはタフトに追いつめられ、ヘリのローターに突き飛ばされて死亡、車で逃げようとしたジェニングスの秘書も運転を誤って事故死してしまいます。
さらにタフトは傭兵たちを倒しつつ、エイジス1の司令室に突入してシステムを乗っ取り、機能を破壊していきます。プラント内は石油が漏れだしているため銃が使えず、残った傭兵たちは格闘でタフトに挑みましたが、到底敵わずすべて返り討ちにされてしまいました。
最後に残ったジェニングスはタフトを買収しようとしましたが、タフトは耳を貸さず、彼を宙吊りにして石油の中に落としてしまいます。
タフトはマーとともに燃えさかるプラントから脱出しました。
後日アラスカ州議会で、タフトは先住民の団体から依頼を受けて政府と大企業を糾弾し、環境汚染を防ぐことを訴える演説を行います。
そしてタフトはマーとともにアラスカの大地を訪れたのでした。

関連する映画

アクション映画

みんなの感想

ライターの感想

セガールの初監督作品として知られるこの作品、さすがラジー賞を受賞しただけあってツッコミどころ満載です。妙に自然保護的なテーマを盛り込んだのはいいとして、結局やることは力ずくの破壊だけっていう脳筋ぶり。そのくせラストは高らかに地球環境の大切さについて上から目線の説教するというチグハグさ。色々と頭の痛い映画です。
冒頭、爆発をバックにして仁王立ちしたセガールと、その場で全員が倒れた中、一人だけ立ち続けるジェニングスの対比っていう映像はなかなかインパクトがあって好きなんですけどね。

映画の感想を投稿する

映画「沈黙の要塞」の商品はこちら