「浪人街(1990年)」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

浪人街(1990年)の紹介:1990年公開の日本映画。山中伊太郎の同名小説を映画化。同シリーズは幾度も映画化された。江戸末期の下町を舞台に、そこの裏界隈を生きるアナーキーな浪人たちの人間模様を描く時代劇。

予告動画

浪人街(1990年)の主な出演者

荒牧源内(原田芳雄)、お新(樋口可南子)、母衣権兵衛(石橋蓮司)、おぶん(杉田かおる)、お葉(伊佐山ひろ子)、琵琶法師(天本英世)、太兵衛(水島道太郎)、小幡七郎右衛門(中尾彬)、伊勢屋(佐藤慶)、倉田平七郎(長門裕之)、土居孫左衛門(田中邦衛)、赤牛弥五右衛門(勝新太郎)

浪人街(1990年)のネタバレあらすじ

【起】- 浪人街(1990年)のあらすじ1

江戸時代末期・天保…。
江戸の下町の外れに、4人の浪人が住んでいました。
夜鷹(売春婦)・お新のヒモである荒牧源内、町の用心棒・赤牛弥五右衛門、殿の刀の試し切りを生業とする母衣権兵衛、生藩への帰参を夢見る土居孫左衛門です。
孫左衛門、通称「孫左」は、妹・おぶんと鳥屋(鳥の飼育)を営みますが、帰藩のためには百両という大金が必要でした。夢のまた夢です。
また、母衣はお新のことが好きでしたが、内気ゆえに切り出せません。
ある時、この町の夜鷹たちが次々に殺される事件が発生しました。犯人はなかなか分かりません。

【承】- 浪人街(1990年)のあらすじ2

ある時、用心棒の赤牛が白塗りして夜鷹に化け、夜鷹殺しの侍を斬ります。それでも犯行は続きました。
さらに、町のめし屋「まる太」の主人・太兵衛の斬殺体が見つかります。赤牛、荒牧、母衣、孫左、お新はじめ夜鷹たちが太兵衛の遺体を囲んでいる時、旗本の小幡七郎右衛門たちが乗り込んできました。
事件の黒幕は、旗本の小幡です。自分の配下の者たちを引き連れての複数の犯行でした。小幡は人を殺したり嬲ったりするのが好きでした。
赤牛は小幡を追います。皆は復讐に行ったのだと思いますが、そうではありませんでした。赤牛は小幡に取りたててもらおうと考えていました。

【転】- 浪人街(1990年)のあらすじ3

おぶんが捕まり、おぶんを取り戻しに行ったお新も捕らわれの身となります。小幡のそばには赤牛がついていました。
小幡が奉行(幕府の要職)へのわいろで伊勢屋に頼んで用意した百両の手形があるのを知った孫左は、それを運ぶ柏木を倒して百両を手に入れます。
柏木を襲った相手が鳥くさかったと聞いて、孫左の仕業と知りつつも、赤牛は小幡に荒牧のしわざだと言いました。小幡は荒牧をおびき寄せるため、おぶんを逃がします。
事情を聞いた荒牧は十数本の刀を体にくくりつけて赴き、お新を好きな母衣も白装束で駆け付けました。
百両を手に入れた孫左は渋りますが、妹・おぶんに叱責され鎧兜を着込んで行きます。

【結】- 浪人街(1990年)のあらすじ4

お新は両手両足を紐で繋がれ、牛によって手足を引っ張られる「牛裂きの刑」に処されようとしていました。
百二十人いる小幡の配下に荒牧が対峙し、ひとりずつ斬り、刀が使いものにならなくなると次の刀…と刀を変えていきますが、多勢に無勢で窮地に陥ります。
そこへ白装束の母衣が助太刀に現れました。孫左も馬で駆け付けます。
それを見た赤牛は反省し、自分の真後ろにいる小幡を、自分ごと串刺しにして自決しました。小幡軍は全滅します。
こうして町には平和が戻りました。荒牧はお新と旅に出て、孫左は妹・おぶんと長崎に蘭学の勉強に行きます。
母衣は越後に墓参りした後、孫左に会いに行く予定です。

関連する映画

アクション映画

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「浪人街(1990年)」の商品はこちら