「燃えよドラゴン」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

燃えよドラゴンの紹介:1973年公開の香港映画。公開されると同時に世界各国で大ヒットし、ブルース・リーとカンフーが世界的なブームとなり、多くのフォロワーが生まれた作品である。少林寺拳法を武器に強大な悪に対決するスーパーヒーローの活躍を描く。

予告動画

燃えよドラゴンの主な出演者

リー(ブルース・リー)、ローパー(ジョン・サクソン)、ウイリアムス(ジム・ケリー)、タニア(アーナ・カプリ)、オハラ(ボブ・ウォール)、ハン(シー・キエン)、スー・リン(アンジェラ・マオ)、メイ・リン(ベティ・チュン)、ブレスウェイト(ジェフリー・ウィークス)

燃えよドラゴンのネタバレあらすじ

【起】- 燃えよドラゴンのあらすじ1

ミスター・ハンは香港で犯罪組織を牛耳る疑いのある人物です。そのハンが3年に1度開く武術トーナメントの招待状を、全世界の名だたる武術の名人に送りました。トーナメントは南シナ海の要塞島ハンで開催されます。
香港に住む少林寺の達人・リーにも招待状が届きました。国際情報局のブレイスウェイトから島の内偵を依頼されたリーは、一旦は断ります。
しかし父から妹(注・姉説が有力 今回は字幕優先に)スー・リンがハンの手下のオハラのせいで死んだことを聞き、修道僧長からハンも以前は少林寺を学んだ同志なのに、悪事に利用しているということを聞いたリーは、トーナメントへの出場を決めました。

【承】- 燃えよドラゴンのあらすじ2

ブレイスウェイトに会ったリーは島へ渡ります。
途中の船で、リーは出場者に会いました。借金を重ねマフィアに追われる身の、サンフランシスコからやってきた男性・ローパーや、LAで職務質問してきた警官を叩きのめした、空手の達人の黒人男性・ウィリアムズです。
島で出迎えたのは金髪の美女・タニアで、屈強そうな護衛の男性・ボロもいました。会場にはすでに全世界からたくさんの招待客が集まって、練習をしています。
その夜に開かれたパーティーは豪奢なものでしたが、リーとローパー、ウィリアムズはうさんくさいと感じました。
ブレイスウェイトが半年前に潜入させ、2カ月前から連絡が途絶えた工作員メイ・リンがいます。

【転】- 燃えよドラゴンのあらすじ3

ハンに呼び出された女性が翌日から行方不明になることを告げたメイ・リンは、リーと協力して内偵することにします。
リーは島の中を偵察し、麻薬(ヘロイン)密造の工場を発見しました。警備員に見つかったリーは、彼らを倒します。
翌日から大会が始まりました。ウィリアムズやローパーは勝ち進み、リーも宿敵・オハラと当たります。
圧倒的な強さで倒したリーですが、オハラが反則して凶器で襲ってきたので息の根を止め、妹の復讐を遂げます。
その夜、ウィリアムズが行方不明になりました。ウィリアムズは内偵していたリーと間違われ、呼び出されて殺されたのです。

【結】- 燃えよドラゴンのあらすじ4

ローパーも呼び出され、ハンに手下にならないかとスカウトされました。ウィリアムズの死体を見せられたローパーは、承諾します。
リーは再び工場に忍び込んで、ブレイスウェイトに無線連絡した後、捕まってしまいました。
ハンはリーと戦えとローパーに命令しますが、ローパーはリーの味方に寝返ります。ハンは屈強な護衛・ボロとローパーを戦わせますが、ハンの思惑とは異なり、ローパーが勝利しました。
ハンは手下を一斉に2人に差し向けます。リーとローパーは次々に倒していきました。
勝負はリーとハンの一騎打ちとなり、リーがハンを倒します。ブレイスウェイトの派遣した軍隊が島に到着し、ハンの犯罪は暴かれました。

関連する映画

アクション映画

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「燃えよドラゴン」の商品はこちら