「眠狂四郎円月斬り」のネタバレあらすじ結末

眠狂四郎円月斬りの紹介:1964年公開の日本映画。市川雷蔵主演のシリーズ映画の3作目にあたる。眠狂四郎は柴田練三郎の小説に登場する剣客で、転びバテレンと日本人との混血という出自を持ち「円月殺法」という剣術を用いて活躍するキャラクター。

眠狂四郎円月斬りの主な出演者

眠狂四郎(市川雷蔵)、おきた(浜田ゆう子)、小波(東京子)、太十(丸井太郎)、片桐高之(成田純一郎)、寄居勘兵衛(植村謙二郎)、むささび伴蔵(伊達三郎)、山崎屋伝右衛門(水原浩一)、水野忠成(佐々木孝丸)、目明し弥吉(南条新太郎)、松女(月宮於登女)、正木要(原聖四郎)

眠狂四郎円月斬りのネタバレあらすじ

【起】- 眠狂四郎円月斬りのあらすじ1

焚き火をする男たちのもとへ身なりのよい侍・高之がやってきて、突然刀を振るいます。高之は新しい刀の試し斬りをしたのでした。高之はそのまま満足げに去っていきましたが、その直後に狂四郎が通りかかります。斬られた百姓の仲間たちは狂四郎の仕業だと思い込みますが、一部始終を見た息子・太十だけは違うと言いました。狂四郎は脇にさした刀を百姓仲間に見せます。竹でできた刀です。狂四郎は愛刀を研ぎ師に出しているところでした。高之が狂四郎を呼ぶために使い・小波を寄こします。

【承】- 眠狂四郎円月斬りのあらすじ2

狂四郎は高之に愛刀・無想正宗を所望されますが断り、怒った高之がけしかけた側近・戸田の腕を斬り落としました。高之は将軍・家斉が一般女性・松女に産ませた子供で、松女は高之を次期将軍にしたいと思っています。豪商・山崎屋が高之を援助しており、山崎屋は高之が将軍になった暁には引き立ててもらうつもりで、娘の小波を高之の婚約者にしていました。父親を殺された太十が高之への復讐のため小波をさらいますが、狂四郎は敵討ちを約束し返してもらいます。そして敵討ちのつもりか、屋敷に戻った小波の寝室に忍び込み小波を手ごめにしました。

【転】- 眠狂四郎円月斬りのあらすじ3

小波は復讐に燃え、狂四郎の殺害を勘兵衛に依頼します。また高之もむささび伴蔵に狂四郎殺しを頼みました。高之が将軍になる邪魔になりそうだと思った松女も狂四郎を狙います。やってきた刺客を、狂四郎は次々に倒していきました。ところで太十は再び小波を人質にしようとしますが、逆に高之に捕らえられてしまいます。高之は太十を殺そうとしますが、狂四郎が愛刀と自身の身と引き換えにして、太十を見逃してもらいます。太十は解放され、狂四郎は座敷に捕らわれました。さて松女のところに使いがやってきます。息子・高之が正式に将軍の子と認められることが決まったのでした。

【結】- 眠狂四郎円月斬りのあらすじ4

喜んだ松女は勢いで狂四郎を殺そうと槍を持ち牢に向かいますが、狂四郎はこれを利用し牢から抜け出します。小波は狂四郎に刀を渡して改めて復讐しようとしますが、小波の懐刀をかわした狂四郎は屋敷から脱出しました。狂四郎が刀を持ち去って脱出したことを知り、高之は怒ります。そこへ狂四郎から果たし状が届きました。向柳原の橋上で決闘すること、仲間は何人でも連れてきてかまわないと書かれており、怒りにまかせた高之は多勢で橋を取り囲みます。が、手勢はことごとく斬られ、最後は高之も円月殺法によって命果てました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「眠狂四郎円月斬り」の商品はこちら

眠狂四郎 円月斬り [DVD]