「眠狂四郎炎情剣」のネタバレあらすじ結末

眠狂四郎炎情剣の紹介:1965年公開の日本映画。市川雷蔵主演のシリーズ映画の5作目にあたる。眠狂四郎は柴田練三郎の小説に登場する剣客で、転びバテレンと日本人との混血という出自を持ち「円月殺法」という剣術を用いて活躍するキャラクター。

この映画を無料で観る

眠狂四郎炎情剣の主な出演者

眠狂四郎(市川雷蔵)、檜垣ぬい(中村玉緒)、かよ(姿美千子)、おりょう(中原早苗)、鳴海屋太兵衛(西村晃)、藤堂高敦(島田竜三)、佐治兵衛(水原浩一)、小笹(小桜純子)、跡部将監(安部徹)、貝塚紋之助(伊達三郎)、加倉井耀蔵(上野山功一)、伝吉(守田学)

眠狂四郎炎情剣のネタバレあらすじ

【起】- 眠狂四郎炎情剣のあらすじ1

ある冬の日、狂四郎が歩いていると敵討ちの現場に出くわします。夫の敵討ちをする「ぬい」に手を貸して仇を討つと、相手の浪人は「助太刀すれば、おぬしの恥」と言いながら死んでいきました。ぬいはお礼と称し狂四郎に身体を許します。翌日、狂四郎が居酒屋で食事をしていると、役人に捕らえられそうになった伝吉という男が狂四郎に助けを求めました。関わり合いたくない狂四郎は断ります。伝吉は連れていかれました。 この映画を無料で観る

【承】- 眠狂四郎炎情剣のあらすじ2

のちに連れられていく伝吉を市中で見かけた狂四郎は、伝吉が「鳴海屋」とつぶやくのを耳にします。その鳴海屋が狂四郎を訪ねてきました。鳴海屋は「小笹」という名の武家の娘を連れており、狂四郎に「小笹に男というものを教えてほしい」と言って、小笹をあてがおうとします。しかし狂四郎はこれをいぶかしく思いました。案の定、小笹は体に入墨が入っていてどうみても生娘ではありません。狂四郎が問うと、鳴海屋は白状しました。

【転】- 眠狂四郎炎情剣のあらすじ3

鳴海屋は藤堂家の江戸家老・跡部に脅迫されていました。鳥羽水軍の海賊の財宝を幕府に献上せず、鳴海屋が横領していたからです。跡部は財宝の秘密をにぎっている鳥羽水軍の海賊たちを、皆殺しにしていました。ぬいは跡部の手先で、海賊を見つける役目です。鳴海屋の家にはかよという女中がおり、かよの父も海賊でした。狂四郎はかよに接し、かよの純朴さ、清純さを知り助けてやりたくなります。鳴海屋を助ける義理はないのですが、かよを助けてやろうと狂四郎は思います。

【結】- 眠狂四郎炎情剣のあらすじ4

狂四郎は跡部がいる菩提寺の法要の席に乗り込みました。そしてその場にいた大勢の取り巻きと斬り合いとなります。そのとき聞きつけた幕府からの使いがやってきて、跡部の悪行が知れました。それでも悪あがきする跡部を、狂四郎は斬ります。鳴海屋に戻った狂四郎は、かよに「お前の父は亡くなったが、いい町人であった」と嘘をつきました。かよは涙しますが、その気丈な姿に狂四郎はすがすがしさを感じます。鳴海屋が渡そうとするお礼を、狂四郎は受け取りませんでした。そして狂四郎に追いすがってくるぬいを、狂四郎は斬り捨てました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「眠狂四郎炎情剣」の商品はこちら

眠狂四郎 炎情剣 [DVD]