「眠狂四郎無頼控 魔性の肌」のネタバレあらすじ結末

眠狂四郎無頼控 魔性の肌の紹介:1967年公開の日本映画。市川雷蔵主演のシリーズ映画の9作目。狂四郎の出自にまつわる話を描く。

この映画を無料で観る

眠狂四郎無頼控 魔性の肌の主な出演者

眠狂四郎(市川雷蔵)、ちさ(鰐淵晴子)、おえん(久保菜穂子)、志乃(長谷川待子)、三枝右近(成田三樹夫)、朝比奈修理亮(金子信雄)、園枝(木村俊恵)、お千代(三木本賀代)、巴屋(稲葉義男)、釜屋(遠藤辰雄)、大沼伊織(五味龍太郎)

眠狂四郎無頼控 魔性の肌のネタバレあらすじ

【起】- 眠狂四郎無頼控 魔性の肌のあらすじ1

狂四郎は「転びバテレン(江戸時代に拷問や迫害によって棄教したキリスト教徒)」の父と日本人の母との間にできた子どもです。狂四郎は常に、我が身の混血の宿命を呪っていました。
その狂四郎は現在、矢場(射的場)の女・おえんと暮らしています。
ある日、闕所物奉行(けっしょものぶぎょう 所有者のいなくなった財産の没収・売却を担当する部署)・朝比名修理亮の訪問を受けました。
朝比名は狂四郎に、娘・ちさの貞操を代償に、将軍からある公卿に贈る黄金のマリア像を京都まで護送する仕事を依頼します。 この映画を無料で観る

【承】- 眠狂四郎無頼控 魔性の肌のあらすじ2

その黄金像とは、かつてポルトガルから天草四郎に贈られたもので、島原の乱の残党・黒指党が狙っていました。
その夜、狂四郎は早速黒指党に襲われます。狂四郎と同じ混血の首領・右近を、狂四郎はかわしました。
そして狂四郎は、ちさと共に京都に向かいます。
道中、黒指党が何度も狂四郎を襲いますが、狂四郎の刀にみな倒れました。
狂四郎を狙うのは侍ばかりではありません。うらぶれた身で狂四郎の道場を買おうとする武家女とその息子、色仕掛けで迫って狂四郎を毒温泉に誘う女など、黒指党の仲間が向かってきました。

【転】- 眠狂四郎無頼控 魔性の肌のあらすじ3

京都に着いた狂四郎を、おえんが追ってきました。しかし狂四郎は、そのおえんも実は黒指党の一味だと気づいています。
狂四郎を油断させるために近づいたものの、狂四郎を愛してしまったおえんは狂四郎を殺すことができませんでした。おえんは右近に無残に殺されてしまいます。
さて京都では、黒指党の首領・右近と朝比名が狂四郎とちさを待ち受けていました。朝比名はちさを斬り、黄金像を奪います。
実は、朝比名は、ちさの父の双子の兄弟でした。ちさの父を殺してすり替わった朝比名は、黄金のマリア像を悪徳業者・巴屋に売り飛ばすつもりだったのです。

【結】- 眠狂四郎無頼控 魔性の肌のあらすじ4

本当の朝比名といれかわった弟の朝比名(偽の朝比名)に犯されたことが原因で自害したちさの母・園枝は、娘時代にも偽の朝比名に犯されてちさを産んだ過去がありました。
園枝は本当の朝比名に真実を告げ、本当の朝比名はそれを承知の上でちさを育てていたのです。園枝の手紙で事情を知る狂四郎は、偽の朝比名にそれを告げます。
実の娘だったちさを斬ってしまいショックを受けた偽の朝比名を、狂四郎は斬り捨てました。
そして右近と狂四郎は対決し、右近も円月殺法に敗れます。
ちさも右近も狂四郎と同じく、暗い運命を背負った宿命の子であると考えた狂四郎は、いずれともなく去っていきました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「眠狂四郎無頼控 魔性の肌」の商品はこちら