「眠狂四郎魔性剣」のネタバレあらすじ結末

眠狂四郎魔性剣の紹介:1965年公開の日本映画。市川雷蔵主演のシリーズ映画の6作目にあたる。眠狂四郎は柴田練三郎の小説に登場する剣客で、転びバテレンと日本人との混血という出自を持ち「円月殺法」という剣術を用いて活躍するキャラクターである。

眠狂四郎魔性剣の主な出演者

眠狂四郎(市川雷蔵)、おりん(瑳峨三智子)、お艶(長谷川待子)、お糸(明星雅子)、菊村外記(須賀不二男)、赤石群兵衛(北城寿太郎)、大工政五郎(水原浩一)、中森瀬左衛門(浅野進治郎)、水野忠成(稲葉義男)

眠狂四郎魔性剣のネタバレあらすじ

【起】- 眠狂四郎魔性剣のあらすじ1

ある雨の夜、狂四郎に「体を買ってくれ」と言う能面をつけた女がいました。狂四郎は快諾したものの、女は面を外しません。武家育ちの娘だろうという狂四郎の読みは当たっていて、佐絵は身の上を話しました。狂四郎は佐絵を抱くことなく、身の上話に1両を払い立ち去りました。佐絵はこれを屈辱に思い、自害します。翌日、狂四郎のもとに大工の娘・お糸が佐絵の息子・鶴松を連れてやってきました。鶴松は城の女中をしていた佐絵と、岩代藩城主との間にできた隠し子でした。

【承】- 眠狂四郎魔性剣のあらすじ2

城主は隠し子・鶴松と佐絵を追い払ったものの、あとつぎがいないので、今は鶴松を連れ戻そうとしています。鶴松を預かってもらいたいというのが、お糸の願いでした。佐絵が自殺した原因が我が身にある罪悪感と幼い子供を勝手な都合で振り回すお上の身勝手さへの憤りから、狂四郎は引き受けます。さてそんな狂四郎は、以前に斬り捨てたむささび伴蔵(「眠狂四郎円月斬り」)の妹・おりんにしつこくつきまとわれていました。

【転】- 眠狂四郎魔性剣のあらすじ3

岩代藩の家老・菊村は鶴松を捕まえるため、大工・政五郎を殺し、つぎに鶴松を預かっている狂四郎を狙います。狂四郎は鶴松を船女将に預けました。狂四郎が戻ってくると、おりんが政五郎の死とその娘・お糸が連れ去られたことを告げます。狂四郎が深川の無縁寺に行くと、お糸は黒ミサの生贄になって息絶えていました。これに怒った狂四郎は菊村を倒します。船宿に戻ると女将は殺され、鶴松が岩代藩にさらわれていました。岩代藩に向かう狂四郎をおりんが邪魔しようとします。

【結】- 眠狂四郎魔性剣のあらすじ4

狂四郎と戦ったおりんは負けを認め、鶴松を救出する手助けをすることにしました。鶴松が捕らわれている五重塔に行くと、読まれていたらしく狂四郎は藩の手下に囲まれます。弓矢を射る隊と刀を持つ隊に、さすがの狂四郎も捕らえられてしまいました。が、鶴松が狂四郎の無想正宗を取り返して狂四郎に渡します。狂四郎は多勢の手下を前に、円月殺法で次々と倒していきました。そこへ幕府の検察使の配下が現れます。すべての悪事が露見した家老は切腹、岩代藩には廃絶の沙汰が下りました。鶴松と別れた狂四郎は枯野原を歩いていきました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「眠狂四郎魔性剣」の商品はこちら

眠狂四郎 魔性剣 [DVD]