「破門ふたりのヤクビョーガミ」のネタバレあらすじ結末

破門 ふたりのヤクビョーガミの紹介:2017年1月28日公開の日本映画。直木賞受賞の黒川博行によるベストセラー小説を、佐々木蔵之介と関ジャニ∞の横山裕の主演で映画化したコミカルなアクション。出資詐欺に巻き込まれたイケイケなやくざと建設コンサルタントの凸凹コンビが詐欺師を追って、関西やマカオを奔走する姿が描かれる。

破門ふたりのヤクビョーガミの主な出演者

桑原保彦(佐々木蔵之介)、二宮啓之(横山裕)、渡辺悠紀(北川景子)、木下(濱田崇裕)、セツオ(矢本悠馬)、玲美(橋本マナミ)、多田真由美(中村ゆり)、初見(木下ほうか)、中川(高川裕也)、牧内(佐藤佐吉)、村居(勝矢)、金本(山本竜二)、内藤(佐藤蛾次郎)、森山組長(月亭可朝)、二宮悦子(キムラ緑子)、滝沢(宇崎竜童)、嶋田勝次(國村隼)、小清水隆夫(橋爪功)

破門ふたりのヤクビョーガミのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①建設コンサルタントの二宮とイケイケやくざの桑原は互いを疫病神と思っている。映画プロデューサー・小清水に出資金を持ち逃げされ、追跡すると影には本家筋の構成員が。組同士の込み合いに発展。 ②小清水を追ってマカオ、愛媛県今治市に行った桑原、二宮は金を取り戻すが、釣り合いを取るため桑原は破門になった。

【起】- 破門ふたりのヤクビョーガミのあらすじ1

大阪府大阪市。

二宮啓之は33歳の、建設コンサルタントをする男性です。中央区の西心斎橋に『二宮企画』という会社の事務所を立ち上げています。
二宮の父は二蝶会のヤクザの幹部でした。その関係で二宮は暴力団とつながりがあります。
二宮の仕事は、主にヤクザと土建屋の仲介をしていました。いわゆる「サバキ」と呼ばれるものです。
(注:サバキを知らなくても映画を理解できるが念のため。ビルやマンションなどを作る建設現場には、よくヤクザがまとわりつく。下請け工事の強要、難癖をつけて怒鳴りこむ、工事の妨害など。その対策のため「毒をもって毒を制す」…つまりヤクザを使ってヤクザを抑え込む対策を、建設業界では〝前捌き〟と呼び、略してサバキという。二宮企画は建設会社からサバキの依頼を受けて適当な粗筋を斡旋し、仲介料で事務所を維持している)
ところが2011年から厳しくなった暴排条例(暴力団排除条例)によって、どんどん仕事は減っていました。今年の上半期の収入はとうとう55万円で、事務所の家賃すら払えないありさまです。
従姉妹の悠紀にもときどきバイトに入ってもらっていますが、そのバイト代すら払えていませんでした。
二宮の知り合いに桑原(くわはら)保彦という男がいます。桑原はイケイケやくざでした。
桑原は若い頃に抗争で鉄砲玉のような真似ごとで殺人未遂をおかし、六年の刑期を終えた後、二蝶興業の幹部に取り立てられていました。指は五本揃っています。
桑原は主に倒産整理と建設現場のサバキという金絡みの仕事に関わり、そのためなにかと二宮と顔を合わせることになりました。粗暴ゆえに「イケイケ」です。
二宮と桑原は互いを「疫病神」だと思っています。思っていながらも、腐れ縁で付き合いが続いています…。

…二宮は奇妙な夢を見ていました。空を飛んでいるのか、落ちているのか悩んでいると、行く先に腐れ縁の桑原の顔が見え、水に落ちて溺れる…というところで、従姉妹の悠紀に起こされます。
昨日、映画のプロデューサーという人が来ていたと、悠紀が話しました。裏稼業の取材と出資の話が用件だそうです。
悠紀は「お見合いに行く」と言って出かけていきました。従姉妹の悠紀に淡い好意を寄せる二宮は、複雑な思いで見送ります。
代わりに入ってきたのは、先ほど夢に出てきた桑原でした。サバキの残金を要求しに来た桑原は、二宮について映画プロデューサーに会いに行きます。

映画の事務所は、日本橋のうらびれたビルの4階にある『フィルム&ウェーブ』という会社でした。二宮が訪ねていくと、やたら色っぽい女性がコーヒーを出します。
出て来たのは小清水隆夫という、初老の男性でした。3人は名刺交換をします。
小清水は、今度『フリーズムーン』という作品を映画化するので、サバキについて知りたいと言いました。
桑原が二蝶興業の者だと知ると、小清水は露骨に持ち上げ始め、コーヒーではなくビールも出せと美人秘書に言います。
小清水は1階下にある俳優学校も自分のところのものだとにおわせ、先にお茶を出しに出た女性のことは、娘の玲美だと言いました。
映画をリアリズムに徹したものにしたいという小清水でしたが、帰りのエレベーターの中で、桑原は冷静に「出資が2億も集まるとは思えない」と冷静に踏んでいました。玲美も娘ではなく、小清水の愛人だろうと言います。
二宮が母・悦子のいる実家に帰宅すると、仏壇に線香をあげに嶋田勝次が来ていました。嶋田は二宮の亡き父のよき友人であり、今は二蝶会の若頭(通称:カシラ)を務めています。
嶋田に映画の話をすると、意外にも嶋田は乗り気でした。嶋田もバブルの頃には2回ほど出資の経験があり、「わしが出したろ。プロデューサーの連絡先教えて」と言いました。

…それからしばらく経過して。
事務所で寝ていた二宮は、桑原に蹴り起こされます。
プロデューサーの小清水がいなくなったというのです。事務所はもぬけの殻で、連絡もつかなくなっているそうです。
嶋田が出資した金額は3000万円でした。尤も納めたのは前金の1500万円で、残りの1500万円はクランクインのときに払う予定でした。桑原も半金の150万円やられたとぼやきます。

【承】- 破門ふたりのヤクビョーガミのあらすじ2

「(損害が半分で済んで)よかったやないですか」と他人事のように言った二宮は、桑原に叱られました。嶋田は二宮の名義でも100万円出資しており、映画が当たったときに配当金が回るよう、手配してくれていたのです。その心もしらず昼行燈(ひるあんどん ぼんやりしている人、役に立たない人)と言われた二宮は、桑原と共に損害を取り返すべく、小清水の行方を探ることになりました。桑原の車に乗って、小清水の住所に向かいます。
車中にはソウル・バラードが流れていました。桑原の内妻の趣味だそうです。

小清水は茨木(いばらき)市の郡(こおり)という場所に住んでいました。電気のメーターは止まっており、表札も外されています。
隣家の主婦は、表札がなくなっていることを知りませんでした。もともと小清水は月に2~3回しか帰ってきていなかったそうです。
二宮は改装業者を装って聞き込みをしたのですが、奥にいる桑原を見て、主婦は金融関係の人間と勘違いして、関わり合いになるまいと去りました。桑原は「闇金はわしみたいに上品やない」と言います。
小清水の行方は不明のままでした。
去ろうとした2人は、背後に黒塗りの車があって通行できないことに気付きました。わざと道を塞いでいます。
桑原は運転席を出て、二宮にも座席の下にあるホイールレンチを腰にさして来いと言いました。
相手もヤクザのようでした。しかし不思議なことに、真っ先に「嶋田組」と口にしたのです。
桑原は相手のヤクザ2人をあっという間にのしましたが、近所の住民がスマホで撮影したり警察に通報したりするのを見て、慌てて退散しました。

翌日、桑原を知らないかと嶋田から二宮へ電話がかかります。
前日、桑原といさかいを起こした相手は、同じ傘下の別の組でした。ただし規模が違います。
相手は滝沢組が所属する尼崎の亥誠(いせい)組で、川坂の直系でした。相手は本部付の600人に対し、こちらは役付なしの60人です。
滝沢組は1000万円の手形を15枚渡していました。1億5000万円という意味です。ところが小清水が逃げたので不渡りになりました。滝沢はその金を嶋田に代わりに払えと要求してきたのです。
どう考えてもおかしな話でした。現金ではなく手形を出したあたり、小清水が裏切ることを読んでいたか、あるいは小清水とグルの可能性もあります。
二宮は引き続き、小清水を探すのを続けました。桑原と合流します。
桑原はカラオケバーで『There’s No Me Without You(君なしではいられない)』を英語で歌いあげますが、四課(組織犯罪対策部)の刑事・中川に絡まれました。その場を去ります。
玲美の本名は真鍋恵美で、滝沢組がケツ持ちの金融会社・ミネルバで借金をしていました。
映画の出資金をだまし取って、借金を払うつもりだったのではないかと、桑原は読みます。

桑原と二宮が玲美のマンションへ行くと、家には男2人が張り込んでいました。滝沢組の組員・牧内と村居です。
この2人は先日、茨木で鉢合わせた人物でした。滝沢組が裏で糸を引いているのが分かります。
乱闘が始まりました。桑原は包丁を持った村居を机で壁に押し付け、牧内には塩で目つぶしをして時間を稼ぐと、二宮に「逃げろ」と言います。
二宮は素直に車で逃げました。車を走らせながら、でもどこへ逃げればよいのか考えます。
そこへ電話がかかり、桑原から「迎えに来い」と言われました。二宮は桑原に「状況を読め」と注意されます。逃げろと言われて素直に逃げるのではなく、桑原逃亡時にすぐ拾える算段をしておけと言われました(そのとおり、正論)。
桑原は腹を刺されて負傷していました。
島之内にある闇医者の内藤医院に行きますが、片肺に穴が開いている可能性があり、きちんとした病院へかかれと言われます。
(ただの切り傷、刺し傷であれば闇医者で済むが、肺損傷は簡単なオペでは済まない。本格的に開胸して手術する必要があり、警察をごまかすことができない)

【転】- 破門ふたりのヤクビョーガミのあらすじ3

そこで内妻を呼び、口裏を合わせることになりました。痴話げんかの口論の末の事故と言い張るのです。
内妻の多田真由美を見た二宮は、桑原に可憐で清楚な女性がついているのを不思議に思いました。真由美は素直に話を聞き、従うことにします。
桑原はあくまで「事故」として入院し、手術しました。

桑原が入院中は、二宮は平和に過ごします。
従姉妹の悠紀が見合いした相手は、33歳にして年商1億の青年実業家でした。ゲームソフト会社を立ち上げているそうです。
口惜し紛れに「ゲームオタク」とぼやいた二宮ですが、悠紀は玲美探しを手伝ってくれます。
桑原を嶋田が見舞いに現れて、「手を引け」と言いました。しかし桑原は断ります。
嶋田の後に二宮が電話をかけ、「小清水捕まえたら、なんぼか貰えますか」と聞きました。二宮は100万円を要求します。
「見つけてから話、せい」と言う桑原に「もう見つけましたわ」と二宮は言いました。
悠紀と聞きこんだ二宮は、小清水が玲美と共にマカオへ飛んだと知りました。
それを聞いた桑原は、マカオへの飛行機のチケットを用意しておけと言います。
飛行機代がないので、二宮は実家の母・悦子に借金しました。母は気前よく金を用立ててくれ、二宮はふがいない息子であることを申し訳なく思います。

マカオへ飛んだ桑原と二宮は、小清水の行方を探しました。カジノのある大きなホテルから当たると、すぐに小清水を見つけます。
部屋に入る前に、二宮は桑原に携帯を持たされました。部屋に乱暴に入り込んだ桑原は、問答無用で小清水と玲美を縛り上げると、1億5000万円の白地手形のことについて聞きます。
小清水は滝沢組に脅されて金を出資者から巻き上げるつもりだったことを、正直に白状しました。口封じをされそうだと思ったので、高飛びの金500万円を持って逃げたそうです。
金は黒のトランクに入れていると、ぺらぺらしゃべりました。
他にまだ口を割っていないことがあると踏んだ桑原は、しらばくれる小清水の口を割ろうと思います。ホテルのテレビの音量を大きくすると、両ふとももにペンを刺して拷問しました。小清水がカジノカードを持っていると知ります。
カジノカードとはカジノでしか使えませんが、勝った分の払い戻しをすることで現金化は可能です。そこに小清水は1000万円預けていました。
桑原は金を現金化するためにカジノへ行き、賭けごとを開始します。

桑原がカジノに行っている間、二宮が見張りをすることになりました。小清水が二宮に泣き落としをかけます。
嶋田に貰った金は絶対に返して謝りたい、大同銀行の貸金庫に2500万円の通帳を隠している…そう聞いた二宮は、玲美と小清水を連れて日本へ帰国しました。
玲美は関西空港で「母の介護がある」と言って、颯爽と立ち去ります。
貸金庫の鍵は、玲美の部屋の食器棚の後ろにテープで止めてあると、小清水は言いました。
二宮は四課の刑事・中川に電話をかけ、玲美の部屋にいる滝沢組の人員を追い出してもらいます。
貸金庫には本当に通帳がありました。2500万円あまりの金が入っています。
その通帳を持ち、小清水を連れて大同銀行に連れて行きましたが、紛失届が出されていると言われました。
二宮に発覚した途端、小清水は全速力で逃走します。
しかし小清水が逃げた先に、桑原がいました。桑原は二宮に持たせた携帯のGPS機能で、居場所を突きとめていたのです。
小清水はマカオに飛ぶ前に、先手を打って紛失届を出していたのでした。再発行を完了するには、1週間から10日のタイムラグが発生するのを利用したのです。
新しい通帳が届くのは3日後でした。
ともあれ、小清水の身柄は確保しています。

しかし本部に楯ついた桑原は、嶋田に破門か絶縁かの選択を迫られます。
「破門」は単に師弟関係の解除を意味し、後日、復縁の可能性があります。それに対し、「絶縁」は一切の関係を絶つという、いちばん重い罰に該当します。
来週の水曜までに滝沢組と話をつけなかった場合には、絶縁と言われた桑原は、尻に火がつきました。滝沢組に、750万円で手打ちをもちかけます。

【結】- 破門ふたりのヤクビョーガミのあらすじ4

滝沢組の初見(はつみ)が文句を言いますが、桑原は「話がつかなかったら小清水出して、出資者集めて全部の事情を話させる」と言いました。
小清水の身柄と、出資契約書を交換することにします。
桑原は「あした3時あべのハルカス58階展望台北側、Nって書いてあるとこ」を取引場所に指定したうえで、小清水はレンタカーのトランクに入れて駐車場に置き、レンタカーのナンバープレートを書いた紙と車のキーを、出資契約書と引き換えにすると言いました。

二宮は桑原の子分のセツオとケンと一緒に小清水を見張りますが、つい熟睡してしまい、小清水を逃がしてしまいます。
桑原はそれを聞くと、レンタカーにわざと傷を入れ、あたかも小清水がトランクから逃げたように偽装工作しました。キーを渡した後に小清水が逃げたという段取りにするのです。
出資契約書とキーを交換した桑原は、なんとか駐車場まで同行させようとする滝沢組に対し、詭弁を弄して逃げました。

小清水が愛媛県・今治市に逃亡したと知ります。
関西空港で去った小清水の愛人・玲美の本籍が、今治でした。二宮の目の前で小清水と玲美が別れたように見えたのは演技で、通帳の再発行の送付先を玲美の実家のほうにしていたのです。
送付先の日吉町に行った二宮と桑原は、小清水を見つけました。大同銀行で今度こそ金をおろさせます。
ところが滝沢組の一派も追いかけてきていました。桑原と木下ケンは滝沢組と戦い始めます。
桑原は「死んでも金を渡すな」と言われていましたが、ふと先日の一件を思い出しました。逃げろと言われて真っ正直に逃げたところ、状況を読めと言われた件です。
四課の刑事・中川には「コンビの相方」と言われ、桑原自身にも「一蓮托生」と言われた自分と桑原の腐れ縁を考えた二宮は、「いざとなったらあいつ(桑原)に頼るくせに、腹の中ではあいつをバカにしている」という自分のふがいなさを思い、ここで逃げてはならないと考えました。
桑原たちと戦う滝沢組に車を猛突進させ、桑原とケンを拾って逃げます。

金は取り返した桑原ですが、組長(オヤジ)に破門にされました。バランスを取るためです。
滝沢組は、手下の初見を絶縁にしていました。天秤が傾くのはよくないと考え、桑原も絶縁になりそうだったのを、嶋田が懇願して破門に留めてもらったのです。
本家筋と組み合ったのですから、多少の傷はやむなしと、嶋田は言いました。300万円を積んで詫びを入れて来いと付け加えます。

ソファでうたたねした二宮は、また夢を見ました。空を飛んでいるのか落ちているのか、トンネルのような先に桑原が手を伸ばしてきますが、泥水に飲み込まれるという夢です。
従姉妹の悠紀に起こされた二宮は、これから先どうするのか聞かれ、「ゆっくり考える」と答えました。いずれにせよ、今まで腐れ縁だった疫病神の桑原と手が切れて、せいせいしたと言いつつも、入り口をつい気にしてしまいます。
悠紀の見合いの相手は、駄目になっていました。それでもその相手から阪大出身の医者を紹介してもらっています。悠紀の目当ては結婚ではなく、その相手との豪勢な食事のほうにあるようです。

桑原のライターを手にしていると気付いた二宮は、ライターを返しに桑原の内妻・真由美の経営するカラオケ店に行きます。
桑原は部屋でひとりカラオケをしていました。カタギの自分も悪くないと思っています。
ところが二宮を見ると、桑原は「小清水を見つけた」と話を持ちかけてきました。
なんと小清水は香港にわたり、そこでアクション映画の出品人の「シャオ・チン・シュイ(小 清水)」と名乗っているそうです。まだ金を隠し持っていたわけです。
桑原は金を取り返しに、香港へ行くつもりでした。二宮を誘いますが、二宮はふてくされた顔をします。
「わしのこと嫌いになったんか」と聞かれた二宮は「ずっと前から嫌いですわ」と答えました。
「気が合うのう。わしもや」と、桑原は笑いながら言い返します。
不敵な桑原の笑みを見ながら、二宮は「落ちようが飛ぼうが、似たようなものだな」と思いました。(疫病神コンビは健在。しぶしぶながら、二宮は桑原と組んで香港に渡り、金を取り返すのであろう)

みんなの感想

ライターの感想

佐々木蔵之介が思ったよりも好演していた。首に青筋立てて怒るところなど、面白い。
それと対照的なのが、逃げろと言われて真っ正直に逃げてしまう、横山裕の腑抜けな演技。バランスは取れていたと思う。
映画単体で見ると、なかなかよいので、できればシリーズ化してほしいところ。
WOWOWの北山一輝&濱田岳コンビと較べてしまう人もいるだろう。好みの問題か。
話のテンポもよかった。

映画の感想を投稿する

映画「破門ふたりのヤクビョーガミ」の商品はこちら