「神弓KAMIYUMI」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

神弓-KAMIYUMI-の紹介:2011年公開の韓国映画。17世紀の朝鮮で起きた丙子の乱を舞台に、妹を救うために1人で大軍に挑む名手の活躍を描いた作品。韓国では2011年の年間興行成績で1位を記録。出演は「王女の男」のムン・チュウォンや「7番房の奇跡」のリュ・スンリョン、「逃げるは恥だが役に立つ」の大谷亮平など。

この映画を無料で観る

予告動画

神弓KAMIYUMIの主な出演者

ナミ(パク・ヘイル)、ジャイン(ムン・チェウォン)、ジュシンタ(リュ・スンリョン)、ソグン(キム・ムヨル)、ノガミ(大谷亮平)、トルゴン(パク・ギウン)、カビョン(イ・ハンウィ)、キム・ムソン(イ・ギョンヨン)、ワナン(イ・スンジュン)、カンドゥ(キム・グテク)

神弓KAMIYUMIのネタバレあらすじ

【起】- 神弓KAMIYUMIのあらすじ1

兄ナミと妹ジャインは、追手に追われていました。父が逆賊として判断されてしまったのです。
命を懸けて、父は二人を逃がします。ナミとジャインは父の友人であるキムの元に匿ってもらいます。
それから13年の時が経ち、ナミは逆賊の子である事から、学問や武芸をさぼってばかりでした。カンドゥとカビョンと酒を飲んだり狩りをしています。
ジャインは美人で周囲の男達から人気でした。結婚相手の話しになると、父親代わりでもあるナミは怒ります。
そこにキムの息子ソグンが現れて、飲みに連れて行ってくれます。ソグンは、ジャインと結婚したいことを伝えてきます。
ナミとソグンは大喧嘩になって、キムから怒られます。ナミは一人、父から授かりし弓の練習をしていました。
ジャインはソグンと結婚したい事を告げてきます。ナミは、逆賊の子と結婚すれば、ソグンの家に迷惑をかけることになると心配していました。
それからしばらくして、ジャインとソグンの結婚式が行われることになります。
ナミは一人、森に行って丘から辺りを見渡します。すると、旗を掲げた軍隊が向かってくることに気づきます。

【承】- 神弓KAMIYUMIのあらすじ2

清軍が朝鮮に侵攻してきた丙子の乱の始まりです。清軍の王子トルゴンと猛将ジュシンタ達と出くわしたナミでした。
ナミは追ってくる彼らを弓で倒しながら後退します。しかし、ジュシンタの重い矢によって崖から転落します。
一方、結婚式場は戦場と化し、キムは殺されます。ジャインやソグンは捕らえられて、満州まで歩いて連れて行かれることになります。
他にも多くの民が虐殺されながら、連れて行かれることになります。朝鮮の国王は服従をして、民を救おうとはしませんでした。
一人連れて行かれずに済んだナミは、清軍の兵士を倒しながら向かった先を聞きます。ジュシンタは、ナミを捕らえるために部下と共に追う事にします。
ソグン達は、清軍から最後のチャンスとして逃げてよいと言われます。しかし、これは罠で、通訳役は逃げては駄目だと言います。
逃げた人々は殺されて行きます。我慢の限界にきたソグンは立ち上がり、兵士から武器を奪って戦います。
そこにナミが現れて助太刀に来ます。人々は立ち上がり、一部の清軍の兵隊を倒します。

【転】- 神弓KAMIYUMIのあらすじ3

その頃、ジャインはトルゴンのテントに連れてこられていました。ナミ達はジャインを救うために、ここにやってきていました。しかし、軍隊の数が多すぎることに気づきます。
王子を人質にする作戦を思いつき、夜を待ちます。火を放ち、捕らえられていた人々を逃がして混乱を招きます。
その隙にナミとソグンが王子を人質に取ります。そして、ジャインを連れてソグンが先に逃げます。二人は集合場所の小屋へと向かいます。
ナミは王子に油をかけて、兵士に囲まれながら朝を待ちます。王子に火を放ち、馬に乗って逃げ出します。
王子が死んだことで、駆け付けたジュシンタ達は怒り心頭でナミを追いかけます。
ナミやカンドゥ達は、ジュシンタ達に追われて、ナミ以外は命を落とします。しかし、ナミ達の反撃によって、ジュシンタの部下も次々と命を落としていきます。
矢も無くなり、追い詰められたナミは叫んで虎を呼びます。ジュシンタの部下は3名まで減ります。
ナミはジュシンタの部下が落とした矢を4本拾います。そして、ジュシンタ達が現れるのを待ち伏せします。 この映画を無料で観る

【結】- 神弓KAMIYUMIのあらすじ4

ナミは狙いを定めて殺していき、全員殺したと判断します。しかし、ジュシンタだけは生き残っていました。
小屋に行くと、兵士の死体だけが残っていました。馬に乗って、ジャインとソグンを見つけて合流しようとします。
そこにジュシンタが現れて、ナミを弓で射ろうとします。ジャインがナミの乗っている馬を弓で射って、ナミは助かります。
ジュシンタは、ジャインに向けて射ってきます。ソグンが身代わりになって、腕に矢が刺さります。
ジュシンタは落馬したナミを殺しに向かいます。ジャインが剣を持ってナミを助けに行きます。
気が付いたナミとジュシンタの間に、ジャインが入る形となります。ナミとジュシンタがお互いに弓を射ります。
ナミの矢は外れ、ジャインは怪我をし、ナミの心臓に矢が突き刺さります。ジュシンタがジャインを殺そうとすると、ナミは心臓に刺さった矢を使ってジュシンタを倒します。
死んだナミを船に乗せて、ソグンとジャインが故郷に戻っていく姿が映し出されてエンディングです。

関連する映画

アクション映画

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は、弓矢を使った追い追われながらの緊迫感のある戦闘です。陣を張られて、追いこまれるナミが何度も絶体絶命に陥ります。逃げながら仕留めていくナミの強さには驚かされます。
また、虎を呼んだり、即席で矢を作ったりする場面にも驚かされます。ナミの弓矢の技術力ですごいと思ったのは、一つの矢で二人を仕留める場面です。
印象的だったのは、ナミとジュシンタの一騎打ちの場面です。ナミの最期のねじ込んだ矢がスローモーションになって、ジュシンタを打倒した時は、勝利を確信することができて興奮します。
今作の特徴としては、剣や銃を使った戦争映画が多い中で、弓を中心に描いている点です。剣での戦いとは違った戦闘シーンが見れるのは今作の魅力だと思います。
最後まで見終わって、アクション映画として満足できる作品でした。特に戦闘シーンの緊迫感や迫力が際立っていて、お勧めの映画です。

映画の感想を投稿する

映画「神弓KAMIYUMI」の商品はこちら