「逃走車」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

逃走車の紹介:2013年公開。ヨハネスブルグを舞台に、犯罪に巻き込まれた男の逃走を描いた作品。主演は「ワイルド・スピード」シリーズのポール・ウォーカー。彼が製作総指揮に加わった唯一の作品と言われている。全編を通して、ポール・ウォーカーが乗り込む車内カメラで撮影されている。

予告動画

逃走車の主な出演者

マイケル・ウッズ(ポール・ウォーカー)、レイチェル・シャバング(ナイマ・マクリーン)、警察官(ツシェポ・マセコ)、スミス刑事(ジス・デ・ヴィリアーズ)、アンジェリカ・ムーア(レイラ・エイドリアン)

逃走車のネタバレあらすじ

【起】- 逃走車のあらすじ1

アメリカ人のマイケルは、元妻に会うためにヨハネスブルグへとやってきます。彼はひき逃げ事件を起こして、仮釈放中の身でした。
手配されていたレンタカーが、セダンでなくてミニバンでした。時間が無いので、この車で向かうことにします。
大使館で待つ元妻はマイケルが来ることを信じていません。飛行機の遅れや渋滞に巻き込まれて、携帯電話を使って謝罪をするマイケルでした。
問題を起こすわけにはいかないと、マイケルは必死な様子です。実は仮釈放は拒否されていたのです。
マイケルは、車の収納ボックスに見知らぬ携帯電話が入っているのを発見します。メールボックスに不可解なメッセージが来ていました。
おまけに助手席の下には銃が置いてあります。問題を起こしたくないマイケルは困ります。
見知らぬ携帯電話から連絡が来て、メールを見たかなど聞いてくるので訳が分かりません。後ほど、刑事から覆面捜査官が乗るはずだった車と間違いが起こったと連絡がきます。

【承】- 逃走車のあらすじ2

指定した場所に、車を持ってきて欲しいと頼まれます。時間の無いマイケルでしたが、指定された倉庫に向かいます。
道が分からなくて迷子になってしまいます。元妻から道を聞いて向かおうとします。
急発進したはずみで、トランクから何かが後部座席に出てきます。縛られた女性でマイケルは驚きます。
その女性はレイチェルと言って、彼女はマイケルが連中の仲間だと勘違いします。逃げようとする彼女をマイケルは大人しくさせます。
レイチェルは彼が何も知らないことに気づきます。彼女は、人身売買をしている人物が警察署長であることを突き止めたのです。
それが原因で警察から追われていました。元妻に会いたいマイケルは協力しようとはせず、指定した倉庫に向かいます。
すると奴らが銃撃してきます。二人は必死に逃げて、マイケルのドライビングテクニックで返り討ちにしてやります。

【転】- 逃走車のあらすじ3

レイチェルは助けてくれる友人を頼りに行きます。しかし、彼等は警察に脅されていて、協力してくれませんでした。
マイケルの元妻も危ないと気づいて大使館に向かいます。大使館から出ようとしていた元妻に、マイケルは危険を知らせます。
すでに警察が手を回していましたが、元妻は大丈夫でした。しかし警察が銃撃してきて、レイチェルは胸を撃たれてしまいます。
彼女は死ぬ前に、マイケルの携帯電話に証言を録音します。レイチェルは証言を、唯一信用できる判事に渡して欲しいと頼みます。
マイケルに刑事から連絡が来ます。奴らは、マイケルをレイチェル殺害の犯人へと仕立て上げていました。
元妻に会うためにも、無実を証明するしかありません。決意したマイケルは、電話番号案内所に連絡して、判事につないでもらいます。
留守電になったので、判事のいる裁判所に証言を届けたいことを知らせます。

【結】- 逃走車のあらすじ4

車やマイケルの顔がわれていたことから、マイケルは車を塗装しに向かいます。金の代わりに時計で何とかしてもらいます。
判事から折り返しの連絡が来ます。裁判所は警察が包囲していたため、判事が使いをよこすと言ってくれます。
現在地を知らせようとしますが、携帯の電池が切れてしまいます。マイケルは充電器で携帯を充電します。
パトカーに見つかって追いかけられつつ、マイケルは裁判所に突入します。目前となった所で、周りを包囲されてしまいます。
思い切って裁判所に突入して、テレビキャスターを人質に取ります。カメラが回っている状況で、警察官がやってきたので、判事を呼ぶように要求します。
携帯の証言を再生しようと、ポケットから携帯を取ろうとします。すると暴露されたくない刑事が、爆弾を取り出すと勘違いします。そしてマイケルの腹を撃ちます。
証言がテレビキャスターの持っていたマイクを通して再生されます。
警察署長の悪事が明るみに出て、マイケルは英雄となります。元妻も見直してくれてエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は、迫力のあるカーアクションの場面です。パトカーから振り切って転ばす場面や、スーパーの中に突っ込んで逃げる場面など迫力満点です。
そのシーンのほとんどを主演のポール・ウォーカーが行ったそうです。また、今作は車内カメラで撮影されているので、自分が実際に乗って起こったかのような錯覚を与えてくれます。
ポール・ウォーカー以外の登場人物が、画面に映っているのが少ない映画でもあります。ほとんどポール・ウォーカーが映っているので、彼のファンの方にはたまらないと思います。
ヒップホップの音楽が劇中に何度か流れます。そのノリノリな音楽が気分を盛り上げてくれます。
この作品は85分ほどの上映時間です。サクッとカーアクション映画を見たい時にはお勧めです。

映画の感想を投稿する

映画「逃走車」の商品はこちら