「電人ザボーガー」のネタバレあらすじ結末

電人ザボーガーの紹介:1974年に放映された特撮番組を、2011年に映画としてリメイクされた作品。バイクからロボットに変身する「電人ザボーガー」が、主人公の大門豊と共に、悪の組織、シグマを特撮映画。ストーリーは2部構成になっており、1部は大門豊の青年期で、オリジナルをリメイクしている。そして2部は大門豊の熟年期という設定で、少しギャグ要素が強いノリで物語は進んでいく。

電人ザボーガーの主な出演者

大門豊青年期(古原靖久)、大門豊熟年期(板尾創路)、ミスボーグ(山崎真実)、秋月玄(宮下雄也)、レディボーグ(佐津川愛美)

電人ザボーガーのネタバレあらすじ

【起】- 電人ザボーガーのあらすじ1

悪の組織であるシグマは科学の力を使って、日本の権力者の細胞から巨大なロボットを作り上げるために、多くの権力者を命を奪っていました。
警察もシグマの科学力に太刀打ちできない中、父親をシグマに殺された大門豊は、父の残したバイクからロボットに変形する電人ザボーガーと共に、シグマが起こす事件に立ち向かっていました。
大門の父も優秀な科学者で、その父が作った電人ザボーガーは強力な兵器であり、大門のヘルメットに装着されたマイクから指令を受けると、忠実にその指令を実行し、次々とシグマのロボットを倒していきました。
また大門も少年時代から訓練していた空手で、シグマの戦闘員を倒していき、大門と電人ザボーガーのタッグは、最強で向かうところ敵なしでありました。

【承】- 電人ザボーガーのあらすじ2

シグマの女幹部・ミスボーグが権力者を誘拐しようとていたとき、大門と電人ザボーガーは、その行為を阻止しようと闘いが始まりました。そのときシグマは巨大なロボットを戦場に送り込み、大門と電人ザボーガーを味方共々その巨大な口に飲み込もうとしていました。
大門と電人ザボーガーはその攻撃をかわしましたが、味方であるミスボーグが巨大な口に吸い込まれようとしていました。そこに大門がミスボーグを助け、巨大ロボットを倒しましたが、それがきっかけで、ミスボーグと大門は恋に落ちてしまいました。
そして二人は誰もいない洞窟で愛し合い、そのときミスボーグの体には大門との子供が芽生えていました。大門は偉そうに振舞っている政治家を守ることに嫌気がさし、ミスボーグと組んで、正義を裏切る行為にでました。
しかし電人ザボーガーはそれを許しませんでした。大門の心の迷いにより、最愛のミスボーグと、兄弟である電人ザボーガーの両方を同時に失う結果となってしまいました。

【転】- 電人ザボーガーのあらすじ3

電人ザボーガーとミス・ボーグを失ってから25年が過ぎ、大門は秘密刑事も辞め、守ることに嫌気がさした政治家のお抱え運転手として働いていました。
しかし小さなミスからその仕事もクビになり、職もなく路頭に迷っていました。大門は糖尿病をわずらっており、正義の心も失っていたため、以前の勇ましい姿はそこにはありませんでした。
職を探してハローワークを訪れていたとき、シグマの幹部・秋月が現れました。大門は病と、正義を失った心のため、まともな戦いすらできませんでした。そんなときシグマを裏切ったレディーボーグ・アキコが2人の戦いを止めるために現れました。
実は、秋月もアキコも大門とミス・ボーグの双子の子供だったのでした。アキコは、シグマが作り上げている巨大なロボットに取り込まれ、自分の意識がなくなる前に、父親である大門に正義の心を取り戻して、自分を破壊して欲しいと願います。そしてついにアキコは巨大ロボットに取り込まれ、東京の破壊を開始するのでした。

【結】- 電人ザボーガーのあらすじ4

アキコの強い想いに突き動かされ、ついに大門は立ち上がりました。電人ザボーガーは、改造され強化されたストロングザボーガーに進化し、アキコが核となっている巨大ロボットに立ち向かって行きました。
その途中、秋月が行く手を遮り戦闘になりますが、そのまま巨大ロボットの上まで2人は戦いながら移動しました。激戦の末、ストロングザボーガーと大門は秋月に勝利し、大門は秋月を残して、ロボットの中枢にいる悪ノ宮博士を倒しに向かいました。
悪ノ宮博士は強く、大門は苦戦を強いられましたが、そこに実の息子である秋月が加勢し、傷つきながらも大門は悪ノ宮博士に勝利することができました。そしてアキコの願い通りに巨大ロボットを破壊しました。しかしここで奇跡が起きました。
ロボットと人間の混成であったアキコからロボットの部分がなくなり、普通の人間になったのです。大門と秋月、そしてアキコは、それぞれ自分たちの道に進むべく分かれを告げました。
そして大門は、白髪の老人になっても電人ザボーガーをと共に、最後の命尽きるまで、敵と戦っていました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「電人ザボーガー」の商品はこちら