「龍が如く 劇場版」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

龍が如く 劇場版の紹介:2007年公開の日本映画。鬼才・三池崇史監督が、プレイステーション2対応のアクションゲームを映画化。伝説の極道・桐生に北村一輝、狂気の極道・真島に岸谷五朗が扮し、過激なバトルを見せる。

予告動画

龍が如く 劇場版の主な出演者

桐生(北村一輝)、真島(岸谷五朗)、悟(塩谷瞬)、唯(サエコ)、遥(夏緒)、一輝(加藤晴彦)、由美(高岡早紀)、朴(コン・ユ)、神宮(名越稔洋)、野口(哀川翔)、伊達(松重豊)、理髪店店主(田口トモロヲ)、今西(遠藤憲一)、武器屋(荒川良々)、錦山(真木蔵人)、風間(塩見三省)

龍が如く 劇場版のネタバレあらすじ

【起】- 龍が如く 劇場版のあらすじ1

かつて〝堂島の龍〟と呼ばれた伝説の極道・桐生が10年の刑期を終え、出所して東京の神室町天下一通りに戻ってきました。
東京は連日熱帯夜が続くヒートアイランド現象で、あちこちで犯罪が起きています。
そんな中、母を探す少女・遥と野良犬に出会った桐生は、遥の母親探しを手伝うことにしました。
①母親探しする桐生と遥
②銀行強盗を思いついた20代前半の男女カップル・悟と唯
③きらめき銀行強盗事件2人組&向かいの理髪店で張り込む野口刑事ら
④桐生の出所を聞き、対決したい兄貴分・真島
⑤東城会の風間から、謎の男を預かったホストクラブのオーナー・一輝
⑥DVD屋・ビームの地下の武器屋

【承】- 龍が如く 劇場版のあらすじ2

③今西と中西は強盗に入りますが100億が出金された余波で、銀行に金がなく籠城します。エアコンも壊れて暑がる今西&中西と人質行員は、差し入れ最高級弁当を喜びます。
向かいの理髪店もエアコンが壊れ、野口刑事らは暑さにうだりながら張り込みます。
②悟と唯は、桐生と真島の最初の戦いに居合わせて強盗を思いつき、ナイフで質屋や牛丼屋を襲いました。2人は一般人です。
2人は武器屋で謎の男が示した拳銃を買いますが、借金取りに唯が撃たれます。
⑤一輝は謎の男を匿いますが、男は知らぬ間に消えました。この男はパクという韓国スパイで、100億を奪った神宮を消す指令を受けて動きます。③の理髪店店主も工作員です。

【転】- 龍が如く 劇場版のあらすじ3

④バッティングセンターを根城とする真島は風間組の一員で、桐生の兄貴分です。桐生の出所を聞き10年前の決着をつけたくて捜し回ります。
①遥の母・美月を探すため、桐生は神室町天下一通りを聞きこみに回りますが、兄貴分・真島が何度も襲ってきます。激安店(②の2人が目撃)で、裏道で、毎回桐生が素手(拳)で真島を倒すのですが、真島はしつこく追ってきました。
今回の騒動の元にあるのは「東城会と共に集めた100億円を、政治家・神宮が奪った」ことに起因します。神宮はそれをホステス・美月に貢ぐため、ミレニアムタワー66Fのアレスというバーにヘリで乗り付ける予定でした。
その金を更に錦山が狙っていました。

【結】- 龍が如く 劇場版のあらすじ4

遥の母・美月を追って桐生が、桐生を追って真島が、神宮を狙うパクがミレニアムタワーに集結します。
遥を拉致した錦山と対峙した桐生は一度は倒れますが、栄養ドリンク・スタミナンスパークを飲んで復活して錦山を倒しました。
タワー66Fに行った桐生と遥は美月に会います。美月は桐生の幼馴染み・由美でした。神宮を殺すため、整形して名も変えていました。美月はタワーを爆破して神宮と共に死ぬつもりです。
パクが神宮を狙撃し、ヘリは爆破に巻き込まれ、100億が熱帯夜の神室町に降ります。③今西と中西は降ってくる札につられて銀行から出て逮捕されます。②の唯は息絶えます。
母を亡くした遥は、桐生についていくと決めました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「龍が如く 劇場版」の商品はこちら